2019年01月25日

「同じ命、少しでも救いたい」 長後に寄付型ペットショップ【タウンニュース2019年1月25日】

オカメインコを指に乗せ、ショップをPRする高見さん
 障害や病気が原因で、店頭に並ぶことなく処分されてしまう動物たちがいる。県では昨年度、犬・猫の殺処分はゼロだったが、一部の小動物は殺処分されたり、肉食動物の餌になっている実態がある。そうした中、一つでも多くの命を助けようと、長後でペットショップを営む高見広海さん(38)が鳥や小動物専門の「寄付型ペットショップ」を開店させた。

 6坪ほどの小さな店内にはインコや亀、デグーなど10数匹がまだ見ぬ飼い主の訪れを待っていた。長後駅のほど近くにある小さなペットショップ。ここが今月上旬、高見さんがオープンさせた「ことりのおうち」(高倉641の5)だ。

 特徴は寄付を意味する「ドネーション」を採用していること。一般的なペットショップとは異なり、来店者が任意の金額を募金して動物を引き取る仕組みで、募金は店の運営資金に充てられる。こうした取り組みは全国的にも珍しいという。

 開店のきっかけは店頭に並ばない鳥や小動物が殺処分されている現実を知らない人が多いということを知って。障害やけが、病気、飼い主の事情。理由は様々だが、県生活衛生課によると昨年度県内の殺処分(犬猫以外)は57件あった。

 さらに高見さんによると商品にならない小鳥などは業者の判断で猛禽類などの餌として処分されるケースが多い。「悪いことではないけど同じ命。短い間でも名前を付けて、可愛がってあげてもらいたくて」と思いを語る。

賛否両論も

 高見さんの活動に共感した人たちからは保護した動物のためになればと、募金だけでなく餌やペットシーツなどが寄付されているという。しかし、一方でオープンにあたり、一部の業者からは非難の声が上がった。理由は寄付で譲渡することにより、正規価格で販売されている動物が売れなくなるというもの。またSNS上で「鳥が餌になっているなんて嘘だ」と批判されたこともあった。

 それでも高見さんは「事実を発信することが自分のやるべきこと」と、周囲からの反対を押し切って2カ月ほどで開店へこぎ着けた。現在は一人で運営管理を行い、殺処分される動物を減らそうと地道に活動を続けている。高見さんは「改めて生き物との向き合い方を考えてほしい。活動を通じて障害がある動物もいるのだと、知ってもらえたら」と話した。

 問い合わせは、同店高見さん【携帯電話】080・3428・8792へ。

長後駅すぐの店舗
https://www.townnews.co.jp/0601/2019/01/25/466928.html

http://archive.is/bRpZf

posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

小学校から動物消える 飼育は6校のみ、鳥インフルなど影響【秋田魁新報2018年12月29日】

秋田市内の小学校に残る動物小屋跡。今は物置として使われている
 秋田県内の小学校でウサギやニワトリなどを動物小屋で飼育する学校が減っている。かつて生活科などの授業の一環として多くの学校で飼っていたが、現在は199校のうち、飼育しているのは6校と全体の約3%にすぎない。鳥インフルエンザの影響や飼育の負担の回避が減少の要因。一方で、別の形で動物と触れ合う機会を設けたり、飼育を再開したりする学校もあり、動物を通じて命の大切さを学ぶ場を提供している。

 「昔はどこの学校でも、ウサギやニワトリを飼っていたんだけどね」。秋田市のある小学校の50代男性教頭はこう話す。

 この小学校には、玄関脇に2004年ごろまで使っていた高さ3メートル、広さ4畳半ほどの動物小屋が残る。今ではウサギやニワトリがいた面影はなく、物置小屋として使われている。児童たちは動物小屋だったことを知ると「本当に?」と驚いていた。

 秋田魁新報社が県内の小学校199校に取材したところ、動物小屋やケージでウサギなどを飼育しているのは6校のみ。動物小屋が残っているが、今は何も飼っていない小学校は22校あった。

(全文 1089 文字 / 残り 637 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20181229AK0008/

http://archive.li/k41ay
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

松本パルコで「カラフルインコ」展 鳥モチーフの多彩なアイテム展開【松本経済新聞2018年12月20日】

さまざまな鳥モチーフのアイテムが並ぶ

 鳥モチーフの雑貨の展示販売イベント「カラフルインコ」が現在、松本パルコ(松本市中央1、TEL 0263-38-2111)3階特設会場で開催されている。

 約70組が鳥をテーマに制作。バッグやマスキングテープなどの文具、マグカップや皿などの食器、ピアスやブローチなどのアクセサリーのほか、Tシャツ、ぬいぐるみ、タオル、バッグなど幅広いアイテムが並ぶ。時期に合わせて、クリスマスや年末年始のグッズも用意する。

 「RumiYumi」はオリジナルの布で制作したバッグを出品。普通のバッグとしても、小鳥の通院用にも使えるようなサイズにしている。ほかに、雑誌やポスターの主役をインコにしたものをプリントしたユニークなクリアフェイルや、足の甲の部分が鳥の顔になっている靴下なども。鳥専門店「BIRDMORE南青山店」は、おもちゃなどの鳥用品を用意する。

 ライター兼カメラマンとして鳥の本などを手掛ける「カラフルインコ」の横井千恵さんと、鳥グッズを制作するサークル「Feathertail」の尾上羽夢さんが共同主催。2人はこれまで、それぞれイベントを企画してきたが、今回は会場が広いこともあり、横井さんが尾上さんに協力を呼び掛けた。

 横井さんは2011年、飼っている鳥の本を自分で制作したことがきっかけで、全国各地の人とつながりが生まれたという。「犬や猫と比べると、鳥のグッズは少ない。なかなか自分が欲しいと思うものが見つからず、じゃあ作ろうという人も多い」と横井さん。鳥の魅力を「小さいけれど、人間と対等なところ。懐くけど基本的にはツンデレなところがかわいい」と話す。

 場所柄、高校生が寄っていったり、外国人観光客が和柄のグッズを購入したりすることが多いという。横井さんは「鳥を飼っている人や鳥が好きな人だけではなく、デザインで気に入って手に取る人もいる。手頃な価格のものもあるので、気軽にのぞきに来てもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は10時〜20時。入場無料。12月28日まで。22日〜24日は、まゆイヌさんがペットの似顔絵を描くワークショップを開く。
https://matsumoto.keizai.biz/headline/2758/

http://archive.is/KersP
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

鳥を飼育する施設で火事 インコ4000羽が犠牲 浜松市【静岡放送2018年12月17日】

 12月16日、浜松市北区で鳥を飼育する施設などで火事があり、建物と中で育てられていたインコ約4000羽が燃えたとみられています。
 12月16日午後3時半頃、浜松市北区引佐町で「建物が燃えている」と近くの人から消防に通報がありました。警察によりますと、火は鳥を育てる施設や物置小屋など少なくとも3棟を焼き、約2時間半後に消し止められました。
 「インコのような観賞用の鳥が4000羽いたと聞いている」(目撃した人)
 この火事で、物置小屋を所有する78歳の男性が頭などにやけどをして病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。出火当時、男性は現場近くで廃材などを燃やしていたということで、警察はこの火が建物に燃え移った可能性があるとみて調べを進めています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010007-sbsv-l22

http://archive.is/wzy2J
posted by BNJ at 22:32 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

三重 チャボがすみ着き人気者に 紀北の庭園観光施設【中日新聞2018年12月8日】

入り口近くの岩の上で来園者をお出迎えする「コッコちゃん」=紀北町便ノ山の「種まき権兵衛の里」で

 チャボの「コッコちゃん」がお出迎え−。紀北町便ノ山にある町営の庭園観光施設「種まき権兵衛の里」に、ニワトリの仲間の鳥がすみ着いた。民話の主人公の生誕地にちなみ、町が二十四年前に開園した。「♪権兵衛が種まきゃ カラスがほぜくる…」の俗謡で広く知られ、この黒い野鳥は、いわば施設の“象(しょう)チョウ”。パンフレットなどにも登場するが、チャボはカラスを押しのけ、人気急上昇中だ。

 短い脚で、お尻をふりふり−。コッコちゃんのちょっぴりユーモラスな歩き方が来園者に好評。「今日は、いますか」との問い合わせもあるという。

 施設を管理する植松登志典さん(51)が昨年八月中旬、出勤すると、駐車場につがいでいた。「飼育されていたものが捨てられたらしい」。野生動物の餌食になったのか、一週間ほどで一羽になり、雄だけが残された。

 その後、無料開放されている二万二千平方メートルと広い日本庭園内にやって来るようになり、すみ着いてしまった。近所の農家がえさに米を分けてくれ、植松さんもパンの残りを与えている。今春には小学生が「コッコちゃん」と名付けた。

木の上の定位置に隠れたチャボの「コッコちゃん」(円内)=紀北町便ノ山の「種まき権兵衛の里」で

 近づくと逃げるが、植松さんは「つつかれることもあるので、触ったりしないで」と注意を呼び掛ける。

 施設の開園時間は午前九時〜午後五時。そのうち半分ほどは、出入り口のカウンターで来園者を出迎えるようにじっとしたり、付近を“散策”したりしている。

 高さ約五メートルの木の枝に止まっていることも多い。ここに避難し、夜を過ごしているとみられる。すぐ近くには種まき権兵衛のからくり人形もある。民話に出てくる権兵衛は、畑にまいた種をカラスがついばんでも「♪三度に一度は追わねばなるまい…」と、野鳥に食べさせてあげた心優しい人。植松さんは「権兵衛さんの陰にかくれ、安心しているのでは」と話す。

 (酒井直樹)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20181208/CK2018120802000029.html

https://megalodon.jp/2018-1208-1052-23/www.chunichi.co.jp/article/mie/20181208/CK2018120802000029.html
タグ:チャボ
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする