2019年01月07日

トキ放鳥10年 生息環境守って息長く【信濃毎日新聞2019年1月7日】

 国の特別天然記念物トキが新潟県佐渡市で初めて放鳥されてから10年が過ぎた。

 中国からの導入個体を元にした人工繁殖と放鳥が順調に進み、野生下での生息は推定約370羽にまで増えた。環境省はレッドリストでの指定を現在の「野生絶滅」から、危険性が1ランク低い「絶滅危惧1A類」に見直す方向で検討を始めている。

 餌場となる水田を維持し、農薬や化学肥料の使用を抑えるなど、地元が生息環境保全に努めたことが効果を上げた。

 かつては東アジア一帯に広く分布していた鳥である。薄桃色の羽根が装飾品に使われた。稲を踏み荒らすこともあり、乱獲されて激減。日本産は2003年に最後の1羽が死んで絶滅した。

 いま佐渡市で生息しているのは中国から贈られた5羽を人工繁殖で増やしたものだ。08年から放鳥を開始、自然に戻す取り組みを続けている。野生下の約370羽のほかに、新潟県長岡市、島根県出雲市などで計約180羽が人工飼育されている。

 環境省が2年前、野生下で安定的に増える目安として掲げた「20年ごろに220羽」の目標は前倒しで達成されたことになる。

 いったんは絶滅したトキが、人の手を借りないでも生存していける見通しが開けつつある。大きな成果である。

 農薬や化学肥料をあまり使わない稲作は手間がかかり、収量も少ない。地元はそれでも力を傾けてきた。敬意を表したい。

 課題もある。過疎化と高齢化により、水田を維持するのが年々難しくなっている。農地や里山の荒廃が進めば、野生下のトキには厳しい状況になる。

 いま生息しているトキは全て5羽の子孫で、遺伝的多様性に乏しい。伝染病などで大被害を受ける心配がある。レッドリストのランクが見直された場合でも、保護を緩めるわけにはいかない。

 日本産をどうして救えなかったのか、と改めて思う。

 中国からは昨年10月、遺伝的多様性を維持する目的で新たに2羽が提供されている。中国でもトキは一時、絶滅したと見なされた時もあったという。日本に譲ることができるようにまでなった要因の一つは、政府による強力な生息地保全策だった(小林照幸「朱鷺の遺言」)。

 社会体制が違う中国の手法はそのままでは応用できない。日本らしいやり方を工夫して、息長く続けることを考えよう。

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190107/KP190105ETI090004000.php

http://archive.ph/ZTwpx
トキ、野生絶滅から絶滅危惧種に見直しへ 環境省が検討【朝日新聞デジタル2019年1月5日】

posted by BNJ at 09:55 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: