2019年03月15日

【福岡】カモのカップル人気者 筑後広域公園 人に慣れエサねだる【西日本新聞2019年3月15日】

子どもたちに人気のカモのカップル

 筑後市とみやま市にまたがる県営筑後広域公園の「体験エリア」に、人慣れしたカモのつがいが飛来しており、訪れた人たちの人気となっている。人を恐れず、時には足元まで来てエサをねだる姿も見られる。

 吉田林司管理人(65)によると、カモは昨年9月初めに飛来。当初は6羽いたが、いつの間に2羽になったという。初めは人が近づけば逃げていたが、2月初め頃から人に慣れ初め、近くの保育園児が散歩に来ると、園児のすぐそばまで近寄るようになった。

 吉田さんは「野生のカモが人慣れするのは珍しい。旅立つまで見守っていたい」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/nlp/animal_news/article/494471/

http://archive.is/r4VCJ

タグ:アヒル
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: