2019年10月01日

NYにハヤブサ営巣 摩天楼に理想の環境整う理由【Daily Sun New York2019年10月1日】

 時速200マイル(約322キロ)を超える速さで飛翔し「世界最速の鳥」として知られる「ペレグリンファルコン(ハヤブサ)」がニューヨーク市内に営巣している。専門家によると摩天楼は「理想」の住みかだそうだ。amニューヨークが9月27日、報じた。
 市環境保護局は今年の春、市内でハヤブサのつがい25組を確認。市公園局の都市公園保護官、ジョン・マッコイさんによると、ハヤブサは海抜1000フィート(約305メートル)程度の崖に巣を作る習性があり、市内の摩天楼や吊り橋は巣作りに理想的な環境だという。
 同紙によると、ハヤブサの巣があるのはマンハッタン区金融街のウォーターストリート55番地のビル、クイーンズ区とブロンクス区をつなぐスロッグスネック橋、スタテン島とブロンクス区を結ぶベラザノ橋など。ただし、高性能な双眼鏡でも使わない限り、地上から見ることはまず不可能のようだ。
 上空から急降下して獲物を捉えるハヤブサの特性にも市は適しており、ハトやアヒルの他、ガチョウのように自身より体長の大きい鳥を狙うこともある。ただし、獲物を路上で食べている際に車にひかれたり、獲物の体内に殺鼠剤が残っていたりすることもあり「大都会特有の危険もある」とマッコイさんは指摘している。
 ハヤブサは殺虫剤の影響で1900年代半ばに個体数が激減。70年には米国の絶滅危惧種リスト入りしている。

スロッグスネック橋近くに降り立つハヤブサ
(photo: Metropolitan Transportation Authority / Patrick Cashin)
https://www.dailysunny.com/2019/10/01/191001-4/

http://archive.fo/6cwQU

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

武夷山奥地の野生動物生息状況、赤外線カメラで記録【新華社2019年5月16日】

武夷山奥地の野生動物生息状況、赤外線カメラで記録
 【新華社福州5月16日】中国福建省北西部の武夷山(ぶいさん)国家公園は、亜熱帯の常緑広葉樹林帯に属する。人類の活動による破壊を受けていない210.7平方キロの原生林があり、世界の同緯度の地域で、最も保存状態が整った、典型的かつ面積が最も大きい中亜熱帯森林生態系となっている。区域内ではこれまで、高等植物2799種、昆虫標本1163種、中国特有の野生脊椎動物74種が記録されている。

 同国家公園管理局などの機関は昨年12月から、「森林に注目し、武夷の秘密を探る」という科学調査活動を展開。28台の赤外線カメラを設置し、写真4786点と映像616点の撮影に成功し、インドキョン、マエガミジカ、ハッカン、フッケンミヤマテッケイなど国家重点保護野生動物の生息状況を数多く記録した。(記者/郭圻、姜克紅)
https://this.kiji.is/501629185145226337

http://archive.is/32Uwl
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

トキの個体群進化の歩み解明 中国の研究チーム【新華社2019年2月9日】

 中国陝西省漢中市洋県を流れる漢江(漢水)の川中にある大きな石の上で、羽を休める3羽のトキ。(2018年10月15日撮影)(福州=新華社記者/梅永存)

 【新華社昆明2月8日】中国の一級保護動物、トキの個体群の進化過程を科学者が明らかにし、成果をこのほど国際的学術誌「カレントバイオロジー(Current Biology)」で発表した。

 論文筆頭執筆者で中国科学院昆明動物研究所の張国捷(ちょう・こくしょう)研究員は次のように説明した。トキは世界で絶滅のおそれがある鳥類で保護対象の代表的種であり、人工飼育に成功した種の一つでもある。1950、60年代、野生のトキは絶滅したと考えられていた。80、90年代になって、研究者が秦嶺(山脈)で7羽の野生トキの個体を見つけ、すぐに野外での保護と人工繁殖を行った。その後、中国はトキの国家級自然保護区を設け、個体数を現在の2千羽余りに回復させた。

 トキの遺伝的多様性の歴史的変化を解き明かすため、中国、スペイン、デンマークの科学者によるチームが九つの博物館から57点のトキの歴史サンプルと飼育されていた地域の資源を収集し、時間軸でトキの多様性の進化について研究を行った。

 論文第一著者で、中国科学院大学博士課程の馮少鴻(ふう・しょうこう)氏は次のように説明した。博物館のサンプルは19世紀末から20世紀初めのトキの主要分布地域のものである。これらのサンプルの全ゲノムリシーケンシング(Whole Genome Resequencing)データに基づき、また飼育地域に現在いるトキの個体群(集団)のデータを合わせて、チームは、約1万年前にトキの個体数が早くも減少し始めたことを発見した。

 「当時の気温は(最後の氷期が終わり)暖かくなり、トキの生存に適する地域の、トキに対する制約はすでに小さくなっていた。これは当時トキが人類活動の影響を受けた可能性は一層大きく、この数十年とわれわれが考えていたのに比べ、影響はかなり前からであることを示している」、馮氏はこう話した。

 チームはさらに現代のトキの個体群が過去の遺伝的多様性の半分近くを失っていることに気付いた。「現在の個体群は長期にわたり近親で繁殖したため、近交効果がはっきりと現れている」と張氏は述べ、今後トキの保護活動では分子遺伝学とよりよく結び付けて、遺伝的多様性を維持する必要があると提案した。(記者/岳冉冉)
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%81%AE%E5%80%8B%E4%BD%93%E7%BE%A4%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%E8%A7%A3%E6%98%8E-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/ar-BBTl2Up?ocid=st#page=2

http://archive.is/XxR5S
タグ:研究 中国 トキ
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

野鳥の体に飾りやペンキ、もがき苦しみ30羽以上死ぬ NZ【CNN.co.jp2019年1月11日】

体にティンゼルをくくり付けられたスズメやハトを見たという報告が30件以上も寄せられている/SPCA

(CNN) ニュージーランドでクリスマスツリーに飾るティンゼルのような装飾を体にくくり付けられて死んだりけがをしたりした野鳥が相次いで見つかり、保護団体が懸念を強めている。

同国の動物虐待防止団体SPCAには、体にティンゼルをくくり付けられたスズメやハトを見かけたという報告が30件以上も寄せられているという。

SPCAの広報によると、「多くはくちばしや足を使って異物を取り除こうともがいて、さらにひどく絡まり、食べることも、飲むことも、飛ぶこともできなくなった。飾りにきつく締められすぎて、血流が完全に止まった鳥もいた」

保護されてSPCAに持ち込まれても、栄養不良や衰弱がひどく、安楽死させるほかなかった野鳥もいるという。

飾りをくくり付けられて死んだり、SPCAで安楽死させたりした野鳥は2015年以来、30羽以上に上る。

8日には首都ウェリントン郊外の民家で、飾りを付けられたりペンキを塗られたりした野鳥数羽が保護された。鳥たちは脅えているものの、健康状態は良好だという。

「1匹のハトは真っ赤なクリスマスのティンゼルが羽に結び付けられ、頭と羽には赤いペンキが塗ってあった」(SPCA広報)

まだ立件はされていないものの、この民家の住人は捜査の対象になっているという。

ニュージーランドは2015年、鳥類を含む全ての動物に「知覚がある」と認定し、保護対策を強化。SPCAのような保護団体が動物虐待を摘発しやすくする措置を講じている。
https://www.cnn.co.jp/world/35131174.html

http://archive.is/qHjZc
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

ムクドリの大群が華麗なダンス披露、イスラエル(2日)【ロイター2019年1月3日】

越冬のため飛来したムクドリが、イスラエル南部の空を大群で飛行する様子が観測された。まるで意思を持ったひとつの物体のように、大空で不思議なダンスを披露した。ムクドリは例年この時期になるとロシアや東欧から越冬のため、イスラエルに飛来するという。(ナレーションなし)
https://jp.reuters.com/video/2019/01/03/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BE%A4%E3%81%8C%E8%8F%AF%E9%BA%97%E3%81%AA%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%8A%AB%E9%9C%B2-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB2%E6%97%A5?videoId=498843073&videoChannel=2605

http://archive.ph/AuoYq
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする