2019年10月02日

能登牛・ワインに舌鼓 穴水港でまつり、特産品並ぶ【中日新聞2019年10月1日】

能登牛や国産牛などを炭火焼きにして味わう来場者=穴水町川島で

 能登牛をはじめとした国産牛や、「能登ワイン」(穴水町)の商品を一挙に楽しめるイベント「牛&ワインまつり」が二十九日、同町川島の穴水港あすなろ広場であり、家族連れらが地元の美味に親しんだ。

 同町観光物産協会が主催。来場者は能登牛や国産牛のパックを購入し、用意されたこんろで、その場で炭火焼きにし舌鼓を打った。能登ワインは五種類の銘柄がグラスで売られ、酒好きが町内のブドウで醸造された特産品の味わいを確かめた。

 日本航空高校石川(輪島市)二年の原口泉生さん(16)はバスケットボール部の練習終わりに同級生五人と訪れた。「能登牛はやわらかくて、おいしい」と声を弾ませた。

 会場では手芸品の展示販売や工作を体験できる催し「町クラフトマーケット あなまるマーケット」も開かれ、町内外の二十六店がにぎやかに軒を連ねた。他に金沢市のボランティア団体「金沢ホークウイング」による鷹匠(たかじょう)の体験会があり、六十人が楽しいひとときを過ごした。ミニ四駆の大会も行われた。 (田井勇輝)
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20191001/CK2019100102000240.html

https://megalodon.jp/2019-1002-1045-19/https://www.chunichi.co.jp:443/article/ishikawa/20191001/CK2019100102000240.html

タグ:鷹匠
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: