2017年09月23日

カモのペニス、ライバルがいると長くなると判明 発達が遅れる種も、社会環境が生殖器の成長に影響する珍しい例【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年9月23日】

アカオタテガモ(Oxyura jamaicensis)のオスは、体の長さに匹敵する巨大なペニスを持っている。(PHOTOGRAPH BY MARESA PRYOR, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
 生物学者のパトリシア・ブレナン氏は屋外の大きな鳥小屋を歩いている。彼女は1羽のカモを網で捕まえると、あおむけにして腹部に圧を加えた。「どこを押せばいいかわかっていれば、ペニスを飛び出させることができます」とブレナン氏は説明する。「彼らはとても協力的です。ここにいるオスたちはもう慣れていますから」(参考記事:「男性生殖器に関する5つの研究」)

 米国マサチューセッツ州サウス・ハードリーのマウント・ホリヨーク大学に所属するブレナン氏は、かれこれ10年以上にわたり、こうしてカモに生殖器を出させ続けている。もちろん本人も想像していなかったことだし、それどころか、大学院を出るまで鳥にペニスがあることすら知らなかった。実際、97%の鳥はペニスを持たない。カモは残りの3%に属している。(参考記事:「ヒトのペニスにはトゲがあった?」)

 おまけに、毎年ペニスがあらたに発達を繰り返すという特異な生理機能がカモにはある。繁殖期が始まると大きくなり、繁殖期が終わるとまた小さくなるのだ。さらに、ブレナン氏のチームは、カモたちの社会環境も生殖器の発達に影響を及ぼすことを発見し、9月20日付けの学術誌「The Auk」に論文を発表した。

オスメスのペアと、オスが多い群れ

 無理やりにでもメスに相手をしてもらいたいオスと、気に入らないオスをなるべく避けたいメスとの利害が対立したことで、カモのペニスと膣は互いに逆向きとなるらせん状に進化を遂げた。ブレナン氏はこの事実から、オス同士の競争はペニスに影響を及ぼさないのだろうか、と疑問に思った。

 その答えを探るため、ブレナン氏らは繁殖行動が全く異なるアカオタテガモ(Oxyura jamaicensis)とコスズガモ(Aythya affinis)でペアと群れをつくり、それぞれを自然環境を模した屋外の鳥小屋に入れた。ペアではオスとメスが1対1なのに対し、群れではオスの間に競争が生まれるように、8羽のオスと5羽のメスが入れられた。(参考記事:「ペニスでメスの首刺すネジレバネ、壮絶な繁殖行動」)

 アカオタテガモはつがいを形成しない。そしてほぼ例外なく、オスが強制的に交尾を行う。一方、コスズガモはつがいをつくる習性があり、オスがほかのメスに交尾を強要することは比較的少ない。

 ブレナン氏らの予想通り、群れでライバルのいる鳥小屋に入れられたコスズガモのオスは、ペアにされたオスに比べてペニスを長く発達させた。


アカオタテガモのペニスはらせん状だ。「彼らはかなり協力的です。もう慣れていますから」と、生物学者のパトリシア・ブレナン氏。(PHOTOGRABY BY PATRICIA BRENNAN)
[画像のクリックで拡大表示]
 一方、アカオタテガモのペニスはそもそも体の長さに匹敵するほど大きい。ブレナン氏はペニスがそれ以上長くなるとは想像できなかった。ある意味、ブレナン氏の予想は的中した。群れのオスのペニスがほかより長くはならなかった。だがしかし、予想外のことも起きた。驚くべきことに、ある時期までほとんどペニスが発達しなかったものがいたのだ。(参考記事:「女性の好みが男性器の進化に影響?」)

強いオスから隠れてこっそりと

 そのわけはこうだ。アカオタテガモの群れには順位制が見られた。そして、上位のオス2羽だけが早くからペニスをゆっくりと発達させ、繁殖期の終わりまで維持し続ける。かたや、上位のオスに太刀打ちできない下位のオスたちは別の戦略をとった。「残りのオスたちは急速にペニスを発達させ、(上位の)オスにひどい目に遭わされる前にこっそり交尾しようとしました」とブレナン氏は話す。下位のオスたちは交尾を終えると、同じく急速にペニスを繁殖不能な状態に戻す。幸運に恵まれれば、ボスの怒りに触れることなく逃げ切れるというわけだ。(参考記事:「小さなオスのスニーカー戦略とは」)

 このように共同生活をさせたことで、2種のカモについて、社会環境がペニスの発達に著しく影響を及ぼすことが明らかになった。社会環境に応じて生殖器を変化させる動物は、ほかには雌雄同体の甲殻類であるフジツボが知られている。フジツボは群れの密度が低い場合、少し離れた個体に届きやすいよう、ペニスを長く発達させる。

 カモがこのようなことができるのは、生殖器を毎年再発達させるという特殊な能力を持つからだと、米国南カリフォルニア大学の生物学者マット・ディーン氏は言う。精巣を年ごとに発達させ、元に戻す脊椎動物は存在するが、ペニスの場合は極めて珍しい。なお、氏はこの研究に関わってはいない。(参考記事:「【動画】優雅で不思議なクリオネの交尾」)

「年ごとに状況が異なる場合、そのような柔軟性は有益です」とディーン氏。「ペニスが必要ないときは、おそらく発達させないのでしょう」。あるいは、少なくともそれほど長く発達させないのだろう。(参考記事:「ハイエナの雌に「ペニス」、雌雄どう判別?」)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/092200361/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/092200361/?P=2

カモのアレはらせん状!長さを左右する原因は? 米鳥類学会【ハザードラボ2017年9月22日】
ほとんどの鳥類がペニスを持たない一方で、らせん状の長いペニスを持つカモ(写真はアカオタテガモ/P. Brennan/Mount Holyoke College)
 鳥のオスには、生殖器がないことをご存知だろうか?97%の鳥類は、オスがメスの背後から肛門をくっつけ合うことで、精液を送り込んで交尾するが、ペニスを持つ数少ない例外がカモの仲間だ。ワインのコルク抜きのようにらせん状の不思議な形のペニスをもつカモの謎に、米国の大学の研究チームが迫った。

 このユニークな研究は、米マサチューセッツ州マウント・ホリヨーク大学の研究チームが、米鳥類学会が発行する『The Auk〜鳥類学の進歩』に最近発表したもの。パトリシア・ブレナンさんらの研究チームは、欧米に広く分布する「アカオタテガモ」と、日本にも飛来する「コスズガモ」のヒナを対象に、ペニスのサイズが異なる謎に挑戦した。

 2種類のカモはいずれも伸び縮みするらせん状の生殖器を持っているが、アカオタテガモの方が長く、コスズガモは短い。この違いは、決まった相手とペアになるコスズガモと、つがいを作らないアカオタテガモの習性と関係があるとみたチームは、それぞれのヒナを、オスとメスのペア状態と、群れで過ごすチームに分けて2年間飼育した。

 その結果、コスズガモのヒナは、群れで育てた方が平均してペニスが大きくなった。一方で、アカオタテガモのほとんどは、実験開始から2年目経っても性的に成熟しなかった。ようやく生殖可能な段階に達したとき、群れで成長したカモは、ペアで飼育したカモよりもペニスの発達は早かったが、交尾期間はあっという間に終わってしまったという。

 ブレナンさんは「群れの生活は、コスズガモにとっては自分の子孫を残すためにペニスの成長を促し、アカオタテガモは、オス同士の争いを避けるために、戦略的に成長を遅らせたのかもしれない」と述べて、成長過程で経験する生存競争の度合いによって、性的成熟度に大きな影響を及ぼす可能性があると指摘した。

 オスなら(男なら)どんな種でも自分の持ち物のサイズは気になるところだが、このユニークな研究の最大の難問は、ペニスの測定ではなく、飼育そのものだったとブレナンさんは言う。

「実験にあたっては、コネチカット州の水鳥保護施設のプロの手を借りました。野生のカモの飼育って、想像以上にお金と労力がかかるんですよ」と笑いを浮かべるが、そう言わずに、次はカモ以外の動物でもユニークな実験に挑んでもらいたいものだ。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22012.html

http://archive.is/JC0az
http://archive.is/j7RuD
http://archive.is/zhhrq

posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

栄養ほとんどないけど…コガタペンギンの餌、4割クラゲ【朝日新聞デジタル2017年9月23日】

【動画】ペンギンがクラゲを捕食する映像を初めて撮影=国立極地研究所提供

クラゲをくわえるコガタペンギン。別のペンギンにつけたカメラがとらえた(国立極地研究所提供)

 ほかの動物の餌になりにくいと考えられていたクラゲを、ペンギンが頻繁に食べることがわかった。国立極地研究所が22日、発表した。研究チームの高橋晃周(あきのり)准教授は「海の生態系の食物連鎖のなかで、クラゲの役割を見直す必要がある」と指摘している。

 クラゲの体はゼリー状で、約95%が水分で構成されている。食べても栄養はほとんど得られないため、消費エネルギーの多い大型の海の生きものはウミガメなどを除いてほとんど食べないと考えられてきた。

 研究チームは2012〜16年、南極や豪州、アルゼンチンなど7カ所で、4種類のペンギン106羽の背に小型のビデオカメラを取り付け、計350時間の映像から何を食べているかを調べた。

 ペンギンたちは普段、小魚などを食べているが、アデリーペンギンやマゼランペンギンの食べた餌の4〜5%、コガタペンギンの餌の平均42%がクラゲだった。小さいクラゲは丸のみし、大きい場合は栄養の多い部分だけをつまんでいる様子だったという。

 高橋准教授は「ほかの餌がなく、仕方なく食べているわけではなさそうだ」と話した。研究成果は米生態学会学術誌に掲載された。(杉本崇)
http://www.asahi.com/articles/ASK9Q4K4GK9QULBJ013.html

人以外で初確認、ペンギンがクラゲ捕食…極地研【読売新聞2017年9月25日】
豪州沖でクラゲを捕食するコガタペンギン。別のペンギンに付けたカメラで撮影(国立極地研提供)
 南極などのペンギンがクラゲを捕らえて食べる様子を撮影したと、国立極地研究所などの研究チームが発表した。

 クラゲは体のほとんどが水分で栄養に乏しいとされ、人以外の哺乳類や鳥類でクラゲを食べることが確認されたのは初めて。論文が米国生態学会学術誌に掲載された。

 ペンギンは胃の内容物の調査からオキアミや小魚を食べることは分かっていた。どのくらいの頻度でエサを取るのかを調べるため、チームは2012〜16年、南極沖など7か所で、アデリーペンギンやマゼランペンギンなど4種のペンギン計106羽の背に小型カメラを取り付け、水中の行動を観察した。

 その結果、すべての調査地で、ペンギンが頻繁にクラゲをくちばしで捕らえ、丸のみしたり、小さくちぎって食べたりする様子が写っていた。

(ここまで332文字 / 残り130文字)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170925-OYT1T50082.html

http://archive.is/m7mI5
http://archive.is/ZD0sm
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

鶏に乱用の抗生物質、耐性菌の温床と識者が警告 目的は「成長促進」、米では人間の4倍を家畜に投与、その実態と展望を聞く【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年9月22日】

抗生物質が最初に与えられた家畜は鶏だった。薬として人に処方されるよりも多くの量の抗生物質が動物に与えられている。しかも、その目的は成長を促すためだ。(PHOTOGRAPH BY SCOTT OLSON, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]
 毎年、世界で推定6億人(およそ10人に1人)が大腸菌やサルモネラ菌などによる食中毒に感染している。特に、5歳未満の子どもの死亡率が高い。食中毒のほとんどは、抗生物質の効かない細菌が原因で、その多くが大量生産される鶏肉によってもたらされていると警告するのは、このほどナショナル ジオグラフィックから出版された『Big Chicken』の著者マリン・マッケナ氏だ。

 米国ジョージア州アセンズ在住のマッケナ氏に、抗生物質がどのように使われているのか、その実態について電話で話を聞いた。


COURTESY NATIONAL GEOGRAPHIC

――著書の中で、抗生物質に対する耐性を「時間をかけてじわじわと進行する現代社会最大の健康危機」と表現していますが、世界ではどのような状況なのでしょうか。そして、食品製造がその中心にあるとはどういうことでしょうか。

 抗生物質と言えば、一般には医療の現場で使われるものという認識がありますから、食品の製造にもそれが使われていると聞いて驚く人は多いでしょう。けれども、実は地球上で最も抗生物質が使われているのは、人間ではなく食用動物に対してです。

 米国では、年間1万5400トン以上の抗生物質が、食用動物へ使用されています。これは、人間が使う量の4倍にもなります。そして、そのほとんどは感染症治療が目的ではなく、体重を増やすためのいわゆる「成長促進」に使われているのです。

 動物たちの飼料や飲料水には、ほぼ毎日のように抗生物質が混ぜられています。その結果、動物の体内で抗生物質に耐性を持った菌が生まれます。この耐性菌は、解体処理場へ運ばれる動物たちと一緒に飼育場を離れて外の世界へ出て行きます。そして、人の治療で抗生物質を多用して生じた耐性菌と同じように、人間に感染します。感染症が発症する頃には、菌が元々発生した場所から遠く離れ、時間も経過しているため、飼育場で使われる抗生物質と人間の耐性菌の感染との関連がわかるまでに長いことかかってしまったのです。けれども今では、両者が直接つながっているという明らかな証拠があります。(参考記事:「薬剤耐性菌の感染拡大、世界で脅威に」)

――抗生物質が米国で広く使われるようになったきっかけは、1948年、トーマス・ジュークスという人物によってですが、彼の実験と、それがどのように養鶏業界に革命を起こしたのかについて、教えてください。

 ジュークスは、食肉用の鶏に与える飼料を研究していました。その頃、鶏の飼料には合成されたビタミン剤が加えられるようになっていました。製薬会社で働いていたジュークスは、ビール酵母や肝油、麦芽粕などのサプリメントを飼料に混ぜて、どれが最も効果を表すか実験してみようと考えました。また、勤務先の会社が初めて製造した抗生物質のひとつであるクロルテトラサイクリンの残りも試してみることにしました。1948年12月25日に実験を終えると、サプリメントを与えられた鶏は全て体重がある程度増えていたのですが、どのサプリメントよりもはるかに多く体重を増やしたのは、抗生物質を与えられた鶏でした。そこから、新たな産業がまるごとひとつ誕生したのです。

――抗生物質の使用に反対する世界的な流れをもたらしたのは、英国の科学者エフライム・サウル・アンダーソンという科学者でしたが、彼はどのような人物だったのでしょうか。また、英国政府の取った政策はその後どのような影響をもたらしたのでしょうか。

 抗生物質が食用動物に使用されるようになってから間もなく、人々は何かがおかしいと気付き始めました。食中毒に抗生物質が効かなくなっていたのです。最初に英国南部で集団感染が起こり、その後ヨークシャーでさらに深刻な事態になっていることに、エフライム・サウル・アンダーソンという科学者が着目しました。多くの子どもたちが、抗生物質に耐性を持つ大腸菌で命を落としていたのです。

 アンダーソンは感染経路を突き止めようと、牛肉を販売する中間業者をたどっていきました。耐性菌によるこれほどの規模の食中毒は、過去に例がありません。アンダーソンの調査から、感染元は動物たちに大量の抗生物質が使われていた飼育場まで遡り、そこで生まれた耐性菌がやがて人々へと感染したことは明らかでした。この説は当初は論争を呼びましたが、1971年に英国議会は受け入れ、世界で初めて畜産における抗生物質の一部使用を禁止したのです。その後北欧諸国もこれに倣い、さらに欧州連合全体が続きました。米国へその動きが波及したのは、ずっと後になってからです。


ペンシルベニア州にあるこの農家では、鶏を放し飼いにすることにより、養鶏で起こりうる環境危険因子を排除している。(PHOTOGRAPH BY PETER ESSICK, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

――米国では、1977年に食品医薬品局(FDA)が同様の規制をかけようとしましたが、激しい抵抗にあったそうですね。

 英国が行動を起こしてからすぐに、関心は米国へ向けられました。米国の農産物市場は英国よりもはるかに大きく、成長促進を目的とした抗生物質が最初に使われた国でもあります。ちょうどその頃、ジミー・カーター大統領率いる改革推進派政権が誕生しました。大統領は、FDAの局長にスタンフォード大学のドナルド・ケネディを指名しました。ケネディは若くて情熱にあふれ、政治的圧力に屈しない人物でした。

 通常の政府手続きに従って、ケネディは動物用抗生物質の製薬会社を全て召喚して公聴会を開こうとしました。そこで抗生物質の安全性を納得のいくように説明すべきだと、製薬会社へ求めたのです。もしその説明が納得できないものであれば、畜産での使用許可を取り消すと宣言しました。

 ところが、公聴会が開かれることは結局ありませんでした。南部選出で絶大な影響力を持ち、農業界の強い後ろ盾を持つジェイミー・ウィッテンという下院議員が、FDAの予算を承認する委員会の委員長を務めていたのです。ウィッテンはホワイトハウスに対し、公聴会が開かれればFDAの全予算を人質にとると言い渡したのです。

 しかたなくホワイトハウスは、新しく局長に就任したばかりのケネディへ、公聴会は開けないと伝えました。その2年後、ケネディはスタンフォード大学へ戻り、ウィッテンは50年以上連邦下院議員の座にとどまりました。この問題は、それから数十年間、棚上げされたままとなってしまいました。それが再び動き出したのは、オバマ政権になってからのことです。

――2014年に、米国の鶏肉販売会社パデューが突然の方針転換を発表しましたが、これはどんな重要な意味を持っていたのでしょうか。

 米国では長年の間、鶏肉だけでなく豚肉や牛肉の生産業者が、抗生物質の使用に関して足並みをそろえてきました。ところが、2014年にパデュー・ファームズの会長で創業者の孫にあたるジム・パデュー氏が、記者会見で抗生物質の使用を中止すると宣言して、業界に衝撃を与えました。しかも、過去7年以上抗生物質の使用を抑えるために取り組んできたとも明かしたのです。(参考記事:「オープンソースな養鶏は可能か」)

 メリーランド州に本社を置くパデューは、米国で4番目に大きな鶏肉会社で、年間90億羽の鶏を生産しています。そのパデューの発表がきっかけで、業界の足並みは崩れました。同社は一歩前に進み出て、これまでの流れを転換させると宣言したのです。

 これが突破口となり、それから食品製造、小売、ファストフード企業が次々に抗生物質の使用を減らしていくと発表しました。コストコやウォルマート、マクドナルド、タコベル、サブウェイ、さらにはケンタッキーフライドチキンさえもです。

 とは言うものの、米国をはじめ世界中で、鶏肉の細菌汚染はいまだに高い確率で発生しています。北欧やオランダなど、以前から抗生物質の使用を規制してきた国では、動物や人間の間で耐性菌の発生率が下がっているので、現在変化しつつある米国でも今後同じように感染リスクが減少していくことが期待されます。(参考記事:「オランダが救う世界の飢餓」)

――本の締めくくりに、消費者の力が食卓に変化を起こすことができると書いていますが、特に低所得者にとって、安全な鶏肉が安く手に入るようになることはないのでしょうか。

 そこが、いまだに大きな問題点として残っています。富裕層だけが安全で良い肉を買うことができて、低所得者は安くて危険な肉で我慢しなければならないという事態をどのようにして防ぐべきでしょうか。その答えは私にもわかりませんが、今後取り組んでいかなければならない問題であることは確かです。(参考記事:「米国、食事の質の格差が2倍に拡大」)

 抗生物質をどのように用いるか、食用鶏をどのように育てるかといった問題は、結局は消費者からの圧力にかかってくるでしょう。少なくとも1999年から規制が設けられているヨーロッパと違って、規制がほとんど存在しない米国の方で、より大きな動きがみられたのです。

 パデューに倣って抗生物質の使用を制限すると発表した企業はいずれも、規制があったからからそうしたのではありません。その時、米国にはまだ規制がなかったのですから。そうではなく、大手顧客からの強い要望に応えて動いたのです。病院、学校、調理師団体、農家、そして子を持つ普通の親たちが、これ以上質の悪い食品に金を払うのはごめんだといって、そろって声を上げた結果なのです。(参考記事:「国際比較調査、持続的な消費行動の現状」)

文=Simon Worrall/訳=ルーバー荒井ハンナ
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092100055/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092100055/?P=2
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092100055/?P=3

http://archive.is/Fp6pJ
http://archive.is/uGLer
http://archive.is/jXp29
タグ:ニワトリ
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

ペットのヨウムがネットで買い物 飼い主の声まねてAIスピーカーで注文【AFPBB News2017年9月21日】

【9月21日 AFP】英国の首都ロンドン(London)で、ペットのヨウムが飼い主の声をまね、音声認識機能が搭載された人工知能(AI)スピーカーを使ってインターネットで商品を注文するという珍事が起こった。英大衆紙サン(The Sun)が20日に伝えた。

 同紙によると、ロンドン南東部に住むコリエンヌ・プレトリアス(Corienne Pretorius)さんが飼っているヨウムの「バディ(Buddy)」が、インターネット通販最大手の米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)のAI音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」を通じて10ポンド(約1500円)のギフトボックスを1セット注文したという。

 プレトリアスさんの家族には身に覚えのない注文が発覚して調べていたところ、バディがスピーカーとやり取りしているのを耳にして「犯人」が分かったという。

 プレトリアスさんは「バディがアマゾンで注文したとわかったときには信じられませんでした」と語っている。

 アマゾンのAIスピーカー「エコー(Echo)」は、大きな声で話しかけることで、様々なサービスを利用することができる。また、エコーは「アレクサ(Alexa)」と呼び掛けると反応する。

 サン紙の電子版に掲載された動画には、バディが「アレクサ!」と叫ぶと、鳥かごの隣に置かれたスピーカーが青く光り、呼び掛けに反応している様子が映っている。

「バディが『アレクサ』と呼び掛けた後、何か意味の分からないことを言ったら、その機械(スピーカー)は『何を注文したいのでしょう?』と答えていました」と語るプレトリアスさんだが、このやり取りについては特に気に留めていなかったという。

 しかし、金色のギフトボックス1セットを注文したという通知があり、「声を出して笑いました。それはバディの仕業に違いないと分かったから」と述べている。http://www.afpbb.com/articles/-/3143664

http://archive.is/sugnn
posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

殺虫剤汚染:韓国の輸出用鶏肉から殺虫剤成分検出、全量廃棄【朝鮮日報2017年9月19日】

 食品医薬品安全処(省庁の1つ)と農林畜産食品部(省に相当)は16日、慶尚北道奉化郡の養鶏場「ソンウォン農場」から出荷された採卵廃鶏から殺虫剤成分のビフェントリンが基準値(0.05mg/kg)を上回る0.09mg/kg検出され、同養鶏場の採卵廃鶏1万6203羽を全量廃棄処分したことを18日、明らかにした。

 採卵廃鶏とは、卵を産むのに適さないほど年齢を取り、食肉用に出荷される鶏のことだ。食品医薬品安全処では「この養鶏場の採卵廃鶏は東南アジアに輸出される予定で、韓国国内には流通していない」と説明している。

 食品医薬品安全処によると、この養鶏場は今年8月の「殺虫剤卵」全数調査時には「適合」と判定されていたという。ここで保管されていた卵についても再び精密検査を実施したが、殺虫剤成分は検出されなかった。政府は先月23日から食肉処理場に流通している採卵廃鶏の精密検査を強化している。食品医薬品安全処の関係者は「これまでは一部の養鶏場だけで無作為に選んで検査をしていたが、今は全農家に対して精密検査を実施している」と述べた。

チェ・ウォヌ記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/19/2017091900616.html

http://archive.is/vxC12
鶏肉のDDT検査対象を全国に拡大【KBS WORLD RADIO2017年8月24日】
タグ:韓国
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする