2019年11月15日

<焦点IR>候補地周辺の自然考えよう 「沼辺の会」継続的に市民参加型学習会 「苫小牧は貴重な野生鳥獣多い」 23、24日にはウトナイ湖で観察会:北海道新聞 どうしん電子版

10月23日、市内河川の源流部などを学んだ沼辺の会の学習会
 苫小牧市の市民グループ「沼辺の会」が、ウトナイ湖など市内の自然環境を学ぶ活動に力を注いでいる。会は、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の苫小牧誘致が実現した場合、周辺の自然に影響が及ぶ可能性があることを問題視し、市民有志で4月に発足。市民参加型の学習会を継続的に開いており、23、24の両日にもウトナイ湖畔で自然観察会を開く計画だ。

 会は市内在住のフリーライター菊地綾子さん(55)と知人の計3人が呼び掛け人。ウトナイ湖やヒグマに詳しい専門家、学芸員らを講師に招き、誰でも自由に参加できる学習会が活動の中心だ。

 学習会は初回の4月以降、これまでに「ブックカフェ豆太」(市沼ノ端中央)などで7回行い、毎回十数人が参加。IR候補地付近を流れる河川の環境を学んだほか、今月4日には候補地から東へ数キロに位置するウトナイ湖畔を歩くフィールド学習を行い、約20人が生育する樹種や飛来する野鳥の種類を確認した。

残り:248文字/全文:653文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/364855/
http://archive.md/CQrhG

タグ:開発
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

IR環境アセス「3年程度」 道が見通し:北海道新聞 どうしん電子版

 道は12日の道議会決算特別委員会で、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)を巡り、道の優先候補地となっている苫小牧市内の敷地の環境影響評価(アセスメント)について「一般的には3年程度かかる」との見通しを示した。

 国はIRの開業を2020年代中盤と想定しており、環境アセスの手続きが建設計画に影響を及ぼす可能性もある。

 北海道結志会の赤根広介氏(登別市)への答弁。

残り:316文字/全文:502文字

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/364092/
http://archive.md/K3fbK
タグ:開発
posted by BNJ at 10:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

IR、自然環境の懸念続出 誘致求める声も 苫小牧で説明会:北海道新聞 どうしん電子版

発言を求める人が相次いだIRに関する苫小牧での道の地域説明会
 【苫小牧】道は23日、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)に関する道民向けの地域説明会を優先候補地の苫小牧市内で開いた。約200人の市民らが参加し、自然環境に対する影響への懸念からIR誘致に反対する意見が相次ぐ一方、少子高齢化対策や経済活性化の観点から誘致を求める声も複数上がった。

 槙信彦観光局長がIRの経済波及効果やギャンブル依存症対策を説明。質疑応答では、誘致に反対する男性が「候補地の現地調査は行ったのか。ギャンブルではなく、自然を楽しめる観光地にするべきだ」と指摘し、槙局長は「誘致を判断した場合は環境調査を行う。環境に影響があるような開発はできない」と答えた。

 一方、苫小牧市内で学習塾を経営する男性(46)は「子供たちの道外流出が続いている。IRは周辺の産業が拡大するチャンスで、苫小牧の誘致を実現してほしい」と訴えた。

残り:125文字/全文:497文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/357397/
http://archive.fo/CXnll
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

カジノ反対 多彩な視点 夢洲防災や環境問題 市民集会 - 大阪日日新聞

 大阪へのカジノ誘致に反対する市民集会とパレード「カジノあかん!夢洲(ゆめしま)あぶない!」(実行委主催)が22日、大阪市中央区の府立労働センター(エルおおさか)で開催され、市民ら約800人が参加した。神戸大名誉教授の田結庄(たいのしょう)良昭氏が、2025年大阪・関西万博の開催地に決まり、大阪府・市がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進める大阪湾の人工島・夢洲の危険性について講演した。


会場で「カジノあかん」のビラを掲げる参加者=22日、大阪市中央区のエルおおさか
 田結庄氏は夢洲に対する津波の想定について「大阪市は津波の高さ5・1メートル、地盤は9・1メートルで4メートルの余裕があるとするが、護岸は6・5メートルで余裕は1・4メートルしかなく、液状化で3メートル沈下する。(津波は)護岸を軽く超え、時速60キロくらいで100キロメートル幅が押し寄せる」として護岸沈下を考慮すべきだと指摘。

 液状化についても、同市の「夢洲の盛り土は粘性土が多く、液状化しない」という説明に対し、粘土からレキまで幅広い粒子からなる神戸市のポートアイランドの液状化を例示。「液状化するとインフラが壊れるので、何カ月間も入ることも出ることもできない」と警鐘を鳴らすとともに、重さで沈下する圧密沈下や周期数秒の長周期地震動、津波火災などへの対策の必要性も説いた。

 また、各市民団体の代表者らがギャンブル依存症の問題に加え、絶滅危惧種の鳥「コアジサシ」の生息地や物流拠点としての夢洲の重要性、夢洲の環境アセスなどについて問題提起。集会後は、参加した市民らが同市北区の扇町公園までパレードを行い、カジノ反対を訴えた。
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/191023/20191023026.html
http://archive.fo/r0vBx
タグ:コアジサシ
posted by BNJ at 22:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

滋賀)冬の使者コハクチョウ1羽琵琶湖へ 今季初の飛来:朝日新聞デジタル

今シーズン、琵琶湖に初飛来したコハクチョウ=2019年10月14日午前9時28分、滋賀県長浜市湖北町沖、湖北野鳥センター提供

 冬の使者・コハクチョウ1羽が14日、琵琶湖に今シーズン初飛来した。湖北野鳥センター(滋賀県長浜市湖北町今西)が発表した。センター南約1キロの湖上でカモ類と一緒に餌をとっているのを野鳥観察していた一般の人が確認した。初飛来は昨年と同じ日で、例年並みという。

 コハクチョウはロシアの北極圏で繁殖し、越冬のため日本に渡ってくる。琵琶湖には3月中旬まで滞在し、厳冬期は最大600羽ほどが見られるという。(松浦和夫)
https://www.asahi.com/articles/ASMBG4TCNMBGPTJB001.html
http://archive.fo/pJEjA

コハクチョウ、湖北に飛来 今季初の確認:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)
初飛来した白いコハクチョウ=湖北野鳥センター提供、長浜市湖北町の山崎歩さん撮影

 長浜市湖北町今西の琵琶湖沖で、冬の渡り鳥として知られるコハクチョウの成鳥一羽が十四日、今季初めて飛来した。近くの湖北野鳥センターが確認した。同所への飛来時期は昨年と同じ日で、例年並み。

 センターによると、十四日午前八時十五分ごろ、野鳥観察をしていた米原市の男性が発見した。カモ類と一緒に餌をとる姿などが見られたという。

 飛来のピークは来年一〜二月ごろで、琵琶湖には三月中旬まで滞在。厳冬期には琵琶湖全体で最大六百羽前後が確認でき、長浜市全域では四百羽ほどが見られるという。

 (相馬敬)
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20191016/CK2019101602000011.html
https://megalodon.jp/2019-1016-1026-50/https://www.chunichi.co.jp:443/article/shiga/20191016/CK2019101602000011.html

湖上、舞い降り コハクチョウ初渡来 長浜 /滋賀 - 毎日新聞
琵琶湖上を舞う今季初めて渡来したコハクチョウ=湖北野鳥センター提供
 冬の渡り鳥、コハクチョウが14日、長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター近くの琵琶湖に今季初めて渡来した。初渡来日は昨年と同日。

 午前8時15分ごろ、野鳥愛好家が湖上でヒドリガモなどと一緒に餌の水草を食べている成鳥1羽を発見。センターの職員によると、コハクチョウは台風19号からの天候回復を待って渡来したとみられ、長旅の疲れを癒やすかのように湖上で羽を休めているという。


琵琶湖で羽を休めるコハクチョウ=湖北野鳥センター提供
 コハクチョウは体長約1・2メートル、翼を広げると約2メートルにもなるカモ科の水鳥で、ロシアの北極海沿岸部で繁殖する。琵琶湖には越冬のため毎年、数百羽が渡来し、翌年3月中旬ごろまで過ごす。【若本和夫】
https://mainichi.jp/articles/20191016/ddl/k25/040/410000c
http://archive.fo/5aSPG

琵琶湖に冬の使者 コハクチョウが今季初飛来 | 京都新聞
今年も琵琶湖に飛来したコハクチョウ(滋賀県長浜市湖北町今西)
 琵琶湖の冬の使者、コハクチョウがこのほど、滋賀県長浜市湖北町今西の湖北野鳥センター沖に今季初飛来した。同センターによると、飛来は昨年と同時期で、カモ類と混じり、元気よく水草をついばんでいる。
 コハクチョウは体長120センチ、翼を広げると200センチになるカモ科の大型水鳥で、ロシア北方のシベリアで繁殖し、越冬のため北日本を中心に渡来する。
 琵琶湖には冬の深まりとともに600羽ほどやって来る見込みで、来年3月中旬まで滞在しその後、シベリア方面へ帰るという。
https://this.kiji.is/558424750299808865?c=39546741839462401
http://archive.fo/WOEnS
posted by BNJ at 10:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする