2020年12月16日

鳥インフル 防疫措置は17日完了 美作の養鶏場、岡山県見通し:山陽新聞デジタル|さんデジ

片付けた鶏舎の餌をトラックに積み込む岡山県職員ら=16日午前11時30分、美作市滝宮(同県提供)
 美作市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、岡山県は16日、家畜伝染病予防法に基づき行っている餌の処分や鶏舎の消毒など防疫措置を当初予定通り17日に完了する見通しを示した。

 県は、養鶏場から半径3〜10キロ圏内にある農場の卵に限り、圏外への持ち出しを例外的に認める措置を12日に適用したことも明らかにした。農場の経済的負担の軽減が目的で、洗浄や消毒などをした卵の安全性を県が確認することが出荷の条件としている。

 10キロ圏内には7農場(約85万羽)があり、今のところ異常は報告されていないという。

 防疫措置は殺処分が終わった14日夜以降、県職員らが1日延べ240人、24時間態勢で行っている。16日午後4時現在で対象の鶏舎7棟のうち2棟で作業済み。17日夕以降に完了する予定。

 殺処分した鶏は美作、岡山、倉敷市の4施設で順次焼却しており、16日午後4時現在の進捗率は18・7%。25日ごろに終える見通し。
(2020年12月16日 18時32分)
https://www.sanyonews.jp/article/1081771/
https://archive.md/oaLEb

人気ラーメン店 鳥インフルで休業 倉敷、スープ用親鶏仕入れできず:山陽新聞デジタル|さんデジ
「月のうつわ」の店頭に掲示された臨時休業を知らせる張り紙
 美作市の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した影響で、倉敷市中心部の人気ラーメン店が休業を余儀なくされている。スープ用の親鶏をこの養鶏場から仕入れていたため、入荷がストップした。新型コロナウイルスの影響で客足が落ちているところへの追い打ちで、同店は「年末の書き入れ時でダメージは大きい。騒動が早く収まってほしい」と願う。

 店は同市鶴形の「月のうつわ」。市美観地区に近い立地から観光客からも人気を集め、10月に発売されたミシュランガイドにも掲載された。最近では新型コロナの影響で親鳥の入荷量を通常の4割程度に抑えていたというが、1週間に80〜100キロほどを仕入れていた。

 美作市で鳥インフルエンザが確認された10日、同店で仕入れを担当する奥村忠陽さん(51)に、業者から出荷できなくなると連絡があり、11日夜から休業せざるを得なくなった。

 その後、複数の業者に当たって約1週間分の材料を確保。18〜23日は営業できる見通しになったが、「その先のめどは立っていない」とし、不定期で店を開けるという。

 奥村さんは「楽しみに来てくれるお客さんには本当に申し訳ない。同じ味で提供できる方法を探り、何とか危機を乗り越えたい」と話す。
https://www.sanyonews.jp/article/1081758/
https://archive.md/cPYkb

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: