2018年12月28日

渡り鳥が次々と飛来 中国最大の淡水湖「ハ陽湖」【AFPBB News2018年12月28日】

ハ陽湖自然保護区の湿地帯に飛来してきた渡り鳥(2018年12月13日撮影)
【12月28日 CNS】中国・江西省(Jiangxi)にある都昌候鳥(渡り鳥)自然保護区の湿地帯には、コハクチョウやヒシクイ、マガンなど国内から多くの渡り鳥が越冬のため飛来してきている。

 同地域には、渡り鳥が飛来する中国最大の淡水湖であるハ陽湖(Poyang Lake)がある。アジア最大の渡り鳥の越冬地だ。
http://www.afpbb.com/articles/-/3203483

http://archive.is/7ymBy

posted by BNJ at 10:32 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

気絶など中毒症状、野鳥が破棄された錠剤食べたか 米カリフォルニア州【CNN.co.jp2018年12月24日】

野鳥が錠剤を食べて気絶 米

(CNN) 米カリフォルニア州ハンティントンビーチの近郊で、うまく歩けなくなったり気絶したりしたガンやカモメなどの野鳥が相次いで目撃された。保護団体によると、原因は公園内に破棄された薬物だったと思われることが分かった。

鳥たちは歩き方が緩慢になり、首を低く下げ、目はほとんど開いていなかった。1羽は仰向けにひっくり返って両足を宙に浮かせた姿で気絶していた。

野生生物保護団体がフェイスブックに掲載した情報によると、野鳥が飛来する公園に、錠剤数百錠が捨てられていたことが判明。この中には心臓病の治療薬や抗うつ薬、不眠症の治療薬が含まれており、鳥たちが穀物だと思って錠剤を食べてしまったと思われる。

CNN系列局KCAL/KCBSによると、誰がいつ、錠剤を捨てたのかは分かっていない。

心臓病の治療薬や抗うつ薬などの錠剤が捨てられていた/KCAL/KCBS

野生生物保護センターによると、薬物の過剰服用の症状が見られたカナダガンやクロワカモメは輸液の治療を受け、回復に向かっているという。元通りに立てるようになったガンの写真も公開された。

専門家は、錠剤をのんで飛び去った鳥はほかにもいるかもしれないと指摘し、近隣の住民に対し、鳥たちの様子を見守ってほしいと呼びかけている。
https://www.cnn.co.jp/usa/35130548.html
https://www.cnn.co.jp/usa/35130548-2.html

http://archive.is/6bepn
http://archive.is/M4PFr
posted by BNJ at 22:37 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(世界発2018)南ア、ペンギン危機 20年で7割減、絶滅回避へ保護活動【朝日新聞デジタル2018年12月24日】

ボルダーズビーチでくつろぐケープペンギン

 南アフリカのケープペンギンが環境の悪化で減少を続け、このままでは絶滅する恐れがあると言われている。観光客でにぎわうアフリカ最南端の生息地へ行ってみた。(ケープタウン=石原孝)

 11月中旬。ケープタウン中心部から車で1時間ほど離れた場所にあるケープペンギンの繁殖地、ボルダーズビーチを訪ねた。体長…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13825405.html

http://archive.is/x59Uk
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

愛らしい【産経フォト2018年12月22日】

AP=共同 ドイツの動物園でプールに飛び込んだペンギン。愛らしい顔がカメラに迫ってきました。
https://www.sankei.com/photo/daily/news/181222/dly1812220001-n1.html

http://archive.is/Ik9e6
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

中国、「吉祥の鳥」を日本に贈呈 トキが結ぶ中日の友情【中国国際放送2018年12月21日】

 中日平和友好条約締結40周年を記念するため、中国政府は10月、日本につがいのトキ「楼楼」と「関関」を贈りました。中国から日本にトキを贈るのは11年ぶりのことで、日本のトキ繁殖に協力するためであり、トキで結ばれている両国の友情を続けるためでもあります。

 トキは中国では「吉祥の鳥」とされ、日本では伝説の中で「仙人が飼っているツル」として、両国の国民に好まれています。現在、この2羽のトキは新潟県佐渡トキ保護センターで暮らしています。

 中国が日本のトキ繁殖に協力すると同時に、日本も政府と民間の保護プロジェクトを通じて、中国のトキ生息地の保護活動を支援しています。トキの保護をめぐる両国の協力は、世界の野生動物保護史上における成功モデルとなっています。

 佐渡市の三浦基裕市長は、「トキは中国と連がる絆になっている」と示し、中国外交部の耿爽報道官もこれに先立ち、「トキは既に両国人民の友情のシンボルになっている」と述べました。(玉華、星)
http://japanese.cri.cn/20181221/cb6f2b9c-b90a-a54e-608b-2486e7fbf394.html

http://archive.is/NQ4pD
タグ:中国 トキ
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする