2017年05月25日

志高湖で今年最初の白鳥のヒナ誕生【OBS大分放送2017年5月25日】

別府市の志高湖で今年初めて、かわいい3羽の白鳥のヒナが誕生しました。別府市の志高湖キャンプ場で場内の見回りをしていたスタッフが25日午前8時半頃、白鳥の巣でヒナ1羽が生まれているのを見つけました。その後、昼までに2羽が卵からかえり合わせて3羽が誕生しました。管理事務所では4月19日までの8日間に卵が5個産まれているのを確認。卵を獣から守るため、巣の周りに防護ネットを張り卵を温めるつがいを見守ってきました。親鳥がヒナを守るように抱える姿に訪れた人は思わず優しい表情になっていました。残り2個の卵もあすまでにはふ化すると見られていて管理事務所は生まれたヒナが無事に巣立つまで温かく見守っていく事にしています。
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=05250037588&day=20170525

http://archive.is/652Rz

コウノトリ 1羽、朝来でふ化確認 郷公園 /兵庫【毎日新聞2017年5月25日】

 県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は23日、朝来市山東町三保地区の拠点施設で、コウノトリ1羽のふ化が確認されたと発表した。

 郷公園によると、この施設でのふ化は5年連続。郷公園の職員が確認した。

 今回かえったのは、東京都多摩動物公園で4月下旬に産まれ、郷公園に移された後、5月19日に三保地区の拠点施設で飼育中のペアに託した卵2個のうち1個。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k28/040/462000c

http://archive.is/PejR9

ニホンライチョウ、上野動物園でも産卵【産経ニュース2017年5月25日】

産卵した、上野動物園で飼育する「ニホンライチョウ」の雌(同動物園提供)
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24日、上野動物園(台東区)で飼育する雌が卵1個を産卵したと発表した。同事業による産卵は、20日に産卵が確認された富山市ファミリーパークに次いで2カ所目。

 環境省などによると、上野動物園のつがいは、19日に同居を始めると交尾する姿が確認され、23日に産卵した。

 富山市ファミリーパークでは、24日までに計3個の産卵が確認されており、上野動物園の担当者も「しばらく様子を見守りたい」としている。

 同事業では平成27〜28年に北アルプスの乗鞍岳で、計22個の野生の卵を採集。上野動物園、富山市ファミリーパーク、大町山岳博物館(長野県)で孵化(ふか)させて、飼育している。
http://www.sankei.com/region/news/170525/rgn1705250073-n1.html

ライチョウ産卵…人工繁殖事業【読売新聞2017年5月25日】
ライチョウが産んだ卵
卵を産んだメスのライチョウ(いずれも東京動物園協会提供)
卵を産んだメスのライチョウ(いずれも東京動物園協会提供)
 環境省は24日、国の特別天然記念物で絶滅が心配されているニホンライチョウについて、上野動物園(台東区)で飼育していたメスが卵1個を産んだと発表した。同園での産卵は初めて。同省が進める人工繁殖事業では富山市でも今月、産卵が確認されており、卵は計4個となった。

 同園によると、昨年6月に孵化ふかしたオスとメス各1羽を今月19日から同じケージで飼育したところ、同日交尾が見られ、23日に卵1個が確認された。卵は1週間程度で孵卵器に入れる予定で、有精卵であれば早くて6月には孵化する見込み。同園は「繁殖に向け、着実な一歩を踏み出せた」としている。

 同省は人工繁殖技術を確立してニホンライチョウを保全するため、2015、16年に乗鞍岳(長野、岐阜県)で採卵し、孵化した14羽の飼育を3施設に委託している。同園では4羽、富山市ファミリーパーク(富山市)で7羽、大町山岳博物館(長野県大町市)で3羽を飼育している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20170525-OYTNT50114.html

http://archive.is/8uXSO
http://archive.is/2GcGD
ニホンライチョウ 懸命の求愛 大町山岳博物館【信濃毎日新聞2017年5月23日】
富山)人工飼育のニホンライチョウ、初産卵確認【朝日新聞デジタル2017年5月21日】

2017年05月24日

円山動物園一部獣舎に観察用カメラ 事故死防止へ24時間監視【どうしんウェブ2017年5月24日】(モモイロペリカン)

観察用のカメラが設置されるカンガルー館。獣舎の壁に据え付ける
 札幌市円山動物園は、オオカンガルーなど飼育動物の相次ぐ事故死を受け、今秋にも一部獣舎に24時間対応の観察用カメラを設置する。予兆を事前に把握して事故死を防ぐほか、万一事故が発生した場合には原因究明に役立てる。これまで動物の出産時などに臨時的に設置するカメラはあったが、常時稼働させるカメラの導入は初めて。

 円山動物園では1月、「カンガルー館」のオオカンガルーが金網に首を挟んで死んだ。1月と3月には「カバ・ライオン館」で飼育していたモモイロペリカンが各1羽死んだ。うち1羽の死因は筋肉の壊死(えし)で、獣舎の壁などに体をぶつけた可能性があるという。いずれの獣舎も昨年夏以降に新設、または改修を行った施設だった。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0403024.html

http://archive.is/HTCb9
円山動物園のモモイロペリカン「ペー」も死ぬ 「パー子」に続き【どうしんウェブ2017年3月28日】

野田市、来月17日にコウノトリの幼鳥1羽を放鳥【東京新聞2017年5月24日】

羽の先端が黒くなってきたコウノトリの幼鳥(野田市提供)

 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰を進める野田市は23日、今年4月に誕生した幼鳥1羽を、6月17日に放鳥すると発表した。今回の放鳥は、2015年度から3年間の計画で行ってきた試験放鳥の一環で行われ、衛星利用測位システム(GPS)発信機を取り付けて移動状況を追跡する。
 放鳥する幼鳥は雄で、埼玉県東松山市の県こども動物自然公園のコウノトリのつがいが産んだ卵を、野田市に運び、飼育施設「こうのとりの里」のつがいが温め、ふ化した。同施設の飼育員は「放鳥まで順調に育ってほしい」と話している。
 野田市で15年に放鳥した雄の翔(しょう)は高知県大月町、雌の未来(みき)は山形県酒田市にいる。昨年放鳥した、いずれも雄の、きずなは新潟市で、ひかるは静岡市で元気に過ごしている(19日現在)。
 野田市は地元での定着や関東圏での生息を実現するため、19年度までコウノトリの放鳥を続ける。 (飯田克志)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201705/CK2017052402000194.html

6月17日ひな放鳥へ 愛称も発表 野田市のコウノトリ【千葉日報ウェブ2017年5月24日】
試験放鳥される予定のコウノトリのひな=22日、野田市のこうのとりの里(同市提供)
 国の特別天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む野田市は23日、同市三ツ堀の飼育施設「こうのとりの里」で、今年生まれた雄のひな1羽を6月17日に試験放鳥すると発表した。巣立ち後間もない時期にケ ・・・

【残り 401文字、写真 1 枚】
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/410556

http://archive.is/dwD97
http://archive.is/sj1kX
千葉)野田のコウノトリ、ヒナの愛称募集【朝日新聞デジタル2017年4月25日】