2017年07月23日

【小2・道徳】「生き物の命」を考える 動物記事から問題意識導く【琉球新報2017年7月23日】(クロツラヘラサギ)

 沖縄市立高原小学校(武冨誠校長)の知念綾野教諭は6月、NIE(教育に新聞を)実践指定校の同校の校内研修として新聞を活用した道徳の授業を実施した。「優しい心」をテーマに、虫を捕まえようか、自然のままにしておいた方がいいか悩む少年の話を中心に、生き物の記事を活用して授業は展開した。2年5組の児童26人が生き物の大切さについて考えた。

 授業は道徳教材「ひみつのばしょ」を中心に進んだ。主人公のけんじは、セミ捕りに出掛けるがなかなか捕まえられない。たくさんのセミを虫かごに入れた少年と出会うが少年はセミが精いっぱい生きていることを理由に逃がすという。虫を捕まえたいけんじは、少年からカブトムシやクワガタがたくさんいる秘密の場所を教えられる。虫の様子を見ていたけんじは虫を持ち帰らないことを決意する。

 主人公・けんじが虫を捕りたい気持ち、捕らない気持ちの変化を考えるため、けんじの気持ちを表す「とる」「とらない」と書かれたカードが用意された。児童は最初のけんじの気持ちを問われると全員が「とる」カードを掲げる。帯グラフ「気もちメーター」も設置し、けんじの気持ちを見えるようにして考えた。



生き物の記事を見る高原小2年生たち=6月28日、沖縄市の同校
 少年が「セミを逃がす」と言ったときのけんじの気持ちを森田汰樹君(8)は「どうして逃がすの。俺も欲しいなー」と表現した。後半は児童が掲げる「とる」「とらない」カードの票が割れ、メーターも中間に位置した。

 動物の記事が多く貼られた大きな紙が出ると「チーターがいた」と中野莉愛さん(8)は食い入るように見つめた。まとめに知念教諭は、けがをしたクロツラヘラサギが学校近くの泡瀬干潟で保護され、元気になった記事を紹介した。遠藤楓花さん(7)は「かわいそうだと思った鳥が、助かって、すごいことだ」と話した。

 指導助言にあたった甲斐崇NIEアドバイザーは「いかに考えさせ、議論させるかが鍵だが、心の葛藤の見える化などの工夫があり、効果があった。意図を持った新聞活用もよかった」と講評した。


狙い
 身近な自然に親しみ、動植物に優しい心で接しようとする態度を養う。主人公の気持ちの変化を考え、身近な生き物の記事から、動植物を大切にする気持ちを高める。



進め方
1.「ひみつのばしょ」を読んで話し合う
 道徳教材「ひみつのばしょ」(文溪堂)を読み進めながら、主人公・けんじの気持ちの変化を考える。場面のロールプレイも入れる。

2.生き物の記事紹介とワークシート
 身の回りにいろいろな生き物がいることを知り、今後自分が生き物とどのように関わるかを記入する。

3.記事を使ったまとめ
 近隣で救出され元気になったクロツラヘラサギの記事から、身近なところで生き物に優しくしたことが起きていることを知る。


けんじの気持ちの変化を時系列で示すなど工夫した板書
実践者の一言
 新聞をめくるとたくさんの動物や自然の記事、写真があることを子どもたちに見せてあげたかった。写真を中心にキラキラした印象があった。生き物を逃がすのか、最後まで覚悟して飼うのか、考える気持ちが大事だ。子どもたちはまだ言葉数が少ないので、切り返しの発問を意識して、考えを深めるように導いた。最後の記事は学校の近くで鳥を保護した話題を使用した。自分たちに近い問題として意識してほしかった。
学習指導案

指導案(クリックで拡大・ダウンロード)PDFファイル428KB
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-540433.html

http://archive.is/fLAAV

posted by BNJ at 22:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリが三原市久井に飛来【中国新聞アルファ2017年7月23日】

 国の特別天然記念物コウノトリとみられる鳥1羽が22日、三原市久井町に飛来した。
(ここまで 40文字/記事全文 269文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=359578&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/8UNZ7
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

view 優雅な舞い 日常に 佐渡島、自然繁殖のトキが半数超【産経フォト2017年7月23日】

水田の上を飛翔する4歳メスのトキ。佐渡ではこんな風景が日常的になりつつある=8日、新潟県佐渡市(大山文兄撮影)
舞い降りるトキの幼鳥。黄色い顔と灰色の全身で見分けることができる =6日、新潟県佐渡市(大山文兄撮影)
 緑が鮮やかな田んぼの上を舞う、国の特別天然記念物トキ。佐渡島(新潟県佐渡市)ではこんな風景が復活しつつある。

 環境省によると、現在佐渡島に生息するトキの数は約280羽。今期は平成20年の放鳥開始以降最多となる77羽(昨年は39羽)が巣立った。自然繁殖のトキは、生息数の半数を初めて超え、150羽前後になったとみられている。

水田の上空を舞う、トキの幼鳥。体格は成鳥と変わらぬほど成長し、シルエットでは見分けがつかない =9日午前、新潟県佐渡市 (大山文兄撮影)
 今春は繁殖の障害になる強風が吹き荒れることが少なく、巣の落下もわずかしかなかった。そして世代交代が着実に進み、失敗を繰り返しながらも繁殖能力が高まったことなどから、巣立ち数の大幅増加に結びついたと考えられている。

背丈ほどに成長した稲の隙間から顔を出すトキの幼鳥。トンボも姿をあらわした =5日午前、新潟県佐渡市 (大山文兄撮影)
 トキの生態に詳しい新潟大学の永田尚志教授は「77羽はあくまでも巣立ちの数。数よりも率が重要だ」と話す。

 自然界でトキが1年間に死ぬ割合は放鳥個体を含めると約3割。現在の生息数では年間約80羽が死ぬことになる。環境省は平成32(2020)年までに、野生下で1年以上生存した個体が220羽、島内で定着することを目指している。しかし今後も今年と同数程度が巣立っていかないと、年間約40羽の放鳥を続けていかなければならないという。

 環境省佐渡自然保護官事務所の若松徹首席自然保護官は「今後はトキの増加でどのような社会環境の変化が起こるのかなども注視していきたい」としている。
(写真報道局 大山文兄)
http://www.sankei.com/photo/story/news/170723/sty1707230002-n1.html

http://archive.is/lsvBx
巣立ち過去最多の77羽 2年連続上昇 野生下トキ繁殖期終了【新潟日報モア2017年7月20日】
タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛び回り窓開けろと催促、室内に巣作ったツバメ【読売新聞2017年7月23日】

親ツバメに餌をねだるひなたち
エアコンの上にできたツバメの巣を示す深谷さん(横須賀市安浦町で)

 神奈川県横須賀市安浦町でクリーニング店を営む深谷進さん(75)の自宅内にツバメが巣を作り、3羽のひながすくすくと育っている。

 深谷さんも早朝から日暮れまで窓を開け、餌を運ぶ親ツバメの子育てに協力している。

 深谷さん方では5年前から毎年、1階の店内にツバメが巣を作っており、今年も3月末にやってきた。6月末に一度、3羽が巣立った後、親ツバメはさらに2階居間のエアコン上に新しい巣を完成させた。

 親ツバメは夜間、店内の古い巣で休む。朝5時頃になると室内の階段を通って3階の深谷さんの寝室まで上がり、飛び回って2階の窓を開けるよう催促するという。

 雨が降っていても窓を開け、ツバメを眺めながら朝食も取るという深谷さん。「かわいくて家族同然」と目を細め、巣立ちの日を楽しみにしている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170723-OYT1T50023.html

http://archive.is/0BhnF
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神奈川】ヒヨドリの子育て ほほえましく 横浜市の大橋さん、自宅の庭で撮影【東京新聞2017年7月23日】

セミをひなに与えるヒヨドリの親(右)=横浜市青葉区で(大橋新さん提供)

 横浜市青葉区の無職大橋新(あらた)さん(73)が今月14日、ヒヨドリの親がひなにセミを与えている様子を写真に収めた。「自宅の庭のヤマモモの木で見かけた自然の営み。まだセミの声を聞く前に、餌になっていて驚いた」と話している。
 大橋さんは40年ほど前から、野鳥の撮影を続けている。14日昼ごろ、自宅で聞こえた「チーチー」という鳴き声をたどり、ヒヨドリのひなを見つけた。望遠レンズを向け、親鳥がニイニイゼミと見られるセミをひなに食べさせるシーンを捉えた。
 ヒヨドリのひなは巣から出てもしばらくの間は飛べず、親に餌をもらって過ごす。大橋さんは「ひなが黄色いくちばしを大きく広げている姿がかわいらしかった」と振り返った。 (梅野光春)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201707/CK2017072302000126.html

http://archive.is/ib2LP
タグ:ヒヨドリ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする