2018年01月17日

坂井平野に特別天然記念物のナベヅル飛来(福井県)【NNNニュース2018年1月17日】

国の特別天然記念物に指定されているナベヅルが、羽を休めるため坂井平野に飛来しています。

県内で姿を見せるのは非常に珍しく、2009年以来9年ぶりです。


今月上旬に坂井市三国町加戸の水田で、撮影されたナベヅルです。

体は黒みがかった灰色で、首の半分から上が白く、目の周りが赤いのが特徴です。

撮影したのは、福井市の森義一さん(70)です。カメラが趣味の森さんは、石川県へ初詣に向かう途中でナベヅルを見つけ、夢中でシャッターを切りました。

森さんは「今まで見たことがないような鳥を見ることができたので、すぐに車から降りて何枚もシャッターを切った」と話していました。

坂井平野に舞い降りたナベヅルは1羽で、体長は1メートル程度。水田では時折エサをついばんでいたそうです。

県や日本野鳥の会によりますと、県内へのナベヅルの飛来は非常に珍しく、1995年や2009年にわずかに確認されているということです。シベリアから越冬のため群れで飛んで行動し、ほとんどは鹿児島県や山口県に渡ります。

日本野鳥の会では、群れからはぐれて羽を休めているのではないかとみています。

ナベヅルは、今月9日以降は姿が確認されていません。日本野鳥の会では、このまま県内で越冬する可能性もあるとしていて、見かけてもむやみに近寄らず見守ってほしいとしています。
http://www.news24.jp/nnn/news8639578.html

http://archive.is/qibnl

タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユリカモメ「PRしたいのに」 浜松、鳥インフル対策で“自粛”【静岡新聞アットエス2018年1月17日】(既報関連ソースあり)

飛び交うユリカモメの群れ=2017年12月下旬、浜松市北区三ケ日町の天竜浜名湖鉄道浜名湖佐久米駅
 越冬するユリカモメの飛来地として知られる浜松市北区三ケ日町の天竜浜名湖鉄道浜名湖佐久米駅に今季も大群が押し寄せている。カモメへの餌付けが観光客に人気だが、2016年末に全国で鳥インフルエンザの感染が相次ぎ、県が昨季から自粛を要請。餌を求めるカモメが車両の周辺を飛び交う光景は見応え十分だが、観光関係者は「売り出したくても売り出せない」と頭を悩ませる。 天浜線は県の方針を受けてカモメを表紙に使ったパンフレットを回収した。ただ、観光客の関心は高く、12月ごろから飛来状況の問い合わせが同社に相次ぐ。沢井孝光営業部長は「飛来状況は伝えている。本当は観光として案内したいが難しい」と明かす。
 同区細江町の奥浜名湖観光協会は会員制交流サイト(SNS)で例年通り情報発信。荘司哲事務局長は「『ふれあい』『餌やり』といった表現は避けた。飛来しているのは事実なので、見て楽しむ分には問題ないのでは」と説明する。
 自粛も徹底はされていない。約20年前から餌やりを続ける笹田順嗣さん(68)は「県の考えは分かるが、飛来しているのにあげないわけにはいかない」と強調する。始めた当初は数十羽だったが、年々カモメが増え、いつしか地域の名物になった。県の要請を受けた昨季は給餌を中止。今季は量を例年の5分の1ほどに減らしている。
 写真愛好家は例年通り駅に集まり、撮影のチャンスを狙う。一部には持参した餌を与える人も。浜名湖沿岸にはカモメとのふれあいを売りにする別の地域もあり、「佐久米駅だけ自粛を求められるのは不公平だ」と不満がくすぶる。県自然保護課の担当者は「個人の餌やりの規制まではできないが、鳥が習性として覚えてしまわないよう大規模な給餌は控えてほしい」と理解を求める。

 <メモ>給餌により野鳥の大群が一度に集まると、野鳥間で鳥インフルエンザの感染リスクが高まるほか、感染した野鳥のふんを踏んだ観光客がウイルスの運び役になる可能性がある。2016年度の鳥インフルエンザが給餌により水鳥が密集した場所で続発したのを受け、環境省は17年10月に改定した対応マニュアルに、鳥獣への安易な餌付けの防止を盛り込んだ。国や都道府県は餌付け防止の普及啓発に積極的に取り組むよう求められている。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/447186.html

http://archive.is/77Jjz

東京のオオタカも鳥インフル 上野動物園では展示中止も【共同通信2018年1月17日】

餌やり自粛呼び掛け ユリカモメ飛来 浜名湖佐久米駅【静岡新聞アットエス2017年1月5日】
【鉄学しましょ】カモメの魔術師 木村裕子【東京新聞2016年2月17日】
浜松の「浜名湖佐久米駅」にユリカモメの大群 頭の上に止まるシーンも【浜松経済新聞2016年1月5日】
(ひとえきがたり)浜名湖佐久米駅 静岡県、天竜浜名湖鉄道 800羽の白い群れは冬限定【朝日新聞デジタル2015年2月10日】
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京のオオタカも鳥インフル 上野動物園では展示中止も【共同通信2018年1月17日】(確定検査結果/H5N6型)

 環境省は17日、東京都大田区の公園で見つかったオオタカの死骸1羽から、強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。これを受け、東京動物園協会は同日、上野動物園(台東区)など都立4施設で、18日から希少種や感染しやすい一部鳥類の当面の展示中止を決めた。

 都によると、上野動物園ではジャイアントパンダをはじめ、鳥類以外の動物は展示を続ける。

 国内複数箇所で検出されたことを踏まえ、環境省は3段階ある警戒レベルをこれまでの「レベル2」から「レベル3」に引き上げた。今後、新たに野鳥の死骸が見つかった際は、ウイルス検査を細かく実施する。
https://this.kiji.is/326305622345172065?c=39546741839462401

都内のオオタカ、高病原性鳥インフル検出 大田区の公園【朝日新聞デジタル2018年1月17日】

 環境省と東京都などは17日、東京都大田区の公園で死んでいた野生のオオタカ1羽から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6)が検出されたと発表した。19日に専門家を現地に派遣し、野鳥の生息状況や、異常個体がいないかを調べる。
https://www.asahi.com/articles/ASL1K5HHKL1KULBJ00F.html

都内で発見のオオタカ 鳥インフルエンザに感染【NHKニュース2018年1月17日】
東京・大田区で死んでいるのが見つかった野生のオオタカについて、国が検査した結果、鳥インフルエンザに感染していたことが判明しました。東京都は、感染の拡大を防ぐため、都立動物園で鳥類の展示を当面中止する一方、人への感染の可能性は低いとして冷静に対応するよう呼びかけています。
都や環境省によりますと、今月5日、東京・大田区で野生のオオタカが死んでいるのが見つかり、国立環境研究所が遺伝子検査をしたところ、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。

これを受けて、国がさらに検査を行った結果、ウイルスへの感染が確定したということです。

オオタカが見つかった周辺には、感染の拡大が懸念される養鶏場はないということですが、都は飼育動物への感染を防ぐため、都立の動物園や水族園で18日から当面の間、一部の鳥類の展示を中止することを決めました。

また、環境省は、オオタカが見つかった場所から半径10キロで監視を強化するとともに、19日、緊急の調査チームを派遣し、ほかに感染の疑いがある鳥がいないかなどを調べることにしています。

東京都は「鳥インフルエンザウイルスは通常は人に感染しないと考えられ、野鳥のフンに触れても、手洗いなどをすれば過度に心配する必要はないので冷静に対応してほしい」と呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292361000.html

都内で鳥インフル確認、動物園で鳥類の展示中止【読売新聞2018年1月17日】
 東京都と環境省は17日、今月5日に大田区で見つかった野鳥のオオタカの死骸から、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。


 都内での検出は昨年2月以来2例目。感染拡大を防ぐため、都は上野動物園など都立動物園や水族園で飼育している一部鳥類の展示を18日から中止する。

 発表によると、5日の簡易検査では陰性だったが、10日の遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスを検出。その後の確定検査で「H5N6亜型」の高病原性であることが判明した。

 環境省は10日、死骸発見場所から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。19日に現地調査を行う。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180117-OYT1T50068.html

都内で今季初 野鳥の死骸から鳥インフル【日テレNEWS24 2018年1月17日】
東京・大田区で見つかった野鳥の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。都内で確認されたのは今シーズン初めて。

東京都によると、今月5日、大田区内で見つかったオオタカ1羽の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。都内で確認されたのは今シーズン初めてで、全国では8例目。

環境省は、死骸が回収された場所から周辺10キロメートル圏内を「野鳥監視重点区域」として監視を強化している。

東京都は、都立動物園での鳥類の展示を中止するなどの対策を行うが、周辺に養鶏場はなく、野鳥から人に感染した例はないという。都は、野鳥の死骸やフンなどに触らないよう注意喚起するとともに、冷静な行動を呼びかけている。
http://www.news24.jp/articles/2018/01/17/07383190.html

http://archive.is/qVoY9
http://archive.is/yd130
http://archive.is/9kDAZ
http://archive.is/spgRP
東京で鳥インフル陽性 シーズン初、オオタカから【共同通信2018年1月10日】
posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川【毎日新聞2018年1月17日】

米代川の岩の上で寝そべるアザラシ=秋田県能代市二ツ井町で2018年1月17日午前11時59分、田村彦志撮影

 秋田県能代市二ツ井町の中心部を流れる米代川で17日、アザラシ1頭が見つかった。

 同市二ツ井地域局によると、発見されたのは同日午前9時過ぎ。県鳥獣保護委員が野鳥観察のため巡回していた際、二ツ井町商工会の裏手を流れる米代川の岩場でアザラシを見つけ、同局に連絡した。

 アザラシの体は白っぽく、岩場で寝そべってのんびり。人の気配に敏感に反応するが、怖がる様子はない。現場は住民らでにぎわい、「なぜこんな所に」と珍客に驚いた様子。なかには「ヨネちゃーん」と声をかけ、写真を撮る姿も見られた。

 同県男鹿市の男鹿水族館GAOによると、1歳以上のゴマフアザラシとみられる。担当者は「北海道沖などに生息し、春の繁殖期以外は回遊する。何らかの理由で迷い込んだのではないか」と話している。

 また県自然保護課の担当者は「エサを与えたりせずに見守ってほしい」と注意を呼びかけている。【田村彦志、川口峻】
https://mainichi.jp/articles/20180118/k00/00m/040/072000c

秋田の川岸に子アザラシ  愛らしい姿、見物客も【秋田魁新報2018年1月17日】
 秋田県能代市を流れる米代川の岸辺で17日、子どものアザラシ1匹が見つかった。近隣の住民が次々と駆け付け、岩の上にごろんと寝そべる愛らしい姿をスマートフォンなどで撮影していた。

 市によると、アザラシは体長約70センチ。午前9時半ごろ、河口から約30キロ上流の岸辺で、野鳥の調査をしていた県の嘱託職員が発見した。岩の上でくつろぎ、時折顔を上げて珍しそうに周囲を眺めていた。河口付近では2、3年前にもアザラシが目撃されたという。
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_lifestyle_l+CO2018011701001642_1

http://archive.is/HtvmC
http://archive.is/PONsa
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やんばるの生態系保護に強み、自然遺産追加推薦に弾み 米軍返還の3000ヘクタール、「保護地域」に【沖縄タイムスプラス2018年1月17日】

 米軍北部訓練場の過半が返還されたのを受け、林野庁九州森林管理局は15日までに、世界自然遺産推薦区域に隣接する約3千ヘクタールの国有林を新たに「やんばる森林生態系保護地域」に設定した。保護地域の約9割を占める「保存地区」は最も規制が厳しく、人の手を加える開発行為が原則できず、第三者の入林も認められない。

(資料写真)やんばるの森

 現行の推薦区域と連続性のある森林生態系を保護する仕組みができ、自然遺産に返還地を追加推薦する弾みがついた格好だ。ただ依然として、推薦区域の一部は、国内法に基づく規制の及ばない北部訓練場が隣り合う状態が続いている。

 返還地を含む保護地域案は、日米特別行動委員会(SACO)最終報告での合意を受け、1997年から議論されており約20年越しの設定となった。今回の案は2016年に訓練場約4千ヘクタールが返還されたのを受け、17年5月から野生動植物の有識者らでつくる保護林管理委員会が検討を再開。現地の森林組合や地域住民らとも協議し、既に自然遺産に推薦した区域と同じ森林の形態で、効果的な保全ができる区域を選んだという。

 新たに設定された保護地域は全て国有地の3007ヘクタールで、うち緊急時を除き人の手を加えることができない保存地区は約2700ヘクタール。残る「保全利用地区」も緩やかな規制がかかり、天然林の保護を目的とする以外の開発ができなくなる。

 一方、返還地には民間地も含まれており、追加推薦に向け、環境省も民間地を含む返還地を「やんばる国立公園」に編入する検討を進めている。菅義偉官房長官は17年末の来県時、編入時期を18年と明言している。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/195843

http://archive.is/9kVFc
タグ:やんばる
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする