2019年03月01日

カンムリワシへの影響は?【八重山毎日新聞2019年3月1日】

 ▽…沖縄防衛局が2月28日、仮設柵など着工に向けた準備を本格化させた2月28日。現場ではカンムリワシ数羽が肉眼で確認された。別の個体かどうか定かではないが、トータルで4羽。11月から春先まで営巣期となっているが、防衛局の冬調査は2月に3日間、工事エリアで実施したのみ。春調査はこれから。専門家を交えて行うべきではないか。国が指定する特別天然記念物である。

 ▽…八重山地区水難事故防止推進協議会の総会で、米原公民館に設置されているスピーカーから防災無線が流れないことが報告された。市の担当者は「新年度、現在のアナログ機器からデジタル機器へ移行することで改善される」と回答。防災の観点から重要な防災無線のシステム。質問者は不具合の原因を突き止め効果的な対応を求めていたが、果たして改善されるのか。

 ▽…桃の節句を前に、桃の郷(さと)の岡山から、運航路線があるJTAを通じて桃の花が届けられた。JTAは1988年に那覇ー岡山線を開設。96年より毎年、現地の観光協会から贈られている。現在、毎日1往復しており、ぜひ足を延ばして八重山へも。届いた桃の花は今はまだつぼみだが、ひな祭りに大きな花を咲かせるのを楽しみに待ちたい。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/35045/

http://archive.is/fEQuH

カンムリワシ数羽確認 陸自着工予定現場【八重山毎日新聞2019年3月1日】
カンムリワシ 営巣期の工事中止を 陸自配備計画【八重山毎日新聞2019年2月28日】

posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: