2018年11月06日

生態系を乱す風力発電所の「天敵」効果、国際研究【AFPBB News2018年11月6日】

【11月6日 AFP】一部の生態系においては、風力発電所が最上位の「捕食者」として機能しており、食物連鎖の頂点に位置する猛禽類に害を及ぼしているとの研究論文が5日、発表された。論文は、グリーン(再生可能)エネルギーの推進者らが、風力発電所が引き起こしているドミノ効果を見過ごしている現状を指摘した。

 再生可能エネルギー部門で最も急成長している風力は、世界の電力需要の約4%を供給している。

 世界では現在、チュニジアの国土面積にほぼ匹敵する1700万ヘクタール近くが風力発電のために使われている。しかし、風力発電技術が野生生物に及ぼす影響については、開発者から「非常に過小評価」されてきたと、研究者らは警鐘を鳴らしている。

 今回の最新研究では、国際研究チームがインド・西ガーツ山脈(Western Ghats)での風力タービンの使用による影響を調査した。同国の西海岸地域に広がるこの山岳森林地帯は国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界自然遺産(World Heritage)に登録されており、生物多様性の世界的な「ホットスポット」となっている。

 調査の結果、風力タービンがある高原地域では、肉食猛禽類の個体数が、他の地域に比べて4分の1ほど少ないことが分かった。このかく乱が食物連鎖の下位層へと波及し、猛禽類の餌となる小動物の個体数密度と行動を根本的に変化させた。

 特に、猛禽類が好んで捕食するファンスロートリザードと呼ばれるトカゲの個体数をめぐっては、風力タービンが多数ある地域で急増していることを、研究チームは観察を通じて突き止めた。また、基本的に天敵がいない環境では、トカゲの行動と外見に有意な変化が生じたことも確認した。

 論文の筆頭執筆者で、インド理科大学院(IISc)生態学センターのマリア・ターケル(Maria Thaker)助教は、AFPの取材に「われわれが注目した点は、ファンスロートリザードの行動、形態、生理機能などに生じた微妙な変化だった」と語った。

 風力タービン周辺で猛禽類の個体数密度が減少したのに伴い、ファンスロートリザードに対する捕食攻撃の発生率も低下しており、その結果、風力発電所の内部および周辺に生息するトカゲは、起こり得る危険に対する警戒レベルを引き下げていた。

 今回の研究で実施した「天敵攻撃」シミュレーションでは、人の接近でトカゲが逃げ出す限界の距離を測定した。結果、風力タービンから離れた地域に生息するトカゲに比べ、この地帯のトカゲには、最高で5分の1の距離まで近づくことができた。

■「グリーンエネルギーについて賢明になる」

 風力タービン近くのトカゲはストレスホルモンの濃度が低いことが、検査の結果明らかになった。これは西ガーツ山脈に風力発電所が建設されて以降の20年間で出現したであろう特質だ。

 風力発電所については、移動のパターンを乱したり、平均を上回る割合で死を引き起こしたりするなど、野鳥に悪影響を及ぼすことが知られている。

 英科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology & Evolution)」に発表された今回の研究は、風力発電所が猛禽類を寄せつけないことにより、食物連鎖における最上位捕食者の役割を再現していることを示していると、ターケル氏は指摘した。

 同氏はまた、「風力発電所はまるで頂上捕食者であるかのように、生態系内の動物のバランスに変化を引き起こす」としながら、「風力発電所は、猛禽類を殺すという意味ではなく、地域内に存在する猛禽類の個体数を減らすことにより、猛禽類にとっての『捕食者』となっている」と説明した。

 その一方でターケル氏は、人為的炭素排出量が増加を続ける中、風カエネルギーは気候変動の影響の軽減において不可欠だと述べる。

 だが、風力発電所の影響が、地球の生態系のこれまで考えられていたより深いレベルにまで達している証拠が示された以上、こうしたグリーンエネルギー源がもたらす環境的影響への配慮を広げる必要があるとも指摘した。

 ターケル氏は、「風力タービンが飛行動物に悪影響を及ぼしていることを科学者らが認識するのに数十年を要した」と前置きをしたうえで、「グリーンエネルギーの解決策をどのように展開するかについて賢明になる必要がある。地球上の人的設備の設置面積を減らし、建物の上などの、すでに何らかの形でかく乱を受けている場所に風力タービンを設置しよう」と続けた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3196319
http://www.afpbb.com/articles/-/3196319?page=2


posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

気候変動は山鳥の「絶滅を促進」=国際研究【BBCニュース2018年11月2日】

米国とカナダの科学者は10月29日、気候変動が高山山頂付近に生息する熱帯の鳥類の絶滅を早めている新証拠を発見したとする研究を発表した。

研究者はこれまでも長い間、温暖化する世界から逃げるため、多くの生物種がより高地へと移動しているのではないかと予測していた。

しかし、既に標高が地表で最も高い地域に生息する生物はそれ以上高くへ行けず、数を減らすのではないかとみられていた。

今回の研究は、かつてペルー高地の山頂近くに生息していた鳥類8種が現在までに姿を消していると明らかにした。

研究者は特に、熱帯地域の山岳地帯に気候変動が与える影響について懸念している。

論文の筆頭著者で、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学で研究するベンジャミン・フリーマン博士はBBCに対し、「熱帯の山岳地帯は、生物多様性が大きい場所の中で最も暑い地域だ。地球上にある他のどんな場所よりも多くの生物種が生息している」と語った。

「熱帯地域はこれまでより少し暖かくなっただけだが、熱帯性植物や動物は現在、かつてよりも標高が相当高い場所に生息しているようだ」

これらの地域に生息する生物種は、とても脆弱(ぜいじゃく)でもある。熱帯地域における低地と高地の気温差は、世界の他の地域よりも小さいためだ。つまり、高地への移動は、他の地域と比べて熱帯では解決策として効果が薄いかもしれないのだ。

仮説を検証するため、科学者らは2017年、ペルーの市街地から離れた山岳地帯の山頂に生息する鳥類を調査した。

1985年にも同様の調査が行われており、今回の調査チームも同じ場所、同じ時期、同じ方法で調査を進めた。

Image copyrightGRAHAM MONTGOMERY
Image caption
アカイタダキアメリカムシクイ
2度の調査を比較すると、平均して鳥類が生息する地域の標高が高くなっていたことを科学者らは発見した。以前の調査で、最も標高の高い地域で発見されていた鳥類のほとんどは、生息範囲と個体数の双方で大幅な縮小、減少がみられた。

研究者は、最近の温暖化が、鳥類のいくつかを乗せた「絶滅へのエスカレーター」を生み出していると語っている。2度の調査間で、地域の平均気温は摂氏0.5度近く上昇していた。

山頂近くに生息していた鳥類16種のうち、直近の調査では8種が完全に姿を消していた。

「気温が生息条件を左右する主要因だったとすれば、絶滅した鳥類は考えられる限り高いほうへ山を登ったはずだ」とフリーマン博士は述べた。

「30年前に山頂近くで生息していた種は、失われてしまった」

Image copyrightGRAHAM MONTGOMERY
Image caption
ムネアカミドリカザリドリは、ペルー・パンティアコッラ山の高地に生息する
気温上昇により、熱帯のアンデス山脈では、高地に生息する動物や植物の「根絶や絶滅」が広く進み続けるだろうと、論文の著者は警告する。

対照的に、低標高地に生息している鳥類は気候変動で恩恵を受けていることも科学者は発見した。生息地域が広がり、上昇限界は山のかなり上の方まで上がっている。

しかし、現在は高地へ移動できる種であっても、時間と共に選べる選択肢は尽きるかもしれない。

世界の平均気温が今世紀中に摂氏2.6度から4.8度上昇すると、熱帯の生物種は生息地域を500メートルから900メートル上に移さなければならなくなる可能性があると、科学者らは述べる。いくつかの種にとっては、この移動距離は遠すぎるかもしれない。

もう1つの問題は、多くの山で森林が伐採されていることだ。この問題は、生息地を高地へ移動する種の数に限界値を設定する。

「この地域における長期的な生物多様性と自然保護を考えているなら、この過程を無視することは絶対にできない」とフリーマン博士は述べた。

「対処法は、高地の斜面に大きく広がる、保護指定を受けている生息域の回廊を維持することだ」

研究は10月29日、学術誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。

(英語記事 Climate change is 'escalator to extinction' for mountain birds)
https://www.bbc.com/japanese/46028504

http://archive.is/MxnRp
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

脊椎動物の個体数、人間の活動で44年間に6割減 WWF調査【AFPBB News2018年10月30日】

【10月30日 AFP】世界自然保護基金(WWF)は30日に公表した報告書で、1970年から2014年までに、人間の活動によって魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類などの脊椎動物の個体数が60%減少したことを明らかにした。人間のとどまるところを知らない消費行動が地球上の野生生物を大量に殺し、絶滅の淵に追いやっていると警鐘を鳴らしている。

 WWFは4000を超える種の1万6700の個体群を対象に地球規模の調査を実施し、報告書「生きている地球(Living Planet)」の2018年版にまとめた。

 今回の調査によると、淡水動物は44年間で個体数が80%も激減していた。地域別にみると中南米での減少が最も深刻で、90%近く減っていた。

 また、種の消滅率もほんの数千年前に比べ100〜1000倍高くなっているという。

 WWFのマルコ・ランベルティーニ(Marco Lambertini)事務局長はAFPに「状況は非常に深刻で、悪化の一途をたどっている」と指摘。「唯一の良いニュースは、何が起こっているかを私たちが正確に把握しているということだけだ」と述べた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3195165

http://archive.is/vsr0M
posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

ペンギンの同性カップル、卵をかえし子育て中 シドニーの水族館【AFPBB News2018年10月26日】

【10月26日 AFP】オーストラリア・シドニーの水族館で、ジェンツーペンギンの雄の「同性カップル」が卵をかえすことに成功し、子育てにいそしみ始めた。シー・ライフ・シドニー水族館(Sea Life Sydney Aquarium)が26日、明らかにした。

 スフェン(Sphen)とマジック(Magic)の2羽は代わる代わる、今月19日に体重91グラムで生まれたひなの世話しているという。

 2羽はいつも一緒に歩いたり、泳いだりしていたため、飼育員の関心を引いた。その後、巣を作り始めたため試しにダミーの卵を置いたところ温めだしたことから、本物を置くことにした。

 多くの哺乳類と異なり、ペンギンの雄と雌は抱卵(ほうらん)や子育てで完全に同じ役割を果たし、親としての仕事を半分ずつ受け持つ。同水族館のペンギン部門を統括するティシュ・ハナン(Tish Hannan)さんによると、繁殖行動でペンギンの雄と雌の間に大きな違いはないため、ペンギンの雄同士や雌同士の同性カップルが繁殖行動をするのは珍しくないという。

 野生のペンギンでは同性カップルの間にひなが生まれる見込みはない。ひなが生まれなければ新たなパートナーを探すため、野生ペンギンの同性カップルは長続きしないことが多い。しかし、スフェンとマジックは成功体験を積んだため、来年の繁殖期も再びつがいになる可能性が高いという。

 飼育されているペンギンの同性カップルが卵をふ化させた例は今回が初めてではなく、世界で数例報告されている。

 2009年には独ベルリンの動物園で、雄の同性カップル、ツェー(Z)とフィールプンクト(Vielpunkt)が、実の親が育児放棄した卵をふ化させてひなを育てた例がある。
http://www.afpbb.com/articles/-/3194826

http://archive.is/92rJJ
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

「丸顔」の猛禽類、カラフトフクロウ 内モンゴル自治区【AFPBB News2018年10月25日】

17日、内モンゴル自治区牙克石市ウニル鎮のダフリアカラマツの林で、餌を捕って羽ばたくカラフトフクロウ(2018年10月17日撮影)
【10月24日 新華社】中国内モンゴル自治区フルンボイル市の管轄下にある牙克石(ヤクシ)市でこのほど、中国国家二級重点保護野生動物のカラフトフクロウの姿をカメラが捉えた。カラフトフクロウは頭が丸くて大きく、顔立ちがはっきりした猛禽(もうきん)類で、主に原始針葉樹林や針広混交林に生息する。音を立てずに速いスピードで空を飛び、餌を捕る姿はとても荒々しい。
http://www.afpbb.com/articles/-/3194157?pid=20639275

http://archive.is/a0YBY
posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする