2018年02月19日

女の気持ち スズメの催促 北海道旭川市・鈴木道子(無職・81歳)【毎日新聞2018年2月19日】

 3連休に帰省してにぎやかに語って食べて、満喫した娘や孫たちが帰り、台風が去ったような静かな朝。パジャマ姿のまま新聞を取りに玄関に出ると、スズメが7〜8羽、ドン、ドンとガラス窓に体当たりを繰り返している。

 「何だろう。猫でもいるのかな」と庭を見渡すが、いない。バードテーブルの上のお皿に目をやると空っぽだ。「早く餌を出してよ。ピーイ、ピーイ」「疲れて寝坊したの? ピーイ」などと、話しかけるようにして催促を繰り返していたのだと、やっと気がついた。

 食べる物の少なくなる雪の季節、餌出しをするようになってもう40年以上だ。初めの頃はスズメだけだったが、今ではシジュウカラ、ヒヨドリ、シメ、アカゲラなどがやって来る。雪景色の庭で見る野鳥たちの姿は、目と心を癒やしてくれる。

 夏のうちから餌の用意をする。期限切れ直前で安くなった食パンを刻んだり、豚肉の脂身を冷凍したりといろいろな手間とお金が少々かかるが、冬の楽しみのためと思っている。

 「お金がもったいないね」「野鳥のためにそこまでしなくても」と言われることもあるが、「趣味でしてるの。冬の餌不足の手助けなの」と返している。

 着替えをして餌を持って庭に出ると、木の枝に鈴なりに止まっていたスズメが次々と下りてきた。

 「遅くなってごめん」と声をかけると「連休中は大変でしたね。ピーイ」と話しているようだ。空耳かな?
https://mainichi.jp/articles/20180219/ddm/013/070/050000c

http://archive.is/3IIqV

posted by BNJ at 10:47 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

立春と鴨鍋【山陰中央新報2018年2月6日】

 暦の上では、季節の分かれ目となる節分も立春も過ぎたが、まだ真冬のような寒さが続く。寒波は、もう堪能した。「春一番」の便りが待ち遠しい▼例年なら今からの時季、落ち着かないのは、受験生やその保護者たちだけではない。「春立て鴨(かも)の心のいそがしき」(子規)。宍道湖や中海に飛来して冬を越したコハクチョウやカモなどの水鳥たちも、そろそろ帰り支度を始めるころだ▼渡り鳥がV字形の編隊飛行をするのは、空気の渦を利用することで、使う力を少なくする省エネのためだそうだ。長旅を乗り切る知恵なのだろう。弊社発行の「週刊さんいん学聞(まなぶん)」(昨年11月8日付)で知った。科学ジャーナリストの林義人さんが書いていた▼渡り鳥を含む野鳥と日本人の関係は、食生活の近代化に伴って大きく変わった。仏教の影響もあり675年を最初に、たびたび出された「肉食禁止令」で牛、馬、猿、犬、鶏を食べることが禁じられたため、野鳥は江戸時代まで貴重な栄養源だった▼当時の料理本には20種類前後の野鳥が食材として登場する。雉子(きじ)や雁(がん)、鴨、鶉(うずら)はもちろん、今の感覚ならひんしゅくを買いそうな鶴や白鳥、鴇(とき)、鷺(さぎ)も含まれる。冬場は雁や鴨が重宝され、ネギやセリを合わせて臭みを消したという。鴨南蛮はその頃がルーツか▼裏返せば当時は、それだけ多く野鳥が生息していたことになる。まさか食べ尽くして減ったとは思いたくないが、何にせよ乱獲は生態系を壊す。今年も、飼育された合鴨を鴨鍋でいただこう。(己)
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1517882468186/

http://archive.is/Qt2E3
posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

みんな集合 甘党 桜井克好さん【毎日新聞2018年2月4日】

 今、我が家の庭先のロウバイの木に毎日、メジロがやってきます。リンゴ、ミカンなどを枝に刺してあげていますが、ふとアンパンを半分枝に刺したところ、1羽だけ果物には目もくれず、盛んにアンだけつついていました。きっと私と同じ甘党なんだと、思わず笑ってしまいました。(宇都宮市 桜井克好さん・69歳)
https://mainichi.jp/articles/20180204/ddv/010/070/019000c

http://archive.is/LidGs
タグ:メジロ 給餌
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

韓国と北朝鮮でインフルエンザ流行、冬季五輪前に不安も【CNN.co.jp2018年2月1日】

韓国と北朝鮮でインフルエンザ流行で冬季五輪前に不安も

(CNN) 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕が間近に迫った韓国と北朝鮮でインフルエンザが流行し、選手や観光客の間に不安が広がっている。
世界保健機関(WHO)の23日の報告によると、北朝鮮では昨年12月1日から今年1月16日までの間に12万6574人がインフルエンザのような症状を発症し、8万1640人はA型(H1N1)の感染が確認された。インフルエンザ関連の死者は4人に上り、うち1人は大人、3人は5歳未満の子どもだった。
一方、韓国では12月4日から1月28日にかけ、A型とB型の両方について1250人の感染が報告された。
1月20日までの1週間で医療機関を受診した患者のうちほぼ60%は、インフルエンザの症状を訴えていた。ただ、その前の週の69%に比べると減少している。
南北間ではこれまで人の往来がほとんどなかったことから、北朝鮮からウイルスが持ち込まれる事態も防止できていた。しかし北朝鮮の選手団や応援団が五輪のために韓国入りすれば、感染の拡大を食い止めるのは難しいかもしれないと専門家は危惧する。
平昌のオリンピック村には2月1日、世界90カ国から3000人近い選手団が到着する。
韓国ではソウル近郊の養鶏場で、感染性の高い高病原性鳥インフルエンザ(H5N6)も報告されている。農林畜産食品部の発表によると、これまでに養鶏場で16例、野鳥で10例の鳥インフルエンザが確認された。
政府はウイルスが見つかった養鶏場を隔離して、ニワトリや鶏卵を大量に処分する措置を取っている。これまでのところ、人への感染は確認されていない。
https://www.cnn.co.jp/world/35114061.html

http://archive.is/WAWpj
posted by BNJ at 11:18 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

季語刻々 地を搏つて雀あらそふ春隣【毎日新聞2018年2月2日】

◆昔

地を搏(う)つて雀(すずめ)あらそふ春隣(はるとなり) 堀口星眠
 「搏つ」にははばたく、たたくなどの意味があるが、この句では羽で地をたたいているようすだろう。2羽のスズメがもつれあい、地上に落ちると、羽で地を搏って飛びあがっているのだ。もちろん、交尾をしている。交尾を意味する「鳥交(さか)る」は春の季語だが、春が近づきスズメたちの求愛活動が活発になっている。<坪内稔典>
https://mainichi.jp/articles/20180202/ddm/041/070/145000c

http://archive.is/c2Ldz
タグ:スズメ
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする