2019年12月06日

人工繁殖1羽病死 ファミリーパークのニホンライチョウ|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は5日、人工繁殖に取り組んでいる国の特別天然記念物で絶滅危惧種であるニホンライチョウの4歳の雄1羽が腎不全で死んだと発表した。

 同パークでは、非公開のライチョウ舎で1羽ずつケージに入れて飼育している。4日夕方、飼育担当者が様子を確認した際に異常はなかったが、5日午前8時50分にケージ内で死んでいるのを見つけた。今後、県外の大学で病理組織検査と細菌検査を行い、詳しい原因を調べる。

 同パークは環境省の保護増殖事業で2015年から人工繁殖に取り組んでいる。死んだ雄は同年、乗鞍岳で採取した卵から生まれ、今年7月にふ化した5羽の父鳥だった。

 同パークでは昨秋にも、成鳥2羽が病死。免疫力が低下し、普段は悪影響がない菌への感染が原因だったため、体調管理をより徹底し、毎月細菌検査も行っていた。

 同パークのニホンライチョウは雄7羽、雌5羽となった。他の個体に異常はなく、展示は続ける。
https://webun.jp/item/7620938
http://archive.md/VsbwD

人工飼育のニホンライチョウ死ぬ|NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news16311331.html
http://archive.md/Szk84

2019年07月24日

小松菜やクランベリーも食べてます…二ホンライチョウのヒナ 生育順調 石川・いしかわ動物園【石川テレビ2019年7月24日】

 石川県のいしかわ動物園で7月誕生したニホンライチョウのヒナが順調に成長しています。

 7月2日から3日にかけて誕生したヒナ4羽は3週間が経過し、いずれも体長およそ15センチほどに成長しました。

 また分析の結果、4羽の性別はオス2羽、メス2羽だということも分かりました。4羽は専用のケージの中で育てられ、1日に4回、小松菜やクランベリーなどのエサを食べています。

 成鳥になるまでは体調を崩しやすいとして、いしかわ動物園の担当者は「今後も慎重に飼育に取り組んでいきます」とコメントしています。

 また7月11日から12日にかけてふ化したヒナ2羽も順調に成長しているということです。
https://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00222598/

http://archive.fo/KPFcr

2019年05月29日

さわれる動物園園長の控訴棄却 大阪高裁、動物愛護法違反罪【中日新聞2019年5月29日】

 守山市の民間動物園で人に危害を加える恐れのある特定動物のサルとワシを無許可飼育したとして、動物愛護法違反罪に問われた園長の堀井嘉智(よしのり)被告(55)の控訴審判決で、大阪高裁は二十八日、罰金三十万円とした一審大津地裁判決を支持、被告側控訴を棄却した。

 西田真基(まさき)裁判長は判決理由で、無許可で特定動物を飼育することは人への危険があり「公益の侵害は小さくない」と指摘。「被告は反省しており一審の量刑は重すぎて不当」とする弁護側主張を退けた。

 判決などによると、堀井被告は二〇一五年八〜九月、県の許可を受けずに、守山市の商業施設に入る「めっちゃさわれる動物園」(閉園)でオナガザル科のアビシニアコロブス一匹、移動式の「堀井動物園」でタカ科のハクトウワシ一羽を飼育した。
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20190529/CK2019052902000013.html

https://megalodon.jp/2019-0529-1058-57/https://www.chunichi.co.jp:443/article/shiga/20190529/CK2019052902000013.html

2019年05月06日

こどもの日 チビッコ天国にぎわう 久留米市鳥類センター /福岡【毎日新聞2019年5月6日】

 5日は「こどもの日」。関連のイベントが各地で開かれ、多くの子供たちが参加して楽しんだ。

チビッコ天国にぎわう 「一日園長」に3人就任 久留米市鳥類センター
 久留米市鳥類センター(東櫛原)は「チビッコ天国」として無料開放され、大勢の家族連れでにぎわった。こどもの日の恒例行事。

 この日は公募で選ばれた福岡教育大付属久留米小6年、井上さくらさん(11)▽市立小森野小5年、加藤嵩琉(たける)さん(10)▽市立荒木小4年、松原栞音(かんな)さん(9)−−の3人が「一日園長」に就任した。

 3人はスタッフの案内でクジャクやペンギンなど園内で飼育している約80種類の動物について説明を受けた。この後、中南米に生息するリスザルの舎の前で「とても身軽で運動神経もよく、高い木の上で生活していても落ちることはない」などと、見学していた親子らに生態を分かりやすく解説。舎の中に見学者とともに入り、好物のバナナやリンゴを食べさせる体験もした。

 井上さんは「リスザルが餌を思ったほど食べてくれず、飼育の仕事が予想以上に大変だと感じた」という。

 この日の来場者は昨年並みの約5500人だったが、通常の休日と比べると5倍程度の人数になったという。【江刺正嘉】

〔筑後版〕
https://mainichi.jp/articles/20190506/ddl/k40/040/268000c

http://archive.is/dzxc7

2019年05月05日

自民・二階幹事長、佐渡市を訪問 トキや金銀山を視察【新潟日報モア2019年5月5日】

「北沢浮遊選鉱場跡」を見学する自民党の二階俊博幹事長(右から4人目)。花角英世知事(右端)らが同行した=3日、佐渡市

 自民党の二階俊博幹事長は2、3の両日、新潟県佐渡市を訪れ、佐渡トキ保護センターや、世界遺産登録を目指す佐渡金銀山の関連施設を視察した。私的な視察で、二階氏が旧運輸相時代に秘書官を務めた花角英世知事や、二階氏と親交の深い漆原良夫・公明党顧問=燕市出身=らが同行した。

 二階氏は中国と太いパイプを持ち、2017年に訪中した際、新たなトキの提供を中国に要請。翌18年に2羽が提供され、佐渡トキ保護センターで飼育されている。視察はトキの提供に関わった二階氏に謝意を示し、佐渡金銀山にも理解を深めてもらう目的で、花角知事らが招いた。

 佐渡トキ保護センターの視察は2日、非公開で行われた。関係者によると、二階氏は18年に中国から提供されたトキの楼楼(ロウロウ)=3歳雄=と関関(グワングワン)=3歳雌=や、この2羽がそれぞれペアとなり誕生したひなを見学した。

 3日は国史跡の「北沢浮遊選鉱場跡」や、4月にオープンした佐渡金銀山の情報発信拠点施設「きらりうむ佐渡」など、佐渡金銀山の関連施設を視察した。

 二階氏は視察後、新潟日報社の取材に「佐渡をじっくりと見たのは初めて。歴史があり文化の香りが豊かで素晴らしい」と話した。

 花角知事は「佐渡への認識を深めていただいた。今後も(佐渡金銀山の世界遺産登録などを)後押ししてほしい」と述べた。
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20190504466986.html

http://archive.is/2HAvc