2019年04月03日

大東大の准教授、ハトに農薬容疑 同様事件の関連も捜査【共同通信2019年4月3日】(既報関連ソースあり)

押収された農薬入りの餌など=3日午前、警視庁赤羽署
 農薬を混ぜた餌を公園にまいてハトを殺したとして、警視庁赤羽署は3日、鳥獣保護法違反の疑いで、東京都北区赤羽西、大東文化大の准教授藤井康成容疑者(51)を逮捕した。同大によると、藤井容疑者は外国語学部英語学科の講師だったが、1日付で准教授となった。

 逮捕容疑は、1月13日午前11時半ごろ、北区内の公園で、農業用の殺虫剤として使われる劇物「メソミル」を水に溶かしてコメに付け、ハト4羽に食べさせ殺した疑い。

 赤羽署管内の公園などでは、2016年から今年1月までに十数回、計約100羽のハトやスズメなどが毒物で殺されたとみられる事件が起き、同署が関連を調べている。
https://this.kiji.is/486020020608517217?c=39546741839462401

毒餌まいてハト殺す 容疑の准教授逮捕 警視庁【毎日新聞2019年4月3日】
警視庁=本橋和夫撮影
 東京都北区の公園で殺虫剤の成分を含んだ米をハトに与えて死なせたとして、警視庁赤羽署は3日、大東文化大学准教授、藤井康成容疑者(51)を鳥獣保護法(捕獲などの禁止)違反容疑で逮捕した。同区内では2016年4月ごろから公園でハトなどが不審死する事件が十数件起きて計約100羽が死んでおり、関与を調べている。

 逮捕容疑は1月13日午前11時半ごろ、同区神谷2の区立神谷公園で殺虫剤に使われる劇物のメソミルを含んだ米をまき、カワラバト4羽を死なせたとしている。容疑を認め、メソミルについて「通販で購入した」と供述しているという。

 同署によると、同公園付近の防犯カメラの映像から藤井容疑者が浮上した。自宅を家宅捜索したところ、メソミルを含む薬品や鳥の餌などが見つかった。同署は動機を追及する。【安藤いく子】
https://mainichi.jp/articles/20190403/k00/00m/040/129000c

ハトに劇物食べさせ殺した疑い、大東文化大准教授を逮捕【朝日新聞デジタル2019年4月3日】
警視庁本部

[PR]
 ハトに劇物を混ぜた米を食べさせて殺したとして、警視庁は3日、大東文化大外国語学部准教授の藤井康成容疑者(51)=東京都北区赤羽西1丁目=を鳥獣保護法違反(危険猟法の禁止など)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。逮捕前の任意の調べに、「勝手に鳥にエサを上げる人が嫌だった。鳥がいなくなればエサをあげなくなると思った」などと述べていたという。

 赤羽署によると、藤井容疑者は1月13日午前11時半ごろ、東京都北区神谷2丁目の公園で農薬に含まれる劇物メソミルを混ぜた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑いがある。逮捕前の聴取に対し、通販で購入した農薬を溶かした水に米をつけて乾燥させてまいたと説明していたという。防犯カメラの捜査から浮上した。区内では2016年4月ごろから、今回の現場を含む十数カ所でハトやスズメなど計約100羽が死んでおり、署が関連を調べている。
https://www.asahi.com/articles/ASM433TL0M43UTIL00J.html

ハトに農薬入り餌か 准教授逮捕【NHKニュース2019年4月3日】
東京・北区の公園でハトに農薬を混ぜた餌を与えて死なせたとして、大学の准教授が鳥獣保護法違反の疑いで逮捕されました。
周辺ではハトなどが大量に死んでいるのが見つかっていて、警視庁が関連を調べています。

逮捕されたのは大東文化大学外国語学部の准教授、藤井康成容疑者(51)です。
警視庁によりますと、藤井容疑者はことし1月、自宅近くの東京・北区の公園で、農薬などに使われる劇物「メソミル」を含んだ餌をハト4羽に与えて死なせたとして、鳥獣保護法違反の疑いがもたれています。
これまでの調べで、公園で餌をまいている様子が防犯カメラに写っていたほか、容疑者の自宅からメソミルを含む農薬が見つかったということです。
警視庁によりますと調べに対して容疑を認め、「農薬を通販で購入して餌に混ぜた」などと供述しているということです。
この公園やその周辺では3年前からハトなどがあわせて100羽ほど死んでいるのが見つかり、一部からメソミルが検出されているということで、警視庁が関連を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190403/0027799.html

大東文化大学准教授を逮捕、東京・北区 公園でハト大量死【TBSニュース2019年4月3日】
 東京・北区の公園などでおよそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかった事件で、警視庁はハトに農薬を混ぜた米を食べさせ殺したとして、大東文化大学の准教授の男を逮捕しました。
 鳥獣保護法違反の疑いで逮捕されたのは、大東文化大学外国語学部の准教授・藤井康成容疑者(51)です。藤井容疑者は今年1月、東京・北区の神谷公園で劇物「メソミル」を含む農薬を混ぜた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑いが持たれています。
 「今年1月、こちらの公園内で、複数のハトとスズメの死骸が一列に並んだ状態で見つかったということです」(記者)
 藤井容疑者は農薬を入れた水の中に漬けた米を乾かし、エサとしてハトに与えていて、自宅からは劇物の「メソミル」を含む農薬が押収されたということです。周辺の公園や駅では2016年4月以降、およそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかっていました。
 「(自分が見たのは)3か月くらいで、45羽くらい死んでいるのを見た」(目撃した人)
 取り調べに対し、藤井容疑者は容疑を認め、「ハトが自分のところに来て、汚すのが嫌だった」と供述しているということで、警視庁は余罪についても調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3638757.html

http://archive.is/FbLGC
http://archive.is/b7JaP
http://archive.is/AJ92A
http://archive.is/IKXAG
http://archive.is/LSWCL

毒物か? 公園にハト・スズメ死骸 周辺で2018年から相次ぐ【FNN.jpプライムオンライン2019年1月15日】
公園にハト18羽の死骸 東京・赤羽、毒物混入か【共同通信2018年10月19日】

posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: