2019年08月01日

「何とかしたい」コウノトリが狩猟用のわなに足を挟まれる【関西テレビ放送2019年7月27日】

7月6日に巣立ったばかりのオスのコウノトリ
兵庫県豊岡市で、国の特別天然記念物に指定されているコウノトリが、狩猟用のわなに足を挟まれているのが見つかりました。

巣の上で羽をばたつかせるコウノトリ。

足に挟まったわなが巣に引っ掛かりもがいているように見えます。

24日、豊岡市の戸島湿地で、狩猟用のわなに左足を挟まれた状態のコウノトリが見つかりました。

7月6日に巣立ったばかりのオスのコウノトリで、発見されて以降は、何も食べていないということです。

【NPOコウノトリ湿地ネット佐竹節夫代表】
「わなにひっかかるというのは初めてですね。ちょっとびっくりしました。捕まえられるように何とかしたい」

兵庫県と豊岡市は、コウノトリが衰弱する前にエサでおびき寄せて捕獲し、わなを取り外す方針です。

このわなは、法律で原則、使用が禁止されている「トラバサミ」とみられ、警察も調べを進めています。
https://www.ktv.jp/news/articles/0c23d8fa7d284847baf67a8dfb362fbf.html

狩猟わなでコウノトリの幼鳥負傷 兵庫・豊岡、県警捜査【共同通信2019年7月31日】
狩猟用のわなを足に絡ませた状態で帰巣したコウノトリ=7月24日、兵庫県豊岡市(同市提供)
 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は31日、国の特別天然記念物コウノトリの幼鳥1羽が、狩猟用のわなに左足を挟まれ、指の一部が壊死したと発表した。豊岡北署は鳥獣保護法違反の疑いがあるとみて調べる。

 同公園によると、24日、豊岡市の戸島湿地にある人工巣塔で「トラバサミ」と呼ばれるわなを足に絡ませた状態で帰巣した雄の幼鳥を発見。捕獲に向けた餌付けや観察を続けていたところ、30日に指の一部が壊死により脱落したことを確認した。わなは指とともに外れたという。

 トラバサミの使用は法律で原則禁止されている。
https://this.kiji.is/529266987508008033?c=39546741839462401

天然記念物コウノトリに「トラバサミ」 原則使用禁止、兵庫県警「事実関係を確認」【毎日新聞2019年8月1日】
左足に狩猟のわな「トラバサミ」が挟まっていた当時のコウノトリ=兵庫県豊岡市城崎町今津で、同市提供
 兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)などは31日、国の天然記念物・コウノトリの幼鳥が、原則使用が禁止されているわな「トラバサミ」(直径10センチ)に足を挟まれたと発表した。自力で脱出したが、足の指1本が壊死(えし)して脱落した。県警豊岡北署は「捜査を視野に事実関係を確認する」としている。

 負傷したのは「ハチゴロウの戸島湿地」(同市)にある人工営巣で4月に生まれた雄の幼鳥。巣立った直後の7月24日、湿地内にある巣にトラバサミに挟まれた状態で戻ってきたのを、市民団体のメンバーが見つけた。

 捕獲が難しいため経過観察していたが、同30日にトラバサミが外れた状態で歩いているのを公園職員が発見。左足の指4本のうち1本が欠けているのを写真で確認した。湿地内には壊死した指が付いたトラバサミが落ちていた。

 トラバサミが仕掛けられた場所などは不明。公園の担当者は「健康状態に問題はなさそうだが、今後、治療のため捕獲する」と話している。【村瀬達男】
https://mainichi.jp/articles/20190731/k00/00m/040/261000c

狩猟わなでコウノトリ負傷 兵庫・豊岡、県警捜査【産経ニュース2019年8月1日】
狩猟用のわなを足に絡ませた状態で帰巣したコウノトリ=7月24日、兵庫県豊岡市(同市提供)

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は31日、国の特別天然記念物コウノトリの幼鳥1羽が、狩猟用のわなに左足を挟まれ、指の一部が壊死したと発表した。兵庫県警豊岡北署は鳥獣保護法違反の疑いがあるとみて調べる。

 同公園によると、24日、豊岡市の戸島湿地にある人工巣塔で「トラバサミ」と呼ばれるわなを足に絡ませた状態で帰巣した雄の幼鳥を発見。捕獲に向けた餌付けや観察を続けていたところ、30日に指の一部が壊死により脱落したことを確認した。わなは指とともに外れたという。

 トラバサミの使用は法律で原則禁止されている。負傷した幼鳥は、飛んだり歩いたりできるが、同公園は早急に捕獲し治療する方針。

 同公園の担当者は「わなは違法に設置された可能性がある。コウノトリの安全を守るため絶対にやめてほしい」と訴えている。
https://www.sankei.com/life/news/190801/lif1908010016-n1.html

http://archive.fo/AExFJ
http://archive.fo/2N8lW
http://archive.fo/ppBVk
http://archive.fo/ttGkG

posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

「シギの恩返し米」東京で好評 五輪選手村の食材採用へ一歩【佐賀新聞LiVE2019年7月28日】

秀島市長を表敬訪問したシギの恩返し米プロジェクト推進協議会の吉村会長(左)=佐賀市役所

 環境保全・循環型農業の実証実験を行う「シギの恩返し米プロジェクト推進協議会」の吉村信行会長ら6人が26日、秀島敏行佐賀市長を訪問した。国の農業生産管理の基準に準拠した「佐賀県GAP」を取得し、東京五輪・パラリンピック選手村の食材採用に一歩近づいたことを報告した。東京での販促活動も好調で、ラムサール条約湿地にふさわしいブランド米になるよう取り組む現状を紹介した。

 プロジェクトは、佐賀市東与賀町での減農薬、減化学肥料の特別栽培米「夢しずく」を基に、地元農家、佐賀大学、JA、県、市が共同研究を進めている。協議会メンバーの内田武士さん(66)は、県GAPの認証を6月18日に受けたことを報告した。県内初取得となり、今後、五輪の食材取扱業者と県を通じて接触する方針を示した。

 販促活動は、百貨店「銀座三越店」「町田小田急店」にある米小売店「米屋彦太郎」で7月6、7日に行い、1キロ980円と高級米として扱われ、計100キロ売れた。内田さんは「『粘りがあっておいしいのに後味がさっぱりしている』と舌の肥えた常連客に評価してもらえた。大きな力になる」と手応えを語った。

 秀島市長は「シギなどの渡り鳥が田んぼに飛来し、地域環境に役立つワイズユース(賢明な利用)の取り組み。大変だろうが頑張って」と激励した。市の下水道由来肥料の使い勝手をよくすることなどについて意見交換した。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/406196

http://archive.fo/2MDvm
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

風力発電事業で知事意見を経産相に提出【佐賀新聞LiVE2019年7月29日】

 九州電力の子会社「九電みらいエナジー」(本社・福岡市)が唐津市湊町から鎮西町の区域に風力発電8基を設置する計画を巡り、佐賀県は22日、同社が1月に提出した計画段階の環境影響評価準備書に対する知事意見を経済産業相宛てに提出した。知事意見では、基準を超える騒音防止などの環境保全措置を求めた。

 計画は「唐津・鎮西ウィンドファーム(仮称)事業」で、知事意見では全体項目で、保安林の伐採などを最小限に抑えることを求めた。また、事業区域の1地点で基準値を超える騒音が予測されるとして、防音材や振動防止材の取り付けなどの検討も要望した。

 さらに、事業実施区域やその周辺では希少種のサシバの営巣活動が行われる点に触れ、影響が確認された場合に追加的な措置を講じることを求めた。

 県は2月と7月に、学識者や自然保護団体関係者らでつくる県環境影響評価審査会を開き、準備書に対する知事意見を審議していた。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/404405

http://archive.fo/Ky6ky
posted by BNJ at 23:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

ちばの現場から・2019参院選/6 第二湾岸道路計画 三番瀬環境守れるか 交通量見通しにも地元疑念 /千葉【毎日新聞2019年7月19日】(既報関連ソースあり)

第二湾岸道路の建設予定地だった浦安市入船の県有地。突き当たりは海で、埋め立てられる予定だった三番瀬が広がる
 2月上旬、「三番瀬を守る連絡会」や「県野鳥の会」など環境保護7団体の計28人が東京・永田町の衆院議員会館を訪れた。国土交通省と交渉し、東京と千葉の湾岸部をつなぐ「第二東京湾岸道路(第二湾岸)」建設計画の中止を求めるためだ。

 「三番瀬を通る道路計画はやめてほしい」。団体側は道路局の担当者に、水鳥の写真などを見せながら、東京湾の貴重な自然環境が残されている三番瀬の保全を求めた。担当者は「三番瀬を潰して建設しようと考えているわけではない」と釈明したが、「道路建設は検討しなければいけない」と要望を退けた。

 国交省は3月に「千葉県湾岸地区道路検討会」を設置。国と県、千葉市、東日本高速道路(NEXCO東日本)による第二湾岸のルート案など具体化に向けた話し合いが始まった。その2カ月前、森田健作知事が石井啓一国交相に「湾岸地域の渋滞解消に向けた新たな道路ネットワーク整備」を要望し、国交相がその場で検討会設置を明言。2001年から18年間、棚上げ状態だった第二湾岸の建設計画が再び動き出した。

 県は01年に第二湾岸建設予定地の三番瀬埋め立て計画が撤回された後も、建設自体については推進の立場を崩していない。建設計画を再度進める契機となったのが、昨年6月の東京外郭環状道路(外環道)の県内区間の開通だ。湾岸部と北関東エリアを直接つなぐ南北の動脈が整備され、開通後の東京湾岸道路の交通量は増加傾向にある。県道路計画課の担当者は「湾岸部の渋滞解消という機運を高めたい」と話す。森田知事も6月議会の答弁で「湾岸部の渋滞を解消し、本県のポテンシャルを十分に発揮する上で重要」と第二湾岸の必要性を強調した。

 だが、地元からは建設に慎重な声が上がる。船橋市の松戸徹市長は国交相の検討会設置発言について「寝耳に水だった」と明かし、「湾岸漁業や自然環境は街にとって高い価値があり、アイデンティティーになっている」と国や県をけん制。三番瀬に面する船橋、市川、浦安3市は「十分な説明を聞いていない」として国や県に説明と意見交換の場を求めている。

 三番瀬の保全については、06年に県が策定した「三番瀬再生計画」があり、国交省は「再生計画との整合性をとる」とする。だが、国交省千葉国道事務所の坂井康一所長は取材に「(整合性を)どう判断するかは難しい」と言葉を濁した。

 将来の交通見通しについても説明不足が指摘される。国交省は物流施設の新規立地や千葉港の機能強化による物流の活発化で今後も渋滞は継続するとしている。これに対し、浦安市の内田悦嗣市長は、湾岸道路で実施中の立体化や交差点改良などの渋滞対策工事に触れ、「まだ湾岸道路も最終形に至っていない。そこも合わせて丁寧に説明してもらわないと」と注文を付ける。

 地元で疑念が広がる中、検討が再スタートした第二湾岸。三番瀬を守る連絡会の中山敏則代表世話人(70)は「国や自治体の財政は危機的状況にあり、道路交通量は減少傾向にある。将来は人口も減り続ける。それなのに大規模道路計画を推し進める必要はあるのだろうか」と訴える。【小林多美子、町野幸】

 ■ことば

第二東京湾岸道路
 東京都大田区から市原市まで約50キロをつなぐ幹線道路として、東京湾岸道路(神奈川県横須賀市−富津市)より海側に構想された。1994年、国交省の地域高規格道路の候補路線に指定された。市川、船橋両市の三番瀬の埋め立て予定地(計101ヘクタール)を通る想定だったが、埋め立て計画の白紙撤回を公約に掲げた堂本暁子前知事が2001年に初当選し、同年に撤回された。このため、第二湾岸の建設計画も中断した。
https://mainichi.jp/articles/20190719/ddl/k12/010/096000c

http://archive.fo/fFQ8e

20年前より交通量減でも「第二東京湾岸」計画再始動の裏側【日刊ゲンダイ2019年2月7日】
東京大改造 第二東京湾岸道が18年ぶり再始動、ルートに火種も【日経xTECH2019年1月30日】
第二東京湾岸道路、18年ぶり計画再始動 地元では驚き【朝日新聞デジタル2019年1月18日】
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県、国の予算編成に提案 防災支援強化、企業税制優遇拡充【神戸新聞NEXT2019年7月19日】

 兵庫県は、国の2020年度の予算編成に対して、18年台風21号被害などを受けた防災・減災対策への支援継続・強化、東京一極集中の是正、地域経済活性化のための対応を求める。参院選後、県関係の国会議員に説明し、各省庁への働き掛けを本格化させる。(西井由比子)

 台風21号襲来時に高潮に見舞われた神戸・阪神間で、護岸のかさ上げなどを進めるため、国の「防災・減災・国土強靱(きょうじん)化推進のための3か年緊急対策」(20年度まで)の事業期間の延長を求める。

 このほか、関西3空港の相互支援体制の構築による災害対応力の向上を要望。東京一極集中を是正し、事業所誘致を進めるための税制優遇の拡充、大阪・関西万博に合わせた観光インフラ整備などを提案する。

 税制優遇については、本社機能の県内移転だけでなく本社隣接の工場・研究開発施設設置にも拡充するよう求める。大阪・関西万博関連では、サテライト会場の兵庫県内への設置や、高速艇など海上交通の整備を挙げる。放置された企業保養所の活用をはじめ、瀬戸内海国立公園六甲地域(六甲山)の観光再活性化案も盛り込んだ。

 また、神戸ビーフをはじめ国内ブランド牛肉のもととなる但馬牛の産地として、和牛の精子や受精卵の国外流出対策の強化を要望。希少種のイヌワシ、クマタカが生息する環境への影響が問題となっている新温泉町の風力発電施設、大規模森林伐採が想定される姫路市の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)といった計画を念頭に、事業認定手続きの厳格化も求めている。

 このほか、兵庫県議選伊丹選挙区、播磨町議選で被選挙権に必要な住所要件を満たさない立候補があり、無効票が発生した経緯を受けて、立候補届け出に住民票の添付を義務づけるよう選挙制度の見直しも挙げている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012528216.shtml

http://archive.fo/n4AWv
posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする