2019年05月06日

こどもの日 チビッコ天国にぎわう 久留米市鳥類センター /福岡【毎日新聞2019年5月6日】

 5日は「こどもの日」。関連のイベントが各地で開かれ、多くの子供たちが参加して楽しんだ。

チビッコ天国にぎわう 「一日園長」に3人就任 久留米市鳥類センター
 久留米市鳥類センター(東櫛原)は「チビッコ天国」として無料開放され、大勢の家族連れでにぎわった。こどもの日の恒例行事。

 この日は公募で選ばれた福岡教育大付属久留米小6年、井上さくらさん(11)▽市立小森野小5年、加藤嵩琉(たける)さん(10)▽市立荒木小4年、松原栞音(かんな)さん(9)−−の3人が「一日園長」に就任した。

 3人はスタッフの案内でクジャクやペンギンなど園内で飼育している約80種類の動物について説明を受けた。この後、中南米に生息するリスザルの舎の前で「とても身軽で運動神経もよく、高い木の上で生活していても落ちることはない」などと、見学していた親子らに生態を分かりやすく解説。舎の中に見学者とともに入り、好物のバナナやリンゴを食べさせる体験もした。

 井上さんは「リスザルが餌を思ったほど食べてくれず、飼育の仕事が予想以上に大変だと感じた」という。

 この日の来場者は昨年並みの約5500人だったが、通常の休日と比べると5倍程度の人数になったという。【江刺正嘉】

〔筑後版〕
https://mainichi.jp/articles/20190506/ddl/k40/040/268000c

http://archive.is/dzxc7

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: