2018年12月22日

鳥羽水族館 ペンギン水槽で大掃除、職員が汗 /三重【毎日新聞2018年12月22日】

 鳥羽市の鳥羽水族館で20日、ペンギン水槽で年末恒例の大掃除が行われた。ブラシなどを手にせっせと掃除する職員を横目に、ペンギンたちは水槽内をうろうろしていた。

 同水族館ではフンボルトペンギン56羽中、メイン(水量10トン)と遊泳(同12トン)の2水槽で52羽を展示している。水槽の水を抜いた後、各水槽に職員が入りブラシやたわしでフンや水あかなどをこすり落とした。【林一茂】

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20181222/ddl/k24/040/029000c

http://archive.is/EgzUN

2018年12月21日

【長野・須坂市動物園】ニホンキジの「ノリ」 触られてたまるか! ダッシュ一番【産経ニュース2018年12月21日】

ニホンキジのノリ
 大きなバードケージ「とりっこ村」には、クジャクやオシドリ、キンケイなど、さまざまな鳥が生活しています。その中にたった1種類1羽しかいないのが、ニホンキジの「ノリ」(オス)。

 ノリが他の鳥と仲よくしている姿は見たことがありません。どことこなく近寄りがたい雰囲気をかもし出しながら、好きな所を散歩したり、お気に入りの場所でじっとしていたり、高い所から下の様子をじっと見ていたり、まるで一匹おおかみのように日々過ごしています。他の鳥もその雰囲気を感じとっているのか、あまり近づこうとはしません。


 自由奔放なノリですが、とても逃げ足が速いんです。ニホンキジは本来、飛ぶよりも走ることを得意とし、一秒に約9メートルの距離を走るといわれています。

 ノリもそれくらい足は速く、飼育員が体調チェックなどで体を触ろうと近寄ると、「触られてたまるか!」と言わんばかりに、軽快なステップと追いつけない速さで逃げていきます。とりっこ村で一番の強者です。(とりっこ村担当 土屋実穂)
https://www.sankei.com/life/news/181221/lif1812210031-n1.html

110番適切利用を訴え 沼津・燦々レディーが一日署長【静岡新聞アットエス2018年12月21日】

一日署長を務めた勝又さん(左)と一日副署長を務めたコメ君=沼津市の沼津仲見世商店街(写真の一部を加工しています)
 沼津署は20日、ぬまづ燦々(さんさん)レディーの勝又絵里佳さん(20)に一日署長を、あわしまマリンパーク(沼津市内浦重寺)のケープペンギンのコメ君とムギ君に一日副署長をそれぞれ委嘱した。同市大手町の沼津仲見世商店街で、110番通報の適切な利用を推進する広報活動を展開した。
 勝又さんは「事件、事故が発生したらすぐに110番を。ただし、緊急性のない時は通報を控えて」と訴えた。地域安全推進員らと協力してチラシやティッシュの入った啓発品約500個を通行人に配布し、おれおれ詐欺や交通事故の防止も呼び掛けた。
 コメ君は代表して一日副署長のたすきを掛けて勝又さんの隣に立ち、通行人が写真撮影するなどして触れ合った。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/580466.html

http://archive.is/0BmTi

2018年12月20日

いきもの便り 大内山動物園 10歳を超えた長寿 七面鳥、長生きして /三重【毎日新聞2018年12月20日】

 もうすぐクリスマス。クリスマスといえば七面鳥の丸焼きを連想する人もいるのではないでしょうか? 大内山動物園では入園門に行く途中に七面鳥を展示しています。決して食用ではありません。キジ類の仲間でその中でも最大種。もともとは北アメリカに生息していますが、展示しているのは改良されたもので野生種とは異なり…
https://mainichi.jp/articles/20181220/ddl/k24/070/195000c

釧路市動物園 事故死防止へ飼育環境改善 来年度実施へ検討【北海道新聞2018年12月20日】

9月下旬、繁殖のため同居していた雄の攻撃を受けて死んだ雌のトナカイ
9月下旬、繁殖のため同居していた雄の攻撃を受けて死んだ雌のトナカイ
釧路市動物園 事故死防止へ飼育環境改善 来年度実施へ検討
 釧路市動物園は、飼育動物の事故死などを未然に防ぐため、飼育環境の改善策を検討し、来年度からの実施を目指している。9月に繁殖のため同居させたトナカイが一方の攻撃で死んだためだ。動物園は「飼育環境を向上させ、動物が少しでも長生きできる環境をつくりたい」と話している。

 動物園では4月から11月末までにシマウマやシカ科のワピチ、トナカイなど哺乳類7頭と、オシドリなど鳥類5羽が死んだ。死んだ数はほぼ例年並みで大半は病死。しかし9月に死んだ雌のトナカイは、繁殖のため同居していた雄から腹部を頭突きされたことによる内臓損傷が原因だった。園によると、巡回を増やすなどすれば防げた例だったという。

 このため改善策として、繁殖期の動物を中心に飼育員の巡回頻度を増やすほか、動物が転倒してけがをする危険を減らすため、獣舎の段差解消などを検討している。

残り:377文字/全文:744文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/260024/

http://archive.is/6iuKE