2018年02月19日

新型インフルエンザ流行に備えるには  宮田満日経BP社特命編集委員に聞く 日経プラス10「フカヨミ」【日本経済新聞2018年2月19日】(鳥インフルエンザ/H7N9型)

小谷:厚生労働省の発表によると、全国のインフルエンザの患者数は今月4日までの1週間に1医療機関当たり54.33人と、統計を取り始めた1999年以降、過去最多となりました。感染症の脅威は今後も拡大するのでしょうか。日経BP社の宮田満特命編集委員に聞きます。厳しい寒さが続く中、インフルエンザの流行が記録的に拡大しています。何が原因でしょうか。

小谷真生子メインキャスター

宮田満日経BP社特命編集委員(2月12日放送)

■パンデミックの発生の危険

 「例年と異なり、A型とB型のインフルエンザが同時に流行する「混合流行」が起こっています。これが患者数過去最大の原因だと思います。春になれば流行は終息に向かうと思います。ただ、こうした季節性インフルエンザとは全く異なり、来年以降流行するリスクが高まっているのが新型インフルエンザです。この対策も非常に急務だと思います」

小谷:新型インフルエンザ対策とは具体的にはどういうものが考えられますか?


 「今月初めに沖縄で、企業などの民間、アカデミア、そして政府や自治体関係者が一堂に会した『第5回日経アジア感染症会議』を開催しました。この会議の中で、東京大学医科学研究所の河岡教授が『H7N9』という鳥インフルエンザウイルスがパンデミック(世界的大流行)になる危険性をはらんでいると警鐘を鳴らしています」

小谷:「H7N9」鳥インフルエンザウイルスとはどのようなウイルスですか?

■アフリカなどの感染症対策も重要

 「鳥だけではなく、鳥から人への感染も確認されている鳥インフルエンザウイルスです。これまでのところヒトからヒトへの感染は報告されていませんが、中国では鳥から感染したヒトが死亡するなど、重症化したケースも出ています。今後、突然変異が起こりヒトからヒトへ感染するようになると、パンデミックは避けられません」

小谷:H7N9のパンデミックに対する対策はあるのでしょうか?

 「日本ではパンデミックが起こった際の行動計画などは作られていますが、ワクチンなどは事前に用意することはできません。そこで、パブリックプライベートパートナーシップ、いわゆる産官学が連携して社会を強くすることが感染症対策に役に立つと考えられます。また、結核やマラリアなどの感染症に悩んでいるアジア・アフリカ諸国の問題を、こうした産官学が連携して解決しようという動きも出ています。ただ、そうはいっても簡単ではありません。たとえば、マラリアの流行地域にはアフリカの最貧国なども含まれるため、治療薬は1回の投与が1ドル以下と非常に抑えられています。そうなると、新薬開発などの資金回収がとても難しくなり、企業は開発を躊躇(ちゅうちょ)せざるを得ないという状況があります」

小谷:その製薬会社にとっての資金面での解決策というのはあるのですか?

■新薬開発しやすい環境整備を


画像の拡大
 「今回の会議でもいろいろ議論されましたが、一番面白い考え方が『デリスク・デリンク』いう考え方です。デリスクとはリスクをはずすことです。具体的に申し上げますと、研究開発投資のリスクを減らすために第三者の非政府組織(NGO)が、自分たちで研究開発をし、許認可まで取ってしまいます。ただし、生産が出来ませんので、生産は製薬会社に依頼することになります。こうした流れができますと、製薬企業は研究開発のリスクが減り、参入しやすくなるということがあります」

小谷:もうひとつの、「デリンク」はどういう意味ですか?


画像の拡大
 「デリンクというのは、売り上げのボリュームと企業の報酬や利益をはずすということです。本来は、商品を売れば売っただけ儲かりますが、そのリンクを断ち切り、別の報酬を用意するということです。先程も申した通り、アフリカやアジアなどでの感染症対策は価格が低くなっているので儲からないのです。売上高に応じてではなく、違う報酬を用意するということになります。例えばアメリカの「オーファン・ドラッグ」制度には、患者が数千人、数万人しかいない小さな市場に対する新薬開発に対してインセンティブが用意されています。オーファン・ドラッグを開発した企業は、新薬承認までの審査期間が通常12カ月かかるところを、6カ月に短縮できる権利を得ます。仮に年間1000億円の利益がある新薬ならば、半年間の短縮で500億円の利益が生まれる。このようなインセンティブの与え方を感染症対策でも導入できないか、という議論が活発に行われています」

小谷:デリスクとデリンクで製薬会社は資金面の心配をすることもなく、ワクチンなどを作ることができるということでしょうか?

 「今まで供給出来なかった商品を、困っている人たちに提供する事が出来るようになります。グローバル経済で地球が小さくなっているのでアジアやアフリカの感染症は、もはや対岸の火事ではありません。アジアやアフリカの感染症を撲滅することが我々の経済活動でも重要であるとともに、来るべき新型インフルエンザよるパンデミック対策でも重要になると思っています」

日経プラス10 今週の放送予定(都合により変更することがあります)
トーク+ フカヨミ+
2/19(月)
どうなる米国経済 日本への影響は?
小野亮(みずほ総研欧米調査部主席エコノミスト) 中小企業の廃業問題
奥平和行(編集委員)
2/20(火)
未定 政治の季節迎える東南ア 離米・親中進む?
高橋徹(経済解説部デスク)
2/21(水)
aiboで狙う新ビジネス
川西泉(ソニー執行役員 ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長) 企業を蝕む「熱意なき職場」
西條都夫(論説委員)
2/22(木)
未定 平昌五輪を総括
北川和徳(編集委員)
2/23(金)
未定 グローバルビュー)
赤川省吾(欧州総局編集委員)
日経プラス10のホームページ

番組は日経電子版、テレビ東京ビジネスオンデマンドで配信しています
https://www.nikkei.com/article/DGXZZO26937940V10C18A2000000/

http://archive.is/wNvv4

posted by BNJ at 21:09 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

ふるさと意識を育てる−兵庫県教委当初予算 教育小規模高校で遠隔授業、中学生には副読本【産経WEST2018年2月16日】(篠山層群の恐竜・鳥類卵化石の発掘)

 兵庫県教委関連の平成30年度一般会計当初予算案は、前年度比0・5%増の3316億2千万円。ふるさと意識の醸成を図る教育や、学力向上方策の充実、安全・安心な学習環境の整備などに重点を置いた。主な新規事業は次の通り。

スクール・サポート・スタッフの配置(3864万円)

 教職員の超過勤務削減のため、授業準備などを行う「スクール・サポート・スタッフ(地域の外部人材)」を小・中学校40校と県立学校6校にモデル的に配置し、効果を検証する。

県立高校2校で遠隔授業の調査研究(570万円)

 千種高(宍粟市)と和田山高(朝来市)で、テレビ会議システムとタブレット端末を活用した遠隔合同授業や他府県高校との交流学習を行う。少子化に対応した学校開設科目の拡大や習熟度別授業の充実が狙い。

ひょうごのふるさと魅力発見副読本作成(1568万円)

 県政150周年を契機に子供たちの県への愛着を高めようと、県の歴史や自然、人物、文化財、産業などを紹介する副読本を作成する。全公立中学校の生徒に配布し、総合的な学習の時間などで活用する。

篠山層群の恐竜・鳥類卵化石の発掘(1835万円)

 丹波市山南町下滝の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層「篠山層群」で平成27年に見つかり、現地保存されている恐竜か鳥類とみられる卵化石の密集地の発掘調査を行う。
http://www.sankei.com/west/news/180216/wst1802160066-n1.html

http://archive.is/koHpL
タグ:鳥類進化
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

聖火でハト焼死・口パク少女…過去の五輪開会式、騒動も【朝日新聞デジタル2018年2月9日】

1988年ソウル五輪の聖火台。点火の際にハトが巻き込まれ、焼け死ぬアクシデントがおこった

 平昌五輪は9日午後8時から開会式が行われる。五輪の開会式ではハトが焼け死んだり、式で独唱した少女が「口パク」だったりと、物議を醸す出来事がたびたびあった。

 韓国で初めての五輪だった1988年夏のソウル大会。開会式の最大の見せ場だった聖火点灯で、直前に放たれたハトが巻き込まれて焼け死ぬアクシデントが起きた。平和の象徴が犠牲になるシーンは全世界に生中継され、議論を巻き起こした。この反省から、近年は開会式でハトを飛ばさない大会が増えている。

 08年夏の北京大会は、開会式で中国の56民族から1人ずつ選ばれた子どもたちが中国国旗を持って入場し、民族団結をアピールした。式の中で独唱した少女は「天使の歌声」と評されたが、実は「口パク」だったことが明らかになった。

 開閉会式の総監督を務めた中国の映画監督、張芸謀(チャンイーモウ)氏は担当者がかわいらしかった少女を表舞台に立たせ、歌声が一番よかった別の少女に歌わせたことを認めた。張氏は「対外的なイメージと国益を考えて採用した方法だ」と説明し、舞台裏で歌った少女は「歌声だけでも披露できて満足、悔しくはない」。

 12年夏のロンドン大会では、…

残り:456文字/全文:936文字
https://www.asahi.com/articles/ASL2872CYL28UTQP05R.html

http://archive.is/QxPfE
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

白亜紀の恐竜か、鳥類か 篠山層の卵化石再発掘へ【神戸新聞NEXT2018年2月1日】

卵化石の発見現場。コンクリートで覆って現地保存している=31日午後、丹波市山南町(撮影・大山伸一郎)
 兵庫県教育委員会は、丹波市と篠山市にまたがる篠山層群大山下(おおやましも)層(篠山層群下部層)の地層から2015年10月に見つかった小型獣脚類恐竜か鳥類とみられる卵化石について、種族の特定や生態系の解明を目指し、現地の地層を来年1月にも発掘する方針を固めたことが31日、分かった。(井上 駿)

 卵化石は約1億1千万年前(白亜紀前期)の地層から見つかり、形状をとどめ密集した状態の発見例は、白亜紀前期では当時、国内初だった。周辺は恐竜か鳥類の営巣地だったとみられ、未確認の卵種の可能性もある。発掘でさらなる新発見も目指す。

 発掘地点は篠山川沿いにあり、卵化石の一部を採取した後、コンクリートで覆って保存していた。人と自然の博物館(三田市)の三枝春生主任研究員によると、現地の地層には卵化石がまだ埋蔵されていることが確認されている。川の渇水期に合わせ、同博物館の研究員や地元のボランティアの協力を得て発見地点周辺を発掘する。県教委は、2018年度当初予算案に事業費を盛り込む方針。

 同館などはこれまでに、少なくとも4個の卵化石と100個近い卵殻のかけらを採取。推定される大きさは高さ5センチ、幅2センチ。ニワトリの卵より小さく、恐竜のものであれば世界最小になるという。細長い形状で殻の表面が滑らかなことなどから、鳥類に近い獣脚類恐竜か鳥類と推定でき、種族の特定に向けて詳細な分析を進める。

 三枝研究員は「白亜紀前期の恐竜や鳥類の繁殖行動を知る上で非常に貴重な手掛かりになる。多くの化石を発掘し、種族の特定や生態系の解明につなげたい」と話す。

【篠山層群】篠山市と丹波市の南北約6キロ、東西約18キロにわたって分布する白亜期前期の地層。2006年8月に丹波市山南町の篠山川河川敷にある同地層で、国内最大級の恐竜「丹波竜(タンバティタニス・アミキティアエ)」が発見された。07年以降には、日本最古級の哺乳類「ササヤマミロス・カワイイ」と、今回の発掘地点近くで新属新種の獣脚類恐竜「ニッポノウーリサス・ラモーサス」の卵の化石も見つかっている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0010946454.shtml

http://archive.is/m2N4A
タグ:鳥類進化
posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

厄よけ願い「うそかえ祭」、大阪 道明寺天満宮【共同通信2018年1月25日】

道明寺天満宮の「うそかえ祭」で袋を交換し合う参拝者=25日、大阪府藤井寺市
 大阪府藤井寺市の道明寺天満宮で25日、厄よけを願い、木彫りのウソ鳥が入った袋を交換し合う「うそかえ祭」があった。境内には「換えましょう、換えましょう」とにぎやかな声が響いた。

 ウソ鳥は神職の手作りで、1万個を用意。参拝者は太鼓が鳴ると交換をやめ、手にしたウソ鳥の底を確認していた。「金」や「銀」の文字があると金製や銀製のお守りがもらえる。

 大阪府八尾市の春山淑子さん(66)は「2年前、娘は『金』が当たり、孫を授かりました。縁起いいんです」と楽しそうに参加していた。
https://this.kiji.is/329150804085015649?c=39546741839462401

うそかえ祭 厄よけ願い「換えましょう」 藤井寺・道明寺天満宮 /大阪【毎日新聞2018年1月29日】

 藤井寺市の道明寺天満宮で25日、厄よけを願い、木彫りのウソ鳥が入った袋を交換し合う「うそかえ祭」があった。境内には「換えましょう、換えましょう」とにぎやかな声が響いた。

 ウソ鳥は神職の手作りで、1万個を用意。参拝者は太鼓が鳴ると交換をやめ、手にしたウソ鳥の底を確認していた。「金」や「銀」の文字があると金製や銀製のお守りがもらえる。

 八尾市の春山淑子さん(66)は「2年前、娘は『金』が当たり、孫を授かりました。縁起いいんです」と楽しそうに参加していた。

 うそかえ祭は902年、儀式中にハチの大群が押し寄せ、ウソ鳥が食べて参拝者を救ったという故事にちなみ、1908年に始まった。一時途絶えたが77年に復活した。
https://mainichi.jp/articles/20180129/ddl/k27/040/239000c

http://archive.is/ipiV9
http://archive.is/MWEf2
posted by BNJ at 10:32 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする