2018年12月24日

(世界発2018)南ア、ペンギン危機 20年で7割減、絶滅回避へ保護活動【朝日新聞デジタル2018年12月24日】

ボルダーズビーチでくつろぐケープペンギン

 南アフリカのケープペンギンが環境の悪化で減少を続け、このままでは絶滅する恐れがあると言われている。観光客でにぎわうアフリカ最南端の生息地へ行ってみた。(ケープタウン=石原孝)

 11月中旬。ケープタウン中心部から車で1時間ほど離れた場所にあるケープペンギンの繁殖地、ボルダーズビーチを訪ねた。体長…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13825405.html

http://archive.is/x59Uk

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: