2018年10月18日

鳥の歌、習得の仕組み解明=ドーパミンに模倣機能−東北大【時事ドットコム2018年10月18日】

キンカチョウの雄の幼鳥(左)と成鳥(東北大大学院生命科学研究科の田中雅史助教提供)

 東北大は17日、鳥が親をまねてさえずりを覚える過程に、神経伝達物質のドーパミンが関わっていることを突き止めたと発表した。ドーパミンは、脳内で快楽や運動などに関わる神経間の情報伝達を担うが、模倣させる役割が新たに判明したという。
 米国や中国との共同研究で、論文は英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 研究に用いたキンカチョウでは、成鳥のさえずりを聞いた幼鳥の中脳の働きが活発化してドーパミンが放出され、歌うことをつかさどる感覚運動野に反応が見られた。放出を遮断すると習得しないが、放出中はスピーカーで流したさえずりでも模倣した。
 東北大大学院生命科学研究科の田中雅史助教によると、キンカチョウとヒトのドーパミンの伝達回路には共通点があり、ヒトの高度な模倣行動の仕組みの解明に役立つ可能性もあるという。(2018/10/18-04:47)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101800174&g=soc

http://archive.is/in6lf

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

屋外彫刻 名前募集 門司の稲葉さん、鳥モチーフ作品 /福岡【毎日新聞2018年10月4日】

 屋外彫刻のネーミングを募集します−−。門司区在住の彫刻家、稲葉彬(あき)子さんが、門司港の倉庫で制作中の彫刻がほぼ完成し、名前を募集している。

 東京生まれの稲葉さんは、2013年に門司港美術工芸研究所に入所し、石や粘土を素材に作品を制作してきた。今回、名前を募集しているのは、同研究所に「門司港の象徴になるものを」と依頼された…
https://mainichi.jp/articles/20181004/ddl/k40/040/387000c

http://archive.is/f340V
タグ:鳥類美術
posted by BNJ at 22:44 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鉄道の日>特急「はつかり」雄姿再び 西公園のSLにヘッドマーク 登場60年、国鉄OBら企画【河北新報オンラインニュース2018年10月4日】

蒸気機関車に取り付ける「はつかり」のヘッドマーク

東北線で「はつかり」として客車をけん引した蒸気機関車=仙台市青葉区の西公園

 鉄道の日(14日)に合わせ、仙台市青葉区の西公園に保存展示されている蒸気機関車(SL)に、特急「はつかり」のヘッドマークを取り付けるイベントが13、14の両日開かれる。ヘッドマーク装着は1969年の展示開始以来初めて。かつて東北を縦断した雄姿が2日間限定で復活する。

 はつかりは58年10月、東北初の特急として上野−青森間で運転を開始。展示されているSLもはつかりとして客車をけん引した。SLは東北線が全線で電化された68年まで活躍した。
 今年ははつかり登場60周年になることから、国鉄OBらでつくる市内の蒸気機関車保存会がヘッドマークを探し、保管する愛好家から借り受けた。
 保存会会長の長倉徳之進さん(90)=青葉区=は69年当時、国鉄東北支社の車両課長。西公園のSLの現役時代を支えた。「ヘッドマークを付けた姿を見て、客車を力強くけん引した当時を思い浮かべてほしい」と話す。
 西公園のSLは国内に現存する唯一のC60形となる。風雨の影響で塗装が剥がれて腐食が進んでいたが、2014年秋に本格的に修繕された。きれいに塗り直され、屋根も設置された。
 展示は両日とも午前11時〜午後3時。写真撮影もできる。展示時間以外は盗難防止のためヘッドマークを取り外す。連絡先は保存会の赤塚吉雄さん022(371)6584。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181004_13047.html

http://archive.is/xdDw6
タグ:鳥類意匠
posted by BNJ at 22:39 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重 フクロウ描いて半世紀 伊賀の上田さん津で個展【中日新聞2018年10月4日】

フクロウを描く上田さん=伊賀市霧生で

 伊賀市霧生の画家で県洋画協会会長の上田保隆(かみたやすたか)さん(80)が、故郷のアトリエで五十年近くフクロウを題材にした絵を描いている。伊賀忍者のイメージと重ね合わせ、「見かけは知慮深いが、本性はどう猛。そのギャップが魅力」と話す。津市のギャラリー「三重画廊」で個展を開いており、四十点余を展示している。七日まで。

 アトリエに並ぶフクロウの剥製や雑誌や写真、新聞記事の切り抜き。三十三歳の時、作家司馬遼太郎さんの小説「梟(ふくろう)の城」を読んだのがきっかけだった。フクロウに例えた伊賀忍者の独立自尊の心に引かれた。「以来五十年、私の師匠はフクロウ」と笑う。

 左利きだったが、字を書いたり、食べたりする時は右手を使うよう、親から注意された。「絵を描く時だけは左が許されて、唯一自由でいられる時間だった」と振り返る。矢生中から名張高に進み、美術部で絵を描くことに没頭した。

 関西学院大で美学や哲学を学び、大阪の洋画教室で出会った師匠から「絵に必要なのは精神性」と教えられた。一九七〇年に師匠が亡くなると、その後、山あいにある故郷に戻った。

 恒例となった個展には、色紙サイズから30号までの小作品を中心に、油絵やパステル、陶板を出品。赤い炎の中から野性味あふれる目つきのフクロウが浮き上がる作品など、織田信長に攻められて焼け野原になった天正伊賀の乱での伊賀忍者を表現したものもある。「フクロウの姿に、この年になっても描き続ける力をもらっています」

 ギャラリーは、津市中央の三重額縁ビル三階。午前十時から午後六時(七日は午後五時)まで。(問)三重画廊=059(225)6588

 (飯盛結衣)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20181004/CK2018100402000012.html

https://megalodon.jp/2018-1004-1118-29/www.chunichi.co.jp/article/mie/20181004/CK2018100402000012.html
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

三重 四日市で萬古焼400点一堂に 沼波弄山の生誕300年記念【中日新聞2018年9月30日】(ウズラ)

明治時代のウズラをかたどった急須=四日市市陶栄町のばんこの里会館で

 萬古焼の創始者沼波弄山(ぬなみろうざん)の生誕三百年を記念し、江戸時代から現代の萬古焼を集めた企画展「萬古焼の粋」が二十九日、四日市市陶栄町のばんこの里会館で始まった。十二月二十八日まで。時代の移り変わりとともに姿を変えてきた萬古焼の魅力を伝える。

 作品は四百点で、会場は壁に県産材スギをあしらい、時代やテーマ別に並べる。江戸時代中期の古萬古は、鎖国下でも一七二〇(享保五)年に洋書が解禁となり、弄山は海外の新しい文化を積極的に取り入れた。曲線のついた水差しに赤絵で獅子や竜が描かれた盛盞瓶(せいさんびん)や山水を描いた花入れがあり、異国情緒を感じさせる。

 弄山が亡くなると萬古焼は一時途絶えるが、一八三二(天保三)年に桑名市の古物商、森有節が再興。有節が発明した、金を使ったピンク色のうわぐすり「腥臙脂釉(しょうえんじゆう)」をあしらった色鮮やかな急須や鉢がある。明治時代に入ると輸出が可能になり、職人が技を競いユニークな作品が続出。キューピー人形の置物や、注ぎ口がゾウの鼻やウズラのくちばしになった急須、鉄釜と見間違えるような作品が目を楽しませる。

森有節の「腥臙脂釉」をあしらった急須=四日市市陶栄町のばんこの里会館で

 戦時中は、政府の統制下で金属の代わりを萬古焼が担った。陶製の鍋やガスこんろ、やかんが並ぶ。戦後は海外の発注を受けて作製したビールジョッキやティーカップがある。

 企画展は、萬古陶磁器卸商業協同組合などでつくる実行委員会が主催し、年間を通じた生誕三百年の記念事業の一環。企画展に先立ちセレモニーが開かれ、関係者百人が集まった。

 企画展を監修した市内の陶芸家内田鋼一さん(48)は「萬古焼の魅力は自由なところ。時代とともに技術や原材料も変わってきた」と話す。山本哲也実行委員長(59)は「四日市は工業都市だけでなく、萬古焼もあることを広く知ってほしい」と力を込めた。入場料五百円、中学生以下は無料。月曜休館。(問)ばんこの里会館=059(330)2020

 (高島碧)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180930/CK2018093002000021.html

https://megalodon.jp/2018-0930-1309-18/www.chunichi.co.jp/article/mie/20180930/CK2018093002000021.html
posted by BNJ at 13:10 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする