2017年05月25日

美を継ぐ 上村三代 <10>人生には限りがある【読売新聞2017年5月25日】(コマドリ/ケリ)

「間之町(あいのまち)の家」で、金魚が泳ぐ水槽を前にスケッチをする松篁(左)と、松園。2人の絵描きならではの真剣なまなざしが、淳之にも影響を与えた(1930年頃、松伯美術館提供)
 奈良・平城山の「唳禽荘れいきんそう」で飼っている鳥は200種1000羽を超える。毎朝、淳之は様子を見て回る。

 ここ1年、この日課を大儀に思うことが増えた。「不摂生が過ぎたか」と気にとめなかったが、知人の勧めで渋々、検査を受けた。早期の胃がんが見つかり、4月に手術した。

 画室での生活が当たり前だったから、絵の道具がないと落ち着かない。病室にスケッチブックと色鉛筆を持ち込んだ。

 「記憶の中の鳥を描こうと思ってな」。水浴びをするコマドリ。朝もやにたたずむケリ。花鳥画への扉を開き、悩んでいた余白表現の手がかりをくれた、胸中に棲すむ鳥たちを。

 松園も松篁も、絵一筋、持ちうる時間すべてを創作に充てた。2人の画室は中庭を挟んで向かい合い、夜更けに松園の仕事場の灯がついていると、松篁は「そんなきつうやったらあきませんで」と声をかけた。返事は決まって「もうちょっとだけ」。「それならば、と負けずに筆をとったもんや」と松篁が度々、言っていた。

 淳之もいつしか「24時間、絵のことを考え、極めるのが絵描きや」と考えるようになっていた。なのに、入院中、「記憶の中の鳥」は1枚も描けなかった。

 「こんな無機質なところにおったら感覚的にも情緒的にも心揺さぶられることがあれへんし、気力が失うせる。早よ出て仕事せな」

 84歳。98歳で天寿を全うした松篁には及ばないが、松園が生きた74の年は、とうに超えた。「人生には限りがある」。思いもよらない病に初めての手術を経験し、切磋琢磨せっさたくまする祖母と父の姿を心に浮かべ、強くそう思った。

 「残された時間でせなあかん仕事は何か、よう考えんと」。退院したその日のうちに画室へ戻り、秋の個展に出す描きかけの大作に向き合った。「これからまた精進の日々や」

(木村未来、敬称略)

 ◇次回は6月中旬に掲載する予定です。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO029414/20170524-OYTAT50000.html

http://archive.is/12QnI

posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

眞子さま、秋篠宮ご夫妻と博物館展ご鑑賞【朝日新聞デジタル2017年5月22日】(モア/始祖鳥)

「大英自然史博物館展」をご覧になる秋篠宮ご夫妻と眞子さま(22日午前、東京都台東区の国立科学博物館で)=三浦邦彦撮影
 大学時代の同級生と婚約する見通しとなった秋篠宮あきしののみやご夫妻の長女眞子まこさま(25)が22日、ご夫妻とともに東京・上野の国立科学博物館を訪れ、特別展「大英自然史博物館展」(読売新聞社など主催)を鑑賞された。

 婚約することが明らかになってから初の公務で、ご両親と一緒に説明に耳を傾け、言葉を交わしながら、絶滅した鳥類「モア」の全身骨格などを見て回られた。

 同展は、恐竜から鳥への進化の過程を示す「始祖鳥しそちょう」の化石標本など、ロンドンの大英自然史博物館が収蔵する約8000万点から厳選した約370点を紹介している。6月11日まで。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170522-OYT1T50031.html

http://archive.is/MTnDg
タグ:モア 始祖鳥
posted by BNJ at 10:12 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

美を継ぐ 上村三代 <7>花鳥画への扉【読売新聞2017年5月21日】

 松篁と淳之が花鳥画に惹ひかれるきっかけになった出来事がある。別々の出来事が驚くほど似ているところが、父と子らしくて微笑ほほえましい。

 松篁は6歳の頃、文鳥を飼い始めた。ある時、餌をやろうとしたら、かごから逃げた。

 「あっと思った瞬間、庭のカエデにとまった文鳥の胸から腹にかけてのえんじ色が、輝くような若葉の色に映えてなんとも奇麗やった」。父は息子に、印象深い彩りの記憶をうれしそうに語った。

 淳之も幼い頃、コマドリを逃がした。網で捕まえようとしたが、松篁に「ええからほっとけ、ほっとけ」と言われて、追うのをやめた。

 コマドリは、池に浮いていたツバキにとまって水浴びを始めた。「逃げてもかまへんからじっとするんやで」。松篁が声を潜めた。

 羽がふるえ、細かなしぶきがあがった。日差しを受けて水滴がきらめき、周りの木々の緑に溶け込んでいく。2人でじっと見入った情景が、脳裏に焼きついている。

 「結局、コマドリは戻ってきました。よう慣れていたからかなあ」

 偶然が生み出す光景が、格別な美を見せることがある。

 花鳥画への扉が開いた。淳之をいざなったのは、心揺さぶる一瞬を知る松篁だったのか。(敬称略)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO029414/20170519-OYTAT50026.html

http://archive.is/GGnIQ
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

希少本など300点ずらり 福岡で世界の書籍展【産経ニュース2017年5月20日】(『アメリカの鳥』)

 世界中の本や貴重な書簡など計300点を集めた「ゆたかなる精神の旅 世界の書籍展」(創価学会「世界の書籍展」福岡展実行委員会主催)が、福岡市博多区のJR九州ホールで開かれている。23日まで。

 古代ギリシャの哲学者、プラトンの著作を16世紀に活版印刷した『プラトン全集』や、マーガレット・ミッチェルの『風と共に去りぬ』初版本といった希少本が並ぶ。

 また、米国各地の鳥類を原寸大で描いた縦1メートルの大型図版本『アメリカの鳥』や、「豆本」と呼ばれる数ミリから数センチ角の極小本まで、バリエーション豊かな本の世界を楽しめる。

 書籍のほかにも、ガンジーやヘレンケラーの書簡や、平成22年に亡くなった人形アニメーション作家、川本喜八郎氏の作品も展示する。午前10時から午後8時まで。入場無料。
http://www.sankei.com/region/news/170520/rgn1705200011-n1.html

http://archive.is/nr63w
タグ:書籍
posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

ブームの卵 マリオン【朝日新聞デジタル2017年5月19日】(イワトビペンギン)

リアルな見た目の折り紙

 ■リアルな見た目の折り紙

 小さなイワトビペンギン、ジンベエザメ、ワモンアザラシ……。これは、視覚と触覚で楽しめる「リアルフェイク」ブランドに新登場した折り紙「オーシャンシリーズ」(15cm四方、3種類各8枚、864円)で折ったもの。広い海原と沿岸域に生息する海の動物たちの皮膚や毛並みを実際に撮影…

残り:451文字/全文:601文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12946144.html

http://archive.is/6y5nh
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする