2017年07月20日

食欲旺盛!【産経フォト2017年7月20日】

 英西部の島で、小魚を口いっぱいにほお張る鳥。食べ過ぎには気を付けて。(ロイター=共同)
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170720/dly1707200003-n1.html

http://archive.is/y3K6g

posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科学の森 「ペンギン目線」の生態調査 バイオロギングが見せる意外な姿【毎日新聞2017年7月20日】

 愛くるしい姿で、動物園での人気が高いペンギン。自然界での生態はよく分かっていなかったが、動物の体にカメラなどを取り付ける「バイオロギング」という調査手法で、南極での生態が明らかになってきた。暑い夏。ペンギンの姿でいやされてみては?【柳楽未来】

 ●高速で餌をゲット

 素早く泳いでオキアミの群れの中に乱入し、最大で1秒間に2回の速さで餌のオキアミをゲット。さらに、氷の下に張り付くように潜んでいた魚に近づき、素早く食らいついていく−−。日本から1万4000キロ離れた南極・昭和基地周辺にすむアデリーペンギンの日常生活。陸ではよちよち歩くペンギンだが、水中では想像以上のスピードだ。

 2010年末に、南極地域観測隊に参加した国立極地研究所の渡辺佑基准教授(海洋生物学)らは、基地の近くにある営巣地で約20羽のペンギンの頭や背中に、小型ビデオカメラと加速度計を取り付けた。以降、11〜12年と16〜17年の計3シーズンにわたり調査した。「ペンギンに限らず、海の動物が餌を食べる姿をここまで詳細に調べた例はない」と渡辺さん。

 渡辺さんは南極に観測隊を派遣する極地研への就職を機にペンギンの研究を始めた。もともとバードウオッチングが趣味だったため、当初は「よりによって飛ばない鳥か……」と思っていたが、すぐに魅力に引き込まれたという。

 ●氷で生活が左右

 最初の調査となった10〜11年のシーズンは、カメラなどとともに「ジオロケーター」と呼ばれるセンサーも17羽のペンギンに取り付けた。機器が定期的に光の強弱を測って緯度と経度を推定し、おおまかな位置情報を得る仕組みだ。基地周辺のペンギンは11月ごろに集まって卵を産み、ヒナが育った翌年2月ごろにどこかに消えるが、どこで何をしているのか謎だった。

 次の11〜12年のシーズン。渡辺さんは営巣地に戻ってきたペンギンから、ジオロケーターの付いたペンギン9羽の発見に成功。装置を回収し、1年間の移動軌跡を解析すると、約1500キロ離れた低緯度方向に移動して戻ってきたことが分かった。ペンギンは、南極では夏の時期に子育てをし、夏が終わるとより暖かいところを目指して“回遊”していた。「移動の方向は海流と一致しており、楽して動けるようになっていた」という。

 16〜17年のシーズンでは、風向きの影響で基地周辺の氷が流出、ペンギンは偶然、ほとんど氷のない中で生活することになった。ペンギンに取り付けた全地球測位システム(GPS)の記録によると、例年に比べて広範囲に泳いで餌を得ていたことが分かった。ペンギンは通常、氷の割れ目を探してゆっくりと歩き、餌を求めて飛び込む。氷がないとどこでも潜れるようになり、遠くまで泳いで餌を大量に獲得できていた。

 さらに、氷がなくなって太陽光が海に当たり、プランクトンが増殖して餌が増えたため例年よりペンギンは太っていた。「ペンギンにとって極めてハッピーな状況となった」(渡辺さん)という。3シーズンの調査で、自然環境の変化がペンギンの生活を大きく左右していることも分かった。

 「ペンギンは飛ぶことをあきらめて水中に特化した動物。その上、厳しい南極の環境に適応している点も興味深い。ペンギンの研究を基に、生態学の最先端を担いたい」と渡辺さんは意気込んでいる。

 ●人が行けない所で

 動物にカメラや深度計、加速度計などのセンサーを取り付ける調査手法は「バイオロギング」と呼ばれる。bio(生物)とlogging(記録)を合わせた用語で、人が見ることのできない水中や遠く離れた場所で、動物がどのように生活しているのかを記録することができる。こうした「動物目線」による調査は1960年代から始まり、アホウドリの移動距離やマグロが泳ぐ速度など、動物の生態が次々と明らかになってきた。

 バイオロギングでは動物に取り付けた機器をどう回収するかが課題だが、子育て中のペンギンは餌を取ると巣に戻ってくるため、機器を回収しやすい利点がある。

 機器は年々、高性能化しており、サメなどこれまで調査が難しかった動物の研究にもこの手法が広がっている。

https://mainichi.jp/articles/20170720/ddm/016/040/004000c

http://archive.is/WUuyA
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「最大の動物が最速でない」理由を解明か、研究【AFPBB News2017年7月18日】

【7月18日 AFP】相対性理論の有名な公式「E=mc2」ほどではないが、一部の動物の走る、飛ぶ、泳ぐスピードが他の個体より速い理由を説明する公式を発見したとの研究論文が17日、発表された。

 この「スピードの公式」によれば、最高速度は筋力だけで決まるのではないという。なぜなら陸生哺乳類、鳥、魚などが加速を維持できるのは、筋肉組織に蓄えられた利用可能なエネルギーを取り出せる時間内に限られるからだ。

 チーターやハヤブサ、マカジキくらいの中間規模の体の大きさが、筋力とエネルギーの出力との間で最高の結果が得られる「スイートスポット」を捉えるのに最適であることを、研究チームは発見した。

 体が小さすぎると、筋肉組織の量が足りなく、大きすぎると、質量が過剰になる。

 動物の体重と動物が移動する媒体(水中、空気中、地上など)が分かれば、その動物の最高速度を90%の精度で予測できることが、今回の研究で明らかになった。

 米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載された論文によると、スピードの公式は古代にさかのぼって恐竜でも成り立つという。

 論文の主執筆者で、ドイツ統合生物多様性研究センター(German Centre for Integrative Biodiversity Research)の生物学者のミリアム・ヒルト(Myriam Hirt)氏は「最も大型の動物が最も速いわけではない。この事実に科学者らは長年、頭を悩ませてきた」と話す。

 ヒルト氏はAFPの取材に、重要となるのが筋肉だけだとすると「ゾウの最高速度は時速約600キロに達するだろう」と語った。

 だが、実際はそうではなく、ゾウの最高速度は時速約34キロだ。

 つまり、大型動物は理論上の最高速度に達する前に、筋肉から供給される「無酸素性エネルギー」を使い果たしてしまうわけだ。

 鳥の中で最速はハヤブサとタカで、時速140キロを優に超える速度に達する。地上最速の動物チーターは、時速100キロを楽に超える。

T・レックスは俊足ではない

 チーターが好む被食動物の一種のスプリングボック(トビカモシカ)が、ほぼ同じ速度で走ることができるのは、偶然の一致ではない。

 ここには進化が作用していると、ヒルト氏は話し、「例えば捕食動物と隠れる場所がほどんどない被食動物など、最大の選択的優位性を獲得する種が、最高速度の予測値に近づく」と説明した。

 対照的に人は、たとえ最高速度に対応する中間規模の体重区分の範囲に入っていても、過去数百年の間、足の速い被食または捕食動物より速く走るよう進化することはなかった。現生人類「ホモ・サピエンス(Homo sapiens)」は、その代わりに知恵を使って他の動物より優位に立つことに注力してきたと考えられる。

 手足の長いキリンは本気で走ると時速60キロに達することができ、クマは最高時速45キロ超で走れるのは数秒間だけで、体に脂肪が多いためにすぐに減速する。

 知られている中で海での最速記録を持つ魚のクロカジキは、時速130キロの超高速で水中を移動する。

 研究チームは今回の最新仮説を、体重が1グラムから10トンまでに及ぶ、軟体動物からシロナガスクジラ、ブヨからオオハクチョウまでに至る動物454種のデータで検証した。

「興味深い点は、陸上、空中、水中の動物にみな同等に適用できることだ」と、豪サンシャインコースト大学(University of the Sunshine Coast)の研究者らはコメントしている。

 今回のモデルは、過去の研究で走行速度が推定されていた数種の恐竜に関するデータにも適合した。

 しなやかな体のヴェロキラプトルは最高時速50キロで走ることができた。その一方で、動きが鈍いティラノサウルス・レックス(T・レックス、Tyrannosaurus rex)の走行速度はその半分にも及ばなかったと、研究は推測している。

 ちなみに、今回新たに発見された魔法の公式は「k=cM^d-1」なのだという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3136125
http://www.afpbb.com/articles/-/3136125?pid=0&page=2

http://archive.is/muMWH
http://archive.is/13npo
posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ 済州特別自治道で終息宣言【KBS WORLD RADIO2017年7月17日】

済州特別自治道は鳥インフルエンザの終息を宣言することになりました。
6月2日に鳥インフルエンザの感染が確認されてから45日ぶりです。
済州特別自治道は終息宣言に向けて8日から家きん農家を対象に検査を行っていますが、今のところ感染が確認された農家はなく、18日午前0時を期して鳥インフルエンザの終息を宣言することにしたものです。
終息宣言後は、道内の家きん類の移動制限が解除され、他の市道への搬出も可能になります。
済州島では6月2日以降、34の農家で14万5000羽余りの家きん類が処分されました。
一方、慶尚南道や大邱市など、他の市道ではまだ終息宣言には至っていません。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=64368

http://archive.is/B4L9p
posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「人獣共通感染症」 韓日米が共同ワークショップ【KBS WORLD RADIO2017年7月17日】(鳥インフルエンザ)

鳥インフルエンザなど、人と動物の両方に感染する病原体による感染症の拡大防止や予防策などを話し合うため、韓国と日本、アメリカの関係者が出席するワークショップが17日から3日間、ソウルで開かれます。
環境部傘下の研究機関である国立環境科学院が明らかにしました。
今回のワークショップには、韓国と日本、アメリカの関係者100人あまりが出席し、人と動物の両方に感染する病原体による感染症の「人獣共通感染症」に対する各国の対策や研究状況などについて話し合う予定です。
WHO=世界保健機関によりますと、現在確認されている人獣共通感染症の数はおよそ200種で、その半分の100種が、人への感染確立が高いとされ、鳥インフルエンザや狂犬病などが含まれています。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=64356

http://archive.is/WNwzE
posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする