2019年07月19日

兵庫県、国の予算編成に提案 防災支援強化、企業税制優遇拡充【神戸新聞NEXT2019年7月19日】

 兵庫県は、国の2020年度の予算編成に対して、18年台風21号被害などを受けた防災・減災対策への支援継続・強化、東京一極集中の是正、地域経済活性化のための対応を求める。参院選後、県関係の国会議員に説明し、各省庁への働き掛けを本格化させる。(西井由比子)

 台風21号襲来時に高潮に見舞われた神戸・阪神間で、護岸のかさ上げなどを進めるため、国の「防災・減災・国土強靱(きょうじん)化推進のための3か年緊急対策」(20年度まで)の事業期間の延長を求める。

 このほか、関西3空港の相互支援体制の構築による災害対応力の向上を要望。東京一極集中を是正し、事業所誘致を進めるための税制優遇の拡充、大阪・関西万博に合わせた観光インフラ整備などを提案する。

 税制優遇については、本社機能の県内移転だけでなく本社隣接の工場・研究開発施設設置にも拡充するよう求める。大阪・関西万博関連では、サテライト会場の兵庫県内への設置や、高速艇など海上交通の整備を挙げる。放置された企業保養所の活用をはじめ、瀬戸内海国立公園六甲地域(六甲山)の観光再活性化案も盛り込んだ。

 また、神戸ビーフをはじめ国内ブランド牛肉のもととなる但馬牛の産地として、和牛の精子や受精卵の国外流出対策の強化を要望。希少種のイヌワシ、クマタカが生息する環境への影響が問題となっている新温泉町の風力発電施設、大規模森林伐採が想定される姫路市の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)といった計画を念頭に、事業認定手続きの厳格化も求めている。

 このほか、兵庫県議選伊丹選挙区、播磨町議選で被選挙権に必要な住所要件を満たさない立候補があり、無効票が発生した経緯を受けて、立候補届け出に住民票の添付を義務づけるよう選挙制度の見直しも挙げている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012528216.shtml

http://archive.fo/n4AWv

posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: