2018年10月23日

大田原に“冬の使者”ハクチョウ飛来【産経ニュース2018年10月23日】

 ハクチョウの越冬地として知られる大田原市羽田の羽田沼に“冬の使者”ハクチョウが飛来した。沼の周囲には集まった市民や愛鳥家らが水面をゆっくり行き来するハクチョウを静かに見守っている。

 「羽田沼白鳥を守る会」の長嶋昭夫会長(58)によると、今季は今月19日に3羽が初飛来。昨年より7日ほど遅かったが、ほぼ平年並みだ。今後、12月ごろからハクチョウが増え、来年1、2月にはピークを迎える。昨季は約250羽が飛来した。


 下流域にある天然記念物の淡水魚、ミヤコタナゴの保護区の水質悪化を防ぐため、ハクチョウへの餌やりは禁止。長嶋会長は「餌は与えずに見守ってほしい」と呼びかける。
https://www.sankei.com/region/news/181023/rgn1810230048-n1.html

ハクチョウ3羽が飛来 心待ちにした人駆け付ける 大田原の羽田沼【動画】【下野新聞SOON2018年10月20日】
羽田沼に飛来した3羽のオオハクチョウ

 【大田原】ハクチョウの飛来地として知られる羽田の羽田沼で19日朝、オオハクチョウ3羽が飛来したのを羽田沼白鳥を守る会が確認した。初飛来は例年並みで、昨年より1週間ほど早い。

Web写真館に別カットの写真

 同会によると、飛来は例年1月下旬〜2月上旬ごろにピークを迎える。昨年は約250羽が飛来した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/88847

http://archive.is/TUUek
http://archive.is/wCmYT

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島)奄美署にマスコット「カケルくん」誕生【朝日新聞デジタル2018年10月23日】(ルリカケス)

奄美署のマスコットキャラクター「カケルくん」=2018年9月10日、奄美市の奄美署

 鹿児島県の県鳥で奄美大島に生息する国の天然記念物ルリカケスをモデルにしたマスコットキャラクターが誕生した。奄美署(奄美市)の「カケルくん」。犯罪や交通事故防止の広報活動で活躍する。

 世界自然遺産を目指す島の住民との触れ合いを深めようと、署内でデザインを募集。容疑者などの似顔絵描きで鍛えた鑑識係の乙須努警部補の案が採用され、9月、お披露目された。

 カケルくんは、島の原生林生まれの3歳の男の子で、好物は特産の黒糖ジュースという設定。

 家や車に「鍵をカケル」や「安全運転を心ガケル」、「振り込む前に家族に電話をカケル」など名前にちなんだ七つの約束を住民に呼びかける。語尾に「ルリ」をつけて話すくせがあり「島の安全を守るルリッ!」と張り切っている。(外尾誠)
https://www.asahi.com/articles/ASLBK5HHQLBKTLTB00S.html

http://archive.is/2qrAB
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオハクチョウ初飛来 婦中の田んぼ【北國新聞2018年10月23日】

 オオハクチョウが県内に飛来したのを、富山市米田すずかけ台の写真愛好家、秋本隆さん(69)が21日に撮影した。秋本さんによると、県内への今季初飛来という。

 秋本さんは今月14日、県内に今季初飛来したコハクチョウを撮影。くつろぐ姿を撮影しようと探していた21日、同市婦中町下吉川の田んぼに飛来した2羽のオオハクチョウを見つけ、カメラに収めた。

 県内でハクチョウを撮り続けて7年目の秋本さんは「冬が近づいてきたのを感じる。飛来するハクチョウもこれから徐々に増えてくる。楽しみだ」と話した。
http://webun.jp/item/7510234

http://archive.is/nrU5c
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎小ニュース 環境 「ラムサール」登録 宮城・志津川湾 東日本被災後で初【毎日新聞2018年10月23日】

ラムサール条約の保全対象リストに登録された宮城県南三陸町の志津川湾=10月18日、本社ヘリから

志津川湾の位置
 国際的こくさいてきに大切たいせつな湿地しっちを守まもるラムサール条約じょうやくの登録地とうろくちとして、宮城県南三陸町みやぎけんみなみさんりくちょうにある志津川湾しづがわわんが新あらたに登録とうろくされました。2011年ねん3月がつ11日にちに東日本大震災ひがしにほんだいしんさいが起おきた後あとに被災地ひさいちが登録とうろくされるのは初はじめてです。震災後しんさいごも登録とうろくを目指めざし続つづけた粘ねばり強づよい取とり組くみが実みを結むすびました。

 湿地しっちには、湿原しつげんや湖みずうみ、沼ぬま、田たんぼ、干潟ひがたなどがあり、渡わたり鳥どりや魚さかな、昆虫こんちゅうなどさまざまな生いき物もののすみかになっています。微生物びせいぶつもいて、水みずの中なかの有害ゆうがいな物質ぶっしつを分解ぶんかいして水みずをきれいにしてくれます。大雨おおあめや台風たいふうの時ときには水みずの勢いきおいを弱よわめてくれるなど、自然しぜんの生態系せいたいけいを守まもるうえで、とても大切たいせつな働はたらきをしています。

 志津川湾しづがわわんは、沖合おきあいで冷つめたい海流かいりゅうと暖あたたかい海流かいりゅうがぶつかり合あっています。冷つめたい海うみのマコンブと暖あたたかい海うみのアラメなどが共存きょうそんする藻場もばとなっています。また、国くにの天然記念物てんねんきねんぶつのコクガンなどの水鳥みずとりが冬ふゆを越こしにやってきます。海藻かいそうが茂しげる藻場もばが登録とうろくされるのは国内初こくないはつです。

 2010年ねんには候補地こうほちに選えらばれましたが、翌年よくねんの東日本大震災ひがしにほんだいしんさいで大津波おおつなみが襲おそい、町まちは計画けいかくをいったん白紙はくしに戻もどしていました。町まちによると、藻場もばの一部いちぶでは、がれきにより大おおきな影響えいきょうが出でましたが、その後ごは回復かいふくしてきていることを調査ちょうさで確認かくにんしました。

 ラムサール条約じょうやくは湿地しっちを守まもるだけでなく、生態系せいたいけいを保たもちながら湿地しっちの豊ゆたかな恵めぐみを生いかす「賢明けんめいな利用りよう(ワイズユース)」をうたっています。町まちは16年ねんから住民説明会じゅうみんせつめいかいやシンポジウムを開ひらき、ワイズユースへの理解りかいを呼よびかけてきました。町役場まちやくばには19日にち、登録とうろくを祝いわって、けんすい幕まくと横断幕おうだんまくが掲かかげられました。佐藤仁さとうじん町長ちょうちょうは「登録とうろくは町まちの一ひとつのシンボルになる。海うみに感謝かんしゃし、意義いぎを伝つたえながら新あらたな交流こうりゅうをスタートさせたい」と話はなしました。

 ■葛西海浜公園かさいかいひんこうえんも

 志津川湾しづがわわんとともに、東京都江戸川区とうきょうとえどがわくにある葛西海浜公園かさいかいひんこうえんも登録とうろくされました。東京湾とうきょうわんにある干潟ひがたで、一時いちじは生活排水せいかつはいすいで水質すいしつが悪わるくなりました。その後ご、下水道げすいどうが整備せいびされたり、カキやアサリなどが繁殖はんしょくしたりして、水質すいしつが良よくなり、約やく2万羽まんばのガン・カモ類るいが飛とんでくるようになりました。
https://mainichi.jp/articles/20181023/kei/00s/00s/009000c

http://archive.is/lFj8a
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽に冬の使者<nクチョウ飛来/藤崎【陸奥新報2018年10月23日】

 23日は二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」。朝晩の気温が一段と下がり、霜が降り始める頃とされる。藤崎町の平川では冬の使者・ハクチョウの群れが早くも姿を見せている。
 青森地方気象台によると、22日の弘前市は午前6時に最低気温5・2度を記録し、今季一番の冷え込みとなったが、日中は20・2度まで気温が上がり、小春日和となった。
 同町の白鳥ふれあい広場では22日の日中、約30羽のオオハクチョウが穏やかな晴天の下で羽を休めていた。羽が灰色の幼鳥と親鳥が寄り添う様子も見られ、広場を訪れた町民らが優雅な姿に見入っていた。
【写真説明】藤崎町の平川で羽を休めるハクチョウ
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2018/10/53122.html

http://archive.is/Q7pJH
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする