2019年10月20日

滋賀)冬の使者コハクチョウ1羽琵琶湖へ 今季初の飛来:朝日新聞デジタル

今シーズン、琵琶湖に初飛来したコハクチョウ=2019年10月14日午前9時28分、滋賀県長浜市湖北町沖、湖北野鳥センター提供

 冬の使者・コハクチョウ1羽が14日、琵琶湖に今シーズン初飛来した。湖北野鳥センター(滋賀県長浜市湖北町今西)が発表した。センター南約1キロの湖上でカモ類と一緒に餌をとっているのを野鳥観察していた一般の人が確認した。初飛来は昨年と同じ日で、例年並みという。

 コハクチョウはロシアの北極圏で繁殖し、越冬のため日本に渡ってくる。琵琶湖には3月中旬まで滞在し、厳冬期は最大600羽ほどが見られるという。(松浦和夫)
https://www.asahi.com/articles/ASMBG4TCNMBGPTJB001.html
http://archive.fo/pJEjA

コハクチョウ、湖北に飛来 今季初の確認:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)
初飛来した白いコハクチョウ=湖北野鳥センター提供、長浜市湖北町の山崎歩さん撮影

 長浜市湖北町今西の琵琶湖沖で、冬の渡り鳥として知られるコハクチョウの成鳥一羽が十四日、今季初めて飛来した。近くの湖北野鳥センターが確認した。同所への飛来時期は昨年と同じ日で、例年並み。

 センターによると、十四日午前八時十五分ごろ、野鳥観察をしていた米原市の男性が発見した。カモ類と一緒に餌をとる姿などが見られたという。

 飛来のピークは来年一〜二月ごろで、琵琶湖には三月中旬まで滞在。厳冬期には琵琶湖全体で最大六百羽前後が確認でき、長浜市全域では四百羽ほどが見られるという。

 (相馬敬)
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20191016/CK2019101602000011.html
https://megalodon.jp/2019-1016-1026-50/https://www.chunichi.co.jp:443/article/shiga/20191016/CK2019101602000011.html

湖上、舞い降り コハクチョウ初渡来 長浜 /滋賀 - 毎日新聞
琵琶湖上を舞う今季初めて渡来したコハクチョウ=湖北野鳥センター提供
 冬の渡り鳥、コハクチョウが14日、長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター近くの琵琶湖に今季初めて渡来した。初渡来日は昨年と同日。

 午前8時15分ごろ、野鳥愛好家が湖上でヒドリガモなどと一緒に餌の水草を食べている成鳥1羽を発見。センターの職員によると、コハクチョウは台風19号からの天候回復を待って渡来したとみられ、長旅の疲れを癒やすかのように湖上で羽を休めているという。


琵琶湖で羽を休めるコハクチョウ=湖北野鳥センター提供
 コハクチョウは体長約1・2メートル、翼を広げると約2メートルにもなるカモ科の水鳥で、ロシアの北極海沿岸部で繁殖する。琵琶湖には越冬のため毎年、数百羽が渡来し、翌年3月中旬ごろまで過ごす。【若本和夫】
https://mainichi.jp/articles/20191016/ddl/k25/040/410000c
http://archive.fo/5aSPG

琵琶湖に冬の使者 コハクチョウが今季初飛来 | 京都新聞
今年も琵琶湖に飛来したコハクチョウ(滋賀県長浜市湖北町今西)
 琵琶湖の冬の使者、コハクチョウがこのほど、滋賀県長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター沖に今季初飛来した。同センターによると、飛来は昨年と同時期で、カモ類と混じり、元気よく水草をついばんでいる。
 コハクチョウは体長120センチ、翼を広げると200センチになるカモ科の大型水鳥で、ロシア北方のシベリアで繁殖し、越冬のため北日本を中心に渡来する。
 琵琶湖には冬の深まりとともに600羽ほどやって来る見込みで、来年3月中旬まで滞在しその後、シベリア方面へ帰るという。
https://this.kiji.is/558424750299808865?c=39546741839462401
http://archive.fo/WOEnS

posted by BNJ at 10:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

即位の礼の10月22日、上野動物園など都営20施設が無料に | 地域情報:本紙 | トラベルニュースat

東京都は10月22日の「即位礼正殿の儀」に関わる慶祝事業として、上野動物園や江戸東京博物館など、都が運営する20施設の当日の利用を無料にする。

無料開放するのは次の施設。

【文化施設】東京都庭園美術館(展覧会は有料)、東京都江戸東京博物館、江戸東京たてもの園、東京都写真美術館

【庭園・動物園等】浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、旧岩崎邸庭園、向島百花園、清澄庭園、旧古河庭園、殿ヶ谷戸庭園、恩賜上野動物園、葛西臨海水族園、多摩動物公園、井の頭自然文化園、神代植物公園、夢の島熱帯植物館、東京港野鳥公園

https://www.travelnews.co.jp/news/area/20191018132129.html
http://archive.fo/jD1Ns
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

冬の訪れを告げる使者 鹿児島・出水平野にひらり初飛来:朝日新聞デジタル

出水平野の干拓地に今季初めて飛来したマナヅル=2019年10月18日午前7時40分ごろ、鹿児島県出水市高尾野町、鹿児島県ツル保護会提供
 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水(いずみ)市の出水平野に18日、今季第1陣となるマナヅル1羽が飛来した。同市高尾野町の干拓地で午前6時半ごろ、地元の人が見つけ、県ツル保護会が確認した。冬の訪れを告げる初飛来は、昨季と同じ日で例年並みだった。

 出水平野では、過去22季連続で飛来数が1万羽を超える「万羽鶴」が続いており、昨年は12月1日の羽数調査で1万4286羽を記録している。(城戸康秀)
https://www.asahi.com/articles/ASMBL3SH8MBLTLTB001.html
http://archive.fo/yfetw

出水平野に冬の使者 今季第1陣 マナヅル1羽|【西日本新聞ニュース】
出水平野に今季初めて降り立ったマナヅル=18日午前7時35分ごろ、鹿児島県出水市(奈良和憲さん提供)


 世界有数のツルの越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で18日朝、今季初となるツルの飛来が確認された。冬の訪れを告げる第1陣の飛来は昨季と同日で例年並み。

 県ツル保護会によると、地元住民の連絡を受けた保護会員が午前7時17分、同市の東干拓地にいるマナヅル1羽を確認した。

 今後、シベリア方面からナベヅルやマナヅルが次々に飛来し、11月に本格化。来年3月末ごろまで過ごす。昨季は1万4286羽が飛来し、22季連続で「万羽ヅル」を記録している。(上野和重)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/552093/
http://archive.fo/sJclH

出水平野にツル飛来 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com

出水平野に降り立ち羽を広げるマナヅル=18日、出水市の東干拓
 国内最大のツル越冬地・出水平野で18日朝、今季初渡来となるマナヅル1羽が確認された。第1陣の飛来は昨季と同じ日で、最初にマナヅルが飛来したのは4年ぶり。10月末にかけて本格化する。
https://373news.com/_news/?storyid=111474
http://archive.fo/ofPez

出水平野にツルが今シーズン初飛来|NNNニュース
 国内最大級のツルの越冬地、出水平野に、今シーズン初めてツルが飛来した。
 18日午前7時過ぎ、県ツル保護会が出水平野でマナヅル1羽を確認した。第一陣の飛来は平年並み。昨シーズン出水平野では、1万4286羽のツルが飛来し22年連続で1万羽を超えている。
 県ツル保護会の時吉秀次さんは「これからどんどん今から増えると思う。今シーズンも万羽鶴になってたくさんの人が見に来てくれたら嬉しい」と話した。
 ツルの飛来はこれから本格化し来年3月ごろまで続く。
http://www.news24.jp/nnn/news16344062.html
http://archive.fo/GWMzC
posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

2019年10月8日の鳥類ニュース

鶴田・津軽富士見湖にハクチョウ飛来 Web東奥ニュース
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/258646
http://archive.fo/YvUp5

酒田・最上川に「冬の使者」100羽 白鳥今季初の飛来 /山形 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20191008/ddl/k06/040/020000c
http://archive.fo/9ZbxI

冬の使者飛来 猪苗代湖にハクチョウ 福島民報
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019100868303
http://archive.fo/g3hQi
『冬の使者』今季初飛来!猪苗代湖お目見え 長旅の疲れを癒す 福島民友新聞
https://this.kiji.is/554096477185180769?c=39546741839462401
http://archive.fo/LTVi7

【群馬】豚コレラ ネズミ忌避剤配布 前橋市が養豚農家に ウイルス媒介防止 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201910/CK2019100802000152.html
http://archive.fo/hNdMD

玉川学園創立90周年記念特別展ジョン・グールドの鳥類図譜 | 19世紀描かれた世界の鳥とその時代 Jタウンネット
https://j-town.net/tokyo/event/museum/295762.html
http://archive.fo/OJbgQ

【ふぉとぷらざ10月】初冠雪まだかな? 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/191008/lif1910080015-n1.html
http://archive.fo/UMtfi

輝集人 全国特別支援学校文化祭写真の部で最優秀 宮本麻莉乃さん 自分の感性、形に残す /和歌山 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20191008/ddl/k30/070/379000c
http://archive.is/faI75

吉野川河口の橋の環境への影響を検討 NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news16291936.html
http://archive.fo/TUPOv

京急川崎駅がバルに変身 12、13日、車内でジャズも 産経ニュース
https://www.kanaloco.jp/article/entry-200467.html
http://archive.fo/VwpbD

鹿児島)侵入防止の徹底を 鳥インフル、コレラ対策会議 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASMB74DL3MB7TLTB003.html
http://archive.fo/Oqscu

豚コレラ対策 パブコメ終了 ワクチン推奨、拡大も 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20191008/ddm/008/040/037000c
http://archive.fo/w8pSG
posted by BNJ at 13:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

大分川にハクチョウ飛来 志高湖で飼育の1羽か【朝日新聞デジタル2019年10月4日】

大分川で確認されたハクチョウ。コブハクチョウとみられる=3日、大分市の弁天大橋上流

 3日午後、大分市の大分川にハクチョウ1羽が飛来しているのが見つかった。別府市の志高湖キャンプ場で飼育している13羽のうちの1羽がいなくなっており、同じハクチョウの可能性がある。
 ハクチョウがいたのは弁天大橋上流。日本野鳥の会県支部によると、くちばしの付け根に黒いコブがあることからコブハクチョウとみられる。欧州や中央アジアに生息し、国内でも公園や湖などで飼われているという。
 谷上和年支部長(66)は「県内の川で確認されるのは珍しい。飼育されているものが逃げたのではないか」と話している。
 志高湖キャンプ場で飼育しているのもコブハクチョウ。飼育を担当する加藤祐彦(まさひこ)さん(52)によると、3日朝から1羽いない。「以前もいなくなったことがあるが、数日したら帰ってきた。志高湖で生まれているので帰巣本能がある。おなかがすいたら帰ってくるのでは」と経過を見守っている。
 大分川のハクチョウは4日朝の時点で、確認されていない。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/10/04/125939699

http://archive.fo/MLzpT
posted by BNJ at 22:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする