2019年06月17日

渡良瀬遊水地 またがる4県6市町、生態系維持で連携を 市民団体提言、首長ら招き29日シンポ /栃木【毎日新聞2019年6月17日】

 渡良瀬遊水地の保全と啓発に取り組む市民団体「ラムサール湿地ネットわたらせ」(小山市、7団体)が今月、生態系を維持し活用するための提言をまとめた。29日には、遊水地がまたがる小山市や茨城県古河市など4県の4市2町の首長らを招いてシンポジウムを開き、6市町の連携強化を訴える。【林田七恵】

 足尾銅山の鉱害対策でできた遊水地は、小山・栃木・野木の県内3市町と茨城県古河市、埼玉県加須市、群馬県板倉町に掛かる。ヨシ原が広がる豊かな自然が認められ、2012年にラムサール条約湿地に登録された。しかし同ネットによると、近年、セイタカアワダチソウなどの外来種が増えているほか、ごみのポイ捨てや、害虫を駆除するヨシ焼きの担い手不足などの課題があるという。

 同ネットの浅野正富事務局長は「関係する各市町で担当部署があっても、全体について問い合わせできる窓口がない。セイタカアワダチソウやイノシシの駆除も全域で連携しないと効果が薄い」と4県6市町の「縦割り」も指摘する。

 そこで同ネットでは行政に改善を促そうと、昨年1月から6市町で環境保護に取り組む市民らを集めてフォーラムを開き、参加した延べ約400人の意見を今月、15項目の提言にまとめた。

 提言では「現在の4市2町の遊水地に関わる計画はそれぞれ、遊水地を観光資源として位置づけ、誘客を主とした地域振興に重きが置かれている。生態系の維持や遊水地の恵みの次世代への承継を主眼としているかは疑問がある」と指摘。6市町が、生態系の維持を主軸に、共通した基本計画を打ち出し一体となって保全と活用に取り組むよう求めた。

 具体的な取り組み案としては、6市町で一部事務組合などの体制を整備し、協力して保全やヨシ焼きの担い手の育成、周辺の歴史や環境に関する啓発などを進める▽周辺で埋もれている近現代の史料や伝承を掘り起こし、次世代に継承する▽トイレや休憩所を設ける▽公共交通機関やレンタサイクルの利便性を官民で向上させる−−などを挙げている。

 29日のシンポは午後1時〜4時半、栃木市藤岡文化会館(同市藤岡町藤岡)で開催。提言内容を説明し、関係する6市町の首長らと意見交換する。無料。問い合わせは同ネット(0285・25・6577)。
https://mainichi.jp/articles/20190617/ddl/k09/040/114000c

http://archive.fo/jTrBS

posted by BNJ at 22:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ハクチョウ飛来地・クッチャロ湖畔でもち米「はくちょうもち」栽培 浜頓別の小学生挑戦「食べてみたい」【北海道新聞2019年6月17日】

「はくちょうもち」の苗を植える「ジュニアガイドアカデミー」の浜頓別小生と千田さん(右)
 【浜頓別】「日本最北の米どころ」の遠別町より北に位置し、コハクチョウの飛来地として知られるクッチャロ湖畔で、町主催のジュニアガイドアカデミーで学ぶ小学生が、もち米「はくちょうもち」の栽培に挑戦している。年平均の気温が6度前後の冷涼な町内では稲作は行われていないが、水や土を入れた水槽を水鳥観察館近くに設置して丁寧に育て、実りの秋を待つ。

 きっかけは水鳥観察館が今春、遠別町の農業南部政治さん(84)から「はくちょうもち」の種もみをもらったこと。南部さんはこれまでも、くず米などを同観察館に提供していたが、今年は種もみだったため、同館職員の千田幹太さん(27)が水につけたところ芽が出た。千田さんは岩手県花巻市の稲作農家出身で、コハクチョウの飛来地で「はくちょうもち」を育てたら面白いと思い立った。

 栽培はジュニアガイドアカデミーのプログラムとして行う。千田さんはインターネットなどで育成法を調べ、館内で5〜6センチほどの苗200株を育てた。さらに同館近くに、水と土を入れて田んぼに見立てた水槽(縦約90センチ、横約180センチ、深さ約50センチ)を2個設置し、今月9日、同アカデミー生10人と豊富町の「なまらサロベツクラブ」の小学生15人が参加して田植えを行った。

残り:294文字/全文:827文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/314974

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

【千葉】新「行徳野鳥観察舎」 来年度に開館見込み【東京新聞2019年6月7日】(既報関連ソースあり)

新「行徳野鳥観察舎」の外観イメージ図

 市川市は、昨年春に廃止された行徳野鳥観察舎(同市福栄)の再整備に向けた概要をまとめた。地元の市民団体が「再開」を要望しており、新施設は二〇二〇年度に開館する予定だ。

 一帯には行徳鳥獣保護区と宮内庁新浜鴨場を合わせた行徳近郊緑地が広がり、同観察舎は一九七九年、県と国の土地に建てられた県有施設だったが、耐震診断などを受けて廃止された。

 市が建設する新施設は木造二階建てで、延べ床面積約四百平方メートル。一階に野鳥などの観察スペースと管理事務所、カフェスペース、二階に観察スペースと多目的スペースなどを設ける。

 緑地帯に位置することなどから、「緑地の無限の可能性をデザインの基本」とし、曲線を取り入れた建物となる。工事費は約二億円で、今年九月の着工を予定している。新施設の名称は未定という。 (保母哲)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201906/CK2019060702000159.html

http://archive.is/C5mb6

新行徳野鳥観察舎 設計案に疑問の声 利用団体など「学習、観察しにくい」 /千葉【毎日新聞2019年5月11日】
市川市 19年度当初予算案 一般会計、過去最高1578億円 /千葉【毎日新聞2019年2月10日】
県行徳野鳥観察舎 解体へ 耐震強度不足 市川市、新たに建設 /千葉【毎日新聞2018年11月2日】
野鳥観察舎、感謝の別れ…愛好家ら400人【読売新聞2018年9月30日】
野鳥観察舎を建替え 9月補正予算に設計費計上(市川市)【日本建設新聞2018年9月20日】
県行徳野鳥観察舎 「県と共同設置」 市川市長が意向 /千葉【毎日新聞2018年6月19日】
県行徳野鳥観察舎 存続を 環境保護7団体、市川市に要望書 /千葉【毎日新聞2018年5月25日】
旧陸軍赤レンガ建物 市川市が取得断念 費用負担が多額に /千葉【毎日新聞2017年1月12日】
2016・記者ノート 地域の歴史を守る意味 /千葉【毎日新聞2016年12月25日】
県行徳野鳥観察舎 廃止の方向で検討【読売新聞2016年7月23日】
千葉)行徳野鳥観察舎「存続適当でない」 県行革審【朝日新聞デジタル2016年5月21日】
行徳野鳥観察舎存続を 千葉県野鳥の会、署名提出【千葉日報オンライン2016年4月14日】
行徳鳥獣保護区 フィールドミュージアム研究会 市川で5日、設立シンポ 江戸前干潟の活用検討 /千葉【毎日新聞2016年3月2日】
水辺の自然観察拠点、存続か廃止か 千葉の休館施設巡り【朝日新聞デジタル2016年2月28日】
野鳥観察の拠点、危機 千葉・行徳野鳥観察舎【朝日新聞デジタル2016年2月23日】
【千葉】「野鳥観察舎」は存続、「赤レンガ」は保存を 市川市長が知事に要望【東京新聞2016年2月4日】
行徳野鳥観察舎廃止が大勢 県行政改革審議会【産経ニュース2016年1月20日】
【千葉】「観察舎」存続へ署名計6411筆提出 県行革審の審議前に【東京新聞2016年1月19日】
【千葉】日本野鳥の会など知事に要望書提出 行徳の観察舎存続求め【東京新聞2016年1月15日】
【千葉】赤レンガの「保存」 野鳥観察舎「存続」 市川市長、県に要望へ【東京新聞2016年1月14日】
【千葉】県が廃止方針「行徳野鳥観察舎」 市民団体「自然守る拠点、存続を」【東京新聞2016年1月13日】
行徳野鳥観察舎 県が廃止検討 「自然守る拠点、必要」 最終日570人来館、存続願いイラストや寄せ書き /千葉【毎日新聞2016年1月8日】
野鳥観察舎 存続求め署名【YOMIURI ONLINE2015年12月27日】
行徳野鳥観察舎 28日に休館 老朽化、耐震基準下回る 野外観察会や救護活動は継続 /千葉【毎日新聞2015年12月13日】
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

「カラスに告ぐ、餌食うべからず」警告読めずとも効果?【朝日新聞デジタル2019年6月1日】(既報関連ソースあり)

「餌ヲ食ウベカラズ」とカラスに警告する看板=2019年5月23日、富山市本丸

 烏(カラス)ニ告グ ココデ餌ヲ食ウベカラズ――。フンや威嚇などのカラスの被害を減らそうと、富山市がカラスに向けた警告を富山城址(じょうし)公園内に設置した。カラスは文字を理解できないが、専門家によるとカラスの追い払いに効果はあるのだという。

 富山市によると、警告の書かれた看板を見た観光客ら公園の利用者がカラスに視線を向けることで、追い払いに一定の効果が期待できるという。動物行動学が専門で、カラスの生態に詳しい東京大総合研究博物館特任准教授の松原始さんも「人が目を向けたり、指を指したりする行動は、カラスに何かしようとしている行動に映るため、嫌がる」と話す。

 ロ同市では、夕方になるとカラスが中心市街地に多く集まり、大量のフンと臭いをもたらす。市は、ねぐらとなる樹林を伐採したり箱わなで捕獲したりするなどの対策をしてきた。同市によると、同公園周辺のカラスは、ピーク時の約1万2千羽から約3千羽に減ったが、ここ数年は横ばいが続いている。

 同市は、2017年10月〜20年3月に計約7千万円をかけてカラスの捕獲・駆除を強化し、カラスの減少を目指している。「富山市カラス被害防止条例」も制定し、7月から施行する。条例ではカラスにエサを与え、糞害などをもたらすことを禁止し、勧告や命令を受けてもエサを与えた場合には最大5万円の罰金を科す罰則を設けた。富山城址公園内には、カラスへの警告のほかに「城下ニオイテ烏(カラス)為ルモノニ餌ヲ与エル事ヲ禁ズ」と書かれた「お触れ書き」も設置している。

 カラス対策にあの手この手と対策をとる富山市。松原さんは「カラスが餌を食べにきているのか。ねぐらにしているのか。集まる理由を明確にし、対策を立てることが大事」と話している。(田島知樹)
https://www.asahi.com/articles/ASM5P760BM5PPUZB00P.html

http://archive.is/O3Hd4
「カラスに告ぐ」御触書で撃退 富山城址公園【中日新聞2019年5月11日】
カラスに「侵入禁止」 富山市、城址公園に警告看板【北國新聞2019年4月2日】
「カラス侵入禁止」警告文、なぜか効果 東大の研究施設【朝日新聞デジタル2017年5月12日】
posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

IR誘致 野鳥の楽園不安 道の「優先候補」苫小牧【北海道新聞2019年5月22日】

 【苫小牧】カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)を巡り、専門家は、道が「優先候補地」とする苫小牧市内で誘致が進んだ場合の自然環境への影響を懸念している。開発工法によっては、候補地に近いラムサール条約登録湿地・ウトナイ湖の水位低下や野鳥の生息環境悪化を招く恐れがあるとして、十分な影響調査の必要性を指摘する。

 苫小牧市は昨年6月に「苫小牧国際リゾート構想」を公表した。候補地は苫小牧市北東部の植苗地区の森林地帯。市は面積を示していないが、地元経済界でつくる苫小牧統合型リゾート推進協議会はIRの敷地を883ヘクタールと想定する。広さは札幌ドーム160個分。IR以外に不動産開発大手・森トラスト系投資会社の滞在型リゾート計画もある。

 一帯は民有地で、誘致の際は市が取得し、IR事業者と交渉を進める方向だ。

 専門家は、候補地に複数の河川があり、数キロ東側のウトナイ湖の水源となっていることから、森林伐採などを伴うとみられる開発の影響を注視する。

残り:865文字/全文:1288文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/307451

http://archive.is/tGHOH
posted by BNJ at 10:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする