2019年04月26日

「ピヨピヨ」音でハト撃退【読売新聞2019年4月26日】

甲府駅前に貼られた鳥糞対策実施中の表示
セレオ甲府に設置された鳥よけ装置
信玄公像近くのハト(25日)
甲府駅前 フン害対策、効果は抜群
 「ピヨピヨピヨ」。JR甲府駅南口で鳥の鳴き声のような音が聞こえてくる。道行く人たちが思わず見上げる。音の正体は、駅ビル「セレオ甲府」がハトのフン害を防ごうと3月から設置している「鳥よけ装置」。効果は抜群だという。

 セレオによると、昨年末から南口にハトの群れが現れ、テナントのコンビニ店やファストフード店のひさしに列を作って止まるようになった。ハトのフンや抜け落ちた羽根で周辺が汚れるようになり、対策に乗り出した。

 専門業者が開発した装置を約20万円で購入し、ビル壁面に取り付けた。ハトやカラス、ヒヨドリなどが嫌がる周波数の音を流し、約30メートルの範囲で効果を発揮するという。利用者から「あの音は何?」と問い合わせがあり、近くに「鳥糞対策実施中」と記した表示も掲示した。

 昨秋からビル北側の外階段に装置を設置していたが、南口のハトの増加に伴い移動した。セレオの担当者は「ハトの群れが北口から南口に移動してきたのでは」と推測する。

 設置から約2か月。店舗周辺にハトの姿はなく、フンや羽根も見当たらない。餌を与える人がいる武田信玄公像の前やバス乗り場付近で数羽が見られるだけだ。

 今のところ、利用者らから「耳障りだ」といった苦情はないという。セレオはハトの動向を見ながら、設置を続ける方針。担当者は「山梨の玄関口として、お客さまが気持ちよく利用できるようにしたい」と話している。
https://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20190425-OYTNT50154/

http://archive.is/4MACP

posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: