2018年12月23日

仕事の現場 日本野鳥の会理事 松田道生さん 飽きない鳥の生態、環境変化も実感【毎日新聞2018年12月23日】

 「お、珍しい鳥がいるなあ。向こうにウミアイサが2羽見える」。今月初め、東京湾に面した葛西海浜公園(東京都江戸川区)。50年ほど前から通い続けている「仕事場」の一つだ。国内外に生息する鳥の鳴き声を紹介する文化放送の長寿ラジオ番組「朝の小鳥」で、2006年から録音と監修を担当。この地では「グワア」と鳴くアオサギや、「ピーピー」と鳴くハジロカイツブリなどを観察してきた。関東では他に、千葉県の三番瀬や埼玉県の荒川第一調節池などもよく訪れるという。

 録音は「孤独な作業」と言うが、目当ての鳥が鳴き始めるのを待つ間は「ひたすら周囲の鳥を見ている。飽き…
https://mainichi.jp/articles/20181223/ddv/010/040/004000c

http://archive.is/bG0SN

タグ:ウミアイサ
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: