2020年04月08日

野鳥から稚アユ守れ ドローン使いテグス張る 大野川 /大分 - 毎日新聞

九州電力の担当者に操縦されるドローン
 放流した稚アユを野鳥に食べられないように、大分市下判田の大野川で7日、小型無人機ドローンを使って釣り糸(テグス)が張られた。

 大野川漁業協同組合によると、大野川では、3〜4月にかけて30万匹の稚アユを放流。カワウやトンビなどの野鳥から守るために、ボートなどを使って川の両岸から毎年テグスを張っているが、今年は九州電力大分支社がドローンを使って協力した。

 ドローンが約300メートルある両岸の間を行き来すると、これまで1本あたり1時間ほどかかった作業時間が、ドローンでは5分ほどに短縮された。今年は50本をドローンで張れたという。

 若松成次組合長(71)は「いつもより何倍も早く作業が済んだのでびっくり。高齢化で、どう川を守るのかが課題だったが、来年以降も続けたい」と話した。【辻本知大】
https://mainichi.jp/articles/20200408/ddl/k44/040/234000c
http://archive.md/ooE0M

稚あゆの害鳥対策にドローン活用|NHK 大分県のニュース
毎年春、稚あゆが放流される大分市の大野川の漁協では、野鳥にあゆが食べられないよう川の水面に釣り糸を張る作業に、ことしから初めて、ドローンを活用しています。

この対策は、大分市の大野川漁業協同組合が、電線の配線作業にドローンを活用している九州電力の協力を得て行っています。

7日は、およそ2万匹の稚あゆが大野川に放流されたあと、野鳥を近づけないため、ドローンを使って川の水面に釣り糸を張る作業が行われました。

九州電力の関係者がねドローンを飛ばして釣り糸を対岸まで渡すと、糸を受け取った人が木の枝などに結び付けていました。

糸は、50メートルから100メートルほどの間隔で川に張られ、稚あゆの放流が始まった先月以降、およそ50本が設置されたということです。

こうした作業は、従来、船を使って人手で行われていましたが、安全面や担い手不足に課題があったため、ことしから初めて、ドローンを活用することになりました。

このほか、7日は、鳥を追い払うため、ドローンから、天敵であるとんびや猫の鳴き声を流すデモンストレーションも行われました。

大野川漁業協同組合の若松成次組合長は「人間がやるより何倍も速くてびっくりした。これからも、ドローンを活用しながら漁業の新しい形を作っていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20200407/5070006372.html
http://archive.md/nNcR4

害鳥対策にドローン 大野川漁協、川のテグス張り作業に活用 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
ドローンに取り付けたテグスの先の棒が落ちる仕組みを説明する九電の社員=大分市下判田
 【大分】大野川漁協は九州電力大分支社の協力を得て、放流した稚アユをカワウなどの害鳥から守るためのテグス(釣り糸)張りにドローンを活用した。県内初の取り組み。組合員の高齢化が進む中、効率的かつ安全に作業を進められると期待されている。
 大野川漁協の組合員数は約2400人で、平均年齢は75歳。テグス張りの作業は組合員が川の中を歩くか、川幅の広い箇所では舟を使って対岸まで渡す。後継者不足と安全対策が懸案になっていた。
 九電は地域課題の解決に向けた取り組みの一環として、ドローンを活用したサービスを提供している。漁協から相談を受けて3月下旬、両者で約50本のテグスを流域に張った。
 7日、大分市下判田の大野川で稚アユ約2万匹を放流。合わせてドローンを使ったテグス張りのデモンストレーションをした。
 関係者や漁業・ドローン関係の自治体職員らが参加。九電社員がドローンにテグスを取り付けて対岸まで運び、木の枝などに結び付ける手法を実演。テグスの先に竹の棒を結び付けて運び、やぶの中に棒を落として引っ掛ける方法も紹介した。
 若松成次組合長(71)は「人の手だと1本張るのに1時間かかるところを5分ほどでできるのは驚き。これからもドローンを活用した新たな釣り方や組合運営を考えていきたい」と喜んだ。
 放流した稚アユはしばらくその場所にとどまる傾向があるため、同支社はドローンから音声を流して害鳥を追い払う方策も提案している。技術部通信ソリューショングループの立石靖記グループ長は「ドローン技術や作業経験、ノウハウを生かせるサービスはまだまだあると思う。課題の掘り起こしもしていきたい」と話した。
  
<メモ>
 県水産振興課によると、2019年度春の稚アユのカワウ被害は約1620万円(推計値)。ここ数年は減少傾向という。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/09/JD0059129381
http://archive.md/rWaFd

posted by BNJ at 22:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: