2018年12月26日

天草市河浦町にマナヅル飛来【日テレNEWS24 2018年12月26日】

天草市河浦町の水田で23日、絶滅危惧種に指定されている「マナヅル」4羽の飛来が確認された。マナヅルは目の周りが赤く灰色がかった体毛が特徴で、成鳥が羽を広げると2メートルほどにもなる大型の鳥だ。世界の推定生息数は約6000羽といわれていて、絶滅危惧種に指定されている。県鳥獣保護管理員の金子博臣さんは「マナヅルは警戒心が強く臆病な鳥のため観察するときには200メートル以上離れてほしい」と話している。
http://www.news24.jp/nnn/news16301202.html

http://archive.is/VQEA6

タグ:マナヅル
posted by BNJ at 20:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: