2018年12月28日

スズメが群れで越冬 和歌山県南部、農地ねぐらに【AGARA紀伊民報2018年12月28日】

 群れで越冬するスズメの姿が、和歌山県紀南地方の農地や町中で見られる。紀南では普通に出合えるスズメだが、全国的には減少傾向といわれる。

 日本野鳥の会県支部会員によると、集団で越冬するのは若い個体がメインだという。繁殖シーズン終盤の5、6月から集まり始め、年末ごろにピークを迎える。数千羽になる場合もあるようだ。

 その後は死んだり、猛禽(もうきん)類に襲われたりして数をどんどん減らし、群れから分かれたペアが縄張りを持つようになるという。

 上富田町の農地では、数百羽の群れが積み上げられた枝などをねぐらに使っている。仲良く稲のひこばえをついばんでいるが、何かの音に驚くと、一目散にねぐらへと逃げ戻っていく。

写真【田んぼを集団で飛び回るスズメ(和歌山県上富田町市ノ瀬で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=363575

http://archive.is/pQ18z

タグ:スズメ
posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: