2018年12月30日

マナヅル 絶滅危惧2類2羽 つがいで越冬か 愛知県境の干拓地 /三重【毎日新聞2018年12月30日】

希少な鳥、相次ぎ飛来
 環境省レッドリストで絶滅危惧2類に指定されるマナヅル2羽が、愛知、三重県境の鍋田・木曽岬干拓地に飛来したのを、両県の日本野鳥の会メンバーらが確認した。同会によると、現地への飛来は2016年3月以来で、過去30年でも通算3回目という。

 体は灰黒色で、首の半ばから頭部までが白く、頭部が赤い。2羽は全長1メートルほどで、1羽はやや小ぶり。雌雄の外見は見分けがつきにくい…
https://mainichi.jp/articles/20181230/ddl/k24/040/106000c

http://archive.li/4BtGR

タグ:マナヅル
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: