2017年08月22日

ことりカフェ主催「鳥フェス博多2017/愛鳥家セミナー」開催♪九州初!インコ・オウム行動コンサルタント石綿美香先生&動物病院・佐久間先生による愛鳥家向けセミナーを「鳥フェス博多」で同時開催♪【プレスリリース2017年8月22日】

「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年9月16日(土)・17(日)の2日間、福岡市内の「ホテルレオパレス博多」(福岡市博多区)にて開催する「鳥フェス札幌2017」(主催:株式会社ことりカフェ)にて、インコ・オウム行動コンサルタントの石綿美香先生講師「愛鳥と幸せな暮らしのために」セミナー、および、熊本の「城南さくま動物病院」に勤務する佐久間由紀子先生講師「愛鳥の健康を管理するために」セミナーを同時開催いたします。※詳細・お申込み⇒ http://kotoricafe.jp/news/1924


〈鳥フェス博多2017セミナー概要〉
1.日程/テーマ:
■9月16日(土)11時〜13時(2H)
・テーマ『発情対策』参加費:2,500円(税込)講師:石綿美香先生
「発情管理は愛鳥との生活には大切な要素のひとつです。鳥達のQOLを重視し、行動の視点からみた発情へのさまざまな対策をご紹介します」
■9月16日(土)14時〜16時(2H)
・テーマ『噛みつき』参加費:2,500円(税込) 講師:石綿美香先生
「鳥は噛むものと思ってあきらめていませんか?噛むには必ず理由があります。
理由をさぐり、噛む必要がない環境を作りましょう。
講座ではさまざまな「噛みつき」の理由と適切な対象方法のさまざまをお伝えします。
鳥も人もストレス少ない生活を目指しましょう」
■9月17日(日)14時〜15時(1H)
・テーマ『愛鳥の健康を管理するために』参加費:2,000円(税込)
講師:城南さくま動物病院・佐久間由紀子先生
「普段診察をしていると、飼い主さんが異常と気づけなかったがために病気の 発見が遅れ、長い入院が必要になったり、助からなかったり、というケースが少なくありません。
なのでどういった症状があれば病院にかかった方がいいのか、という内容を実例写真を出しながら解説します」

2.講演場所:「ホテルレオパレス博多3Fセミナールーム」
(〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目5-33 ※博多駅筑紫口より徒歩約3分)
3.お申込み:http://kotoricafe.jp/news/1924

■石綿 美香 (Mika Ishiwata)先生プロフィール
ALETTA 代表/IAABC公認CPBC(国際動物行動コンサルタント協会公認インコ・オム行動コンサルタント)HPアドレス:http://aletta-mika.wixsite.com/training
上智大学外国語学部英語学科卒。 英国の金融専門出版社勤務。
在英中、一緒に暮らし始めた犬との生活をきっかけに動物の行動や心理に興味を持つ。
Animal Care CollegeにてCanine Psychology、Dog Training Calss Instructionを学ぶ。
2003年D.I.N.G.O.設立以来、犬の行動やトレーニングに関するセミナーやクラスを開催。
2010年より鳥の行動やトレーニングに関するセミナーやクラスを開催。
2016年に独立しALETTAを設立。
動物の行動コンサルティングやセミナー、トレーニングクラスなどを開催。 またそれらに関わる通訳/翻訳を行う。HPアドレス:http://aletta-mika.wixsite.com/training

■佐久間由紀子先生プロフィール
熊本で鳥の診療を始めて7年。城南さくま動物病院に勤務。初めて自分で飼った動物はウズラ。
その後、ジュウシマツ、セキセイインコと続き、現在はオカメインコ、ボタンインコ、セキセイインコと一緒に生活中。

■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−13(巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842 東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000295.000010272.html

http://archive.is/urxQZ

タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆シャボテン動物公園に夏の“ベビー”ラッシュ到来!? 「カピバラ」&「ホオジロカンムリヅル」赤ちゃん誕生【プレスリリース2017年8月22日】

伊豆シャボテン動物公園(運営:株式会社伊豆シャボテン公園、所在地:静岡県伊東市富戸1085番地4)では、2017年8月18日(金)に、「カピバラ虹の広場」に住むカピバラの夫婦・父親の「ケビン」(2013年1月9日生まれ)と母親の「ニンジン」(2012年9月2日生まれ)の間に4頭の赤ちゃんが誕生いたしました。
母親の「ニンジン」は、4回目の出産となります。現在、生まれたばかりの赤ちゃんたちは、「カピバラ虹の広場」内のカピバラ獣舎でお母さんと一緒に過ごしておりますが、これからは、涼しく天候の良い日に外に出て、徐々に外部の刺激に慣れさせ、虹の広場内にてファミリーそろって過ごす予定です。また、誕生を記念して、8月31日(木)まで「れすとらんギボン亭」にて、今夏新メニュー「カピバーガー」(1,200円)を注文した方にカピバラシールをプレゼントいたします。
また、2017年8月12日(土)に、バードパラダイス内にて、ホオジロカンムリヅルの夫婦・父親の「グラデ」と母親の「おじょう」の間に2羽の赤ちゃんが誕生いたしました。赤ちゃんは親と一緒に園内のバードパラダイスでご覧いただけます。

カピバラの赤ちゃん

■カピバラ
英名:Capybara
学名:Hydrochoerus hydrochaeris
分類:齧歯目カピバラ科
分布:南米アンデス山脈の東側・水辺近くの茂みや林に住む。

<カピバラ虹の広場>
2014年7月19日(土)に園内の古代遺跡ロックガーデンの先にオープンしたふれあい施設です。カピバラの生態や不思議な発見など様々な角度から学ぶことができ、夏には広場のシンボル「カピバラの噴水」でカピバラたちと一緒に水遊びをすることもできます。

<カピバラファミリー>
「カピバラ虹の広場」には、両親の「ケビン」「ニンジン」と赤ちゃんたちの2歳年上の3兄弟「ポテト」「ミント」「トマト」、2016年12月に誕生した兄妹「たわら」「いなり」、今回誕生した赤ちゃん4頭の合計11頭のカピバラファミリーがシチメンチョウなどと共にのんびりと暮らしています。

・ケビン(2013.1.9生・オス・体長80cm・体重48kg)
・ニンジン(2012.9.2生・メス・体長80cm・体重40kg)
・ポテト(2015.8.13生・オス・体長74cm・体重31kg)
・ミント(2015.8.13生・オス・体長72cm・体重30kg)
・トマト(2015.8.13生・メス・体長77cm・体重34k)
・たわら(2016.12.9生・オス・体長45cm・体重17kg)
・いなり(2016.12.9生・メス・体長43cm・体重16kg)
・赤ちゃん4頭(2017.8.18生・不明・体長25cm・体重1.5kg)

齧歯目(ネズミの仲間)の中で最も大きく体重50kgにもなります。体長100cm〜130cm、体は頑丈で長くて荒い毛がまばらに生えています。20〜30頭の群れで水辺近くの草原に住み、泳ぎや潜水が得意で四肢の指に小さな水かきがあり、尾はほとんどありません。食性は草食性で、当園ではキャベツ・さつまいも・にんじん・りんご・青草・乾草・草食動物用固形飼料などを与えています。妊娠期間は約5ヶ月、一度の出産で1〜8頭が生まれます。赤ちゃんは生後2〜3日で草やキャベツなどを囓りはじめ、授乳は1日4〜8回、3ヶ月程で離乳をします。寿命は野生では約8〜10年です


【カピバラの赤ちゃん誕生記念!】
<期間>
2017年8月31日(木)まで
れすとらんギボン亭の新メニュー『カピバーガー』を注文すると、カピバラシール1枚プレゼント

※ レストラン営業時間内に限ります
※ 売切れの際はメニューが変更になる場合があります
※ 他の割引制度、キャンペーンなどの併用はできません

■「ホオジロカンムリヅル
英名:Grey crowned cran
学名:Balearica regulorum
分類:鳥綱・ツル目・ツル科・カンムリヅル属
分布:アフリカ大陸南部・ケニア・モザンビーク北部
形態:全長130〜140cm 翼長180〜200cm
体重:4〜5kg

<当園のホオジロカンムリヅル>
雄2羽、雌1羽、ヒナ2羽の計5羽のホオジロカンムリヅルを飼育しております。1960年から飼育を始め、園内のバードパラダイスに放し飼いにしております。今回、8月12日(土)に2羽のヒナが孵りました。

<その他>
餌の時間(1日2回。8時00分頃、15時頃)前後がヒナ連れの姿を比較的見ることができます。
ホオジロカンムリヅルの繁殖期は年1回で、7月〜8月に産卵します。1腹卵数は1〜3個で、色は淡青色、ふ化日数は通常30日程度です。ふ化直後の体重はおよそ150グラムで、親の次の繁殖期が来る頃(約1年)に親離れをし、性成熟は3年で、寿命は約30年です。営巣は湿地にすることもありますが、主に樹上です。雄雌の見分けは姿だけでは見分けにくく、ディスプレイ等で判別しています。また食性は雑食で、昆虫類、節足動物、小型哺乳類、果実、種子等を食べます。地面を叩き、驚いて飛び出した獲物を捕食します。当園では、ピーナッツやトウモロコシ、パンや青菜を好んで食べています。またウガンダの国鳥であり、国旗の中央にはホオジロカンムリヅルが描かれています。
親はふ化後1〜2日でヒナを連れて歩きまわり、ヒナは生後しばらく池に浮いて泳ぐこともあります。雄雌両方で子育てをし、約3ヶ月で背丈は親とほぼ同じ高さに成長しますが、羽根の色など親とまったく同じ姿になるには、約1年かかります。親はヒナがかえるとふ化させた巣とはまた別に営巣し、ねぐらとして使用します。


【伊豆シャボテン動物公園概要】
〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
TEL   : 0557-51-1111(代)
URL   : http://izushaboten.com/
営業時間: 〈3月〜10月〉9:00〜17:00
      〈11月〜2月〉9:00〜16:00
      ※ 夏期営業時間 7月平日・8月28日以降 9:00〜17:00(最終入園16:30)、
       8月平日 9:00〜18:00(最終入園17:30)、
       7月15日〜・8月土日祝、お盆 9:00〜19:00(最終入園18:30)
      年中無休
入園料金: 中学生以上 2,300円、小学生 1,100円、幼児(4歳以上) 400円

https://www.atpress.ne.jp/news/135896

http://archive.is/ZALG3
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

「助けて〜!」ペンギンの逆さ吊り ウミワシが空から誘拐 豪州【ハザードラボ2017年8月18日】

豪州シドニー近郊で、野生のペンギンがウミワシに誘拐された(撮影:John Prats/Earth Touch)
 古来より日本には「神隠し」といって、幼い子供が忽然といなくなったり、訪れてはいけない地に迷い込んで、二度と帰ってこなかったという言い伝えがある。なかでも恐ろしいのが、オオワシやオオタカなどの猛禽類が上空から赤ん坊をさらう話だ。オーストラリア・シドニー近郊では、巨大なウミワシがペンギンを逆さ吊りにして連れ去る瞬間がとらえられた!

 シドニーから南へ50キロ下った港町の沖合にある小島の「ファイブ・アイランズ」には、野生動物の保護区があってペンギンの群れが生息している。

 ここで撮影していた写真家のジョン・プラッツさんが、この光景に出くわしたのは2015年4月。大きな鳥がサッと視界に飛び込んできたかと思うと、地面から何かをつかんで、そのまま飛び去ったという。

「頭上を横切っていくタカの仲間のシロハラウミワシを見たとき、鮭みたいな大きな魚をつかんでいるのだと思いました。思わず撮った写真をデジタルカメラの画面で拡大して見て初めて、ペンギンだとわかったのです」とプラッツさん。

 海岸や湖などの水辺に生息するシロハラウミワシは、木や崖の上で待ち伏せして、魚やウミヘビが水面近くに姿を現したところを素早く飛来して仕留める習性がある。獲物の獲得成功率は九割近い名ハンターだというが、プラッツさんもこんな場面に遭遇したのは初めてだという。

 このペンギンは、オーストラリア南部からニュージーランドに生息し、地元では「フェアリー(妖精)ペンギン」と呼ばれている種類。成長しても体長35センチ程度、体重は1.5キロ余りと世界一小さく、地元の人に愛されている。

 シドニー近郊では最近、海岸近くの民家の縁の下に住みつく個体が増えているというが、それというのも、イネ科のキクユ芝が広がりすぎて、ペンギンの生息地まで侵蝕しつつあるからだという。

 「ゴルフコースにも使われるキクユ芝は、海岸近くの潮風にも負けず、ペンギンの巣穴に入り込んでひな鳥の柔らかい羽毛を傷つけるおそれもある強い芝で、ウミワシより手ごわい相手です」とプラッツさん。ペンギンにとっては、空より陸の闖入者の方がよっぽどおそろしい存在だと話している。
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21571.html

http://archive.is/a7pZV
posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

「佐渡市トキ保護募金」「新潟県トキ保護募金」へ寄付金贈呈 −佐渡市役所と新潟県庁を訪問- 株式会社メニコン【プレスリリース2017年8月17日】

右:新潟県知事 米山隆一氏
右:新潟県佐渡市 副市長 伊藤光氏

株式会社メニコンは稲わら分解促進剤「アグリ革命」シリーズの売上げの一部を寄付する為、8月3日(木)に佐渡市役所を訪問し「佐渡市トキ保護募金」に20万円、また8月4日(金)に新潟県庁を訪問し、「新潟県トキ保護募金」に30万円を寄付致しました。

佐渡市では無農薬の米作りによりトキが生息しやすい環境づくりが進んでおります。環境省は今年7月、新潟県佐渡市でトキ77羽の巣立ちを確認し昨年の39羽から大幅に増え、2008年の放鳥開始以降で最多となったと発表しました。佐渡市で生息する野生のトキの総数は282羽前後と推定されています。

新潟県庁による寄付金贈呈式で新潟県知事の米山隆一氏からも、「寄付のおかげで環境整備が進んでいます」と感謝のお言葉をいただきました。

メニコンは、2011年より新潟県下の「アグリ革命」の売上の一部をトキ保護募金として寄付させていただき、トキの自然環境の保護および保全活動に役立てていただいております。また、新潟県では佐渡市の「朱鷺と暮らす郷づくり認証米」の栽培に必要な冬季湛水で「アグリ革命」の効果があることが実証されています。

稲わら分解促進剤「アグリ革命」シリーズは、コンタクトレンズ・ケア用品の分野で培った技術を環境事業分野に応用して、稲刈り後の水田に残る稲わらを酵素の力で分解させ、稲の生育不全や温室効果ガスの原因となる「ガスわき」、「浮ワラ」を減少させる地球にやさしい資材として2005年に「アグリ革命」を、2012年に「アグリ革命アクア」を発売し、新潟県をはじめ全国の農家様にご利用いただいております。

メニコンは環境に優しい商品開発により、トキが自然界で共存出来る環境作りを支援させていただきます。

※ 「アグリ革命」「アグリ革命アクア」の詳しい商品情報はこちら
< http://www.menicon.co.jp/company/bioscience/>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000005623.html

http://archive.is/qbvNB
タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 22:22 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“リアルな”けもの写真集に出会いを求めるのは間違っているだろうか『世界のかわいい け も の!』発売【プレスリリース2017年8月17日】

元気なサーバルから、砂漠の天使スナネコ、眼光鋭いハシビロコウ、賢いフクロウ、アイドルなペンギン、謎のツチノコまで?! 約41種類の“けもの”のかわいいいだけじゃない、意外な一面もわかるかもしれない、まじめでたっのしー!写真集です。

掲載動物:サーバル、アライグマ、フェネック、カバ、フォッサ、ジャガー、トキ、アルパカ・スリ、コツメカワウソ、スナネコ、ツチノコ?、アメリカビーバー、オグロプレーリードッグ、ライオン、オーロックス(復元種)、アラビアオリックス、ニホンツキノワグマ、ヘラジカ、シロサイ、アフリカタテガミヤマアラシ、オオアルマジロ、パンサーカメレオン、ハシビロコウ、アフリカオオコノハズク、ワシミミズク、ロイヤルペンギン、コウテイペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギン、フンボルトペンギン、マーゲイ、ギンギツネ、キタキツネ、カピバラ、アリツカゲラ、タイリクオオカミ、アミメキリン、ヤギ、キンシコウ、ヒグマ、リカオン

【監修・執筆】大渕希郷(おおぶち・まさと)
京都大学 野生動物研究センター 特定助教。日本モンキーセンター キュレーター兼任。著書に『「もしも?」の図鑑 絶滅危惧種 救出裁判ファイル』(実業之日本社)、『Act of Love – a visual dictionary of animal courtship –』(HUMAN RESEARCH)など多数。科学コミュニケーターとして、テレビ番組や科学館等の展示やイベントの製作、監修も手掛ける。

『世界のかわいい け も の!』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4972

誌面イメージ

サーバル

アライグマ

コツメカワウソ

スナネコ

オグロプレーリードッグ

書籍概要
書名:『世界のかわいい け も の!』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4972
仕様:A5判変型(150mm×150mm)/ソフトカバー/ 112Pages (Full Color)
定価:(本体1,200円+税)
ISBN: 978-4-7562-4972-2 C0072
発売日:2017年8月21日
発売元・編著:パイ インターナショナル

書籍に関するお問い合わせ
株式会社パイ インターナショナル
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4
TEL:03-3944-3981
ホームページ:http://pie.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/pieinternational
ツイッター:https://twitter.com/PIE_BOOKS

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000293.000012505.html

http://archive.is/mU2XT

世界のかわいい け も の!

パイインターナショナル (2017-08-21)
売り上げランキング: 549

posted by BNJ at 22:19 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする