2020年11月22日

出水ツル1万5390羽 今季2回目調査 : ニュース : 鹿児島 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

出水平野の上空を飛ぶツルの群れ
 国内最大級のツルの越冬地・出水市で21日早朝、今季2回目の羽数調査があり、計1万5390羽が計測された。24季連続の「万羽鶴」を達成した7日より約2000羽増えた。

 調査は、地元の中学生や県ツル保護会のメンバーらが保護区となっている荒崎、東干拓の2か所で実施。ツルのねぐらから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、シューズカバーを付けるなどの対策を行った。

 ツルの内訳は、ナベヅル1万4735羽、マナヅル639羽、クロヅル7羽、カナダヅル6羽、ナベクロヅル2羽、アネハヅル1羽だった。

 次回の調査は28日の予定。
https://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20201121-OYTNT50048/
https://archive.md/LzCHb

posted by BNJ at 10:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: