2019年10月18日

冬の訪れを告げる使者 鹿児島・出水平野にひらり初飛来:朝日新聞デジタル

出水平野の干拓地に今季初めて飛来したマナヅル=2019年10月18日午前7時40分ごろ、鹿児島県出水市高尾野町、鹿児島県ツル保護会提供
 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水(いずみ)市の出水平野に18日、今季第1陣となるマナヅル1羽が飛来した。同市高尾野町の干拓地で午前6時半ごろ、地元の人が見つけ、県ツル保護会が確認した。冬の訪れを告げる初飛来は、昨季と同じ日で例年並みだった。

 出水平野では、過去22季連続で飛来数が1万羽を超える「万羽鶴」が続いており、昨年は12月1日の羽数調査で1万4286羽を記録している。(城戸康秀)
https://www.asahi.com/articles/ASMBL3SH8MBLTLTB001.html
http://archive.fo/yfetw

出水平野に冬の使者 今季第1陣 マナヅル1羽|【西日本新聞ニュース】
出水平野に今季初めて降り立ったマナヅル=18日午前7時35分ごろ、鹿児島県出水市(奈良和憲さん提供)


 世界有数のツルの越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で18日朝、今季初となるツルの飛来が確認された。冬の訪れを告げる第1陣の飛来は昨季と同日で例年並み。

 県ツル保護会によると、地元住民の連絡を受けた保護会員が午前7時17分、同市の東干拓地にいるマナヅル1羽を確認した。

 今後、シベリア方面からナベヅルやマナヅルが次々に飛来し、11月に本格化。来年3月末ごろまで過ごす。昨季は1万4286羽が飛来し、22季連続で「万羽ヅル」を記録している。(上野和重)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/552093/
http://archive.fo/sJclH

出水平野にツル飛来 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com

出水平野に降り立ち羽を広げるマナヅル=18日、出水市の東干拓
 国内最大のツル越冬地・出水平野で18日朝、今季初渡来となるマナヅル1羽が確認された。第1陣の飛来は昨季と同じ日で、最初にマナヅルが飛来したのは4年ぶり。10月末にかけて本格化する。
https://373news.com/_news/?storyid=111474
http://archive.fo/ofPez

出水平野にツルが今シーズン初飛来|NNNニュース
 国内最大級のツルの越冬地、出水平野に、今シーズン初めてツルが飛来した。
 18日午前7時過ぎ、県ツル保護会が出水平野でマナヅル1羽を確認した。第一陣の飛来は平年並み。昨シーズン出水平野では、1万4286羽のツルが飛来し22年連続で1万羽を超えている。
 県ツル保護会の時吉秀次さんは「これからどんどん今から増えると思う。今シーズンも万羽鶴になってたくさんの人が見に来てくれたら嬉しい」と話した。
 ツルの飛来はこれから本格化し来年3月ごろまで続く。
http://www.news24.jp/nnn/news16344062.html
http://archive.fo/GWMzC

posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: