2017年10月22日

採卵養鶏「茂木のたまご」 餌の飼料米、地元調達 「循環型」へ農家に鶏ふん堆肥 /栃木【毎日新聞2017年10月22日】

 最新鋭の設備を備えた採卵養鶏企業「茂木のたまご」(茂木町小貫)が、地元農家から飼料用米を調達しながら、鶏ふんを堆肥(たいひ)にして提供するなど、環境循環型の経営を目指している。コメの消費量が減少する中、飼料用米の出荷先があれば、農家にとっても経営の励みになりそうだ。

 茂木のたまごは、前橋市に本社がある採卵養鶏企業「トマル」の子会社。2013年に栃木県に初進出した。昨年4月から産卵鶏舎での採卵が始まり、現在1日60万個の玉子を外食産業やスーパーなどに出荷している。1時間に19万2000個の玉子のサイズや色などを選別して出荷できる最新鋭の鶏卵処理施設を備えている。現在、産卵鶏舎3棟が完成し、さらに2棟の建設を進めている。18年の完成を予定し100万羽を飼育、1日100万個の供給を目指している。

 養鶏飼料は約半分が輸入トウモロコシだが、この一部を町内の農家が栽培する飼料用米に置き換えている。昨年は、飼料用米約30トンを調達したが、茂木のたまごの都丸雄一社長は「まだ足りない状態。最終的にはエサの1割程度まで飼料用米を引き上げたい」と語る。同社では、鶏舎から出る鶏ふんを専用の施設で約2カ月かけて堆肥に加工。コメ農家など地元に供給しており、「循環型の運営を目指していきたい」(都丸社長)という。

 茂木町の21農家で作る「高峯の郷営農組合」(上野孝男組合長)は茂木のたまごと栽培契約を結び、今年は4ヘクタールで飼料用米を作付けた。上野則義副組合長は「耕作放棄地を作らず、飼料用米の生産拡大を図りたい」と語る。

 国によるコメの生産調整(減反)が18年産から廃止される一方、コメの消費量は減少を続けている。地元農家にとって飼料用米の販売先があれば、営農の励みになりそうだ。ただ、「飼料用米に出る補助金がなければ継続は難しい」(農家)との声もあり、定着するかどうかは農業政策の影響を受けそうだ。【古田信二】
https://mainichi.jp/articles/20171022/ddl/k09/040/153000c

http://archive.is/tyTBe

posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<鳥インフル>職員負担軽減へ、宮城県が作業指針を見直し【河北新報オンラインニュース2017年10月22日】

 宮城県は20日、栗原市の養鶏場で3月に高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、作業指針を見直したと発表した。現地での作業効率化や職員の負担軽減を図った。
 殺処分などに従事する職員の作業時間を1回8時間から6時間に短縮。情報分析班を新設し、作業の進み具合や資機材の過不足などを把握し、共有する。主要道路などに設ける消毒ポイントの運営は、発生72時間以降は外部に委託する。
 養鶏場で作業に携わった県職員1292人のアンケートを基に見直した。新マニュアルに沿った防疫演習を11月、仙台市で実施。市町村や関係業界団体の関係者らが参加し、防疫作業の初動態勢を確認する。
 県は6〜9月にニワトリ100羽以上を飼育する県内の養鶏場142カ所を対象に立ち入り調査を実施。約6割の施設で野鳥の侵入を防ぐネットや鶏舎の壁の破損などが確認され、改善を指導した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171022_13021.html

http://archive.is/eLdGc
posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

鳥インフルエンザの防疫演習 新庄【山形新聞2017年10月20日】

生きたニワトリの捕獲訓練を行う参加者=新庄市・県最上総合支庁
 養鶏場での鳥インフルエンザ発生を想定した防疫演習が19日、新庄市の県最上総合支庁で開かれ、同支庁や管内自治体の職員約50人が、発生時の対応と注意点を確認した。

 最上家畜保健衛生所の塩野正志所長は「ウイルスを封じ込めるため、短時間で対処することが重要」と話す。参加者は国内の発生状況を学んだ後、防護服について▽服の隙間をテープでふさぐ▽脱ぐ際は汚染された外側に触れない−など着脱の仕方を確認した。

 ニワトリを使った捕獲訓練も行った。防護服から肌が露出しないよう確認してから、動き回るニワトリを板をかざしながら追い込み、両手でしっかりとつかんで捕まえていた。その後、殺処分の手順も確認した。

 渡り鳥が飛来する前の時期に毎年行っている。
http://yamagata-np.jp/news/201710/19/kj_2017101900424.php

http://archive.is/NLyrG
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

鳥インフル発生に備え 初の初動対応訓練(新潟県)【NNNニュース2017年10月18日】

 去年、県内で相次いだ鳥インフルエンザの発生。関川村と上越市の養鶏場であわせて55万羽のニワトリを殺処分する事態となった。こうした事態に備えようと、村上市で18日、鳥インフルエンザが発生した際の初動を確認する訓練が行われた。

 18日、村上市で行われた訓練には、県の職員や村上市・関川村の職員、陸上自衛隊員などおよそ270人が参加した。
 県内では、去年11月、関川村と上越市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が相次いで確認され、あわせて55万羽のニワトリを殺処分する事態となった。このときに課題となったのが“初動の準備の遅れ”。必要な資材の準備が追いつかず、養鶏場への作業員の派遣に時間がかかるなどの課題が残った。
 県内ではこれまで、殺処分の訓練は毎年行われていたが、去年の事例をうけ、今回は初めて初動対応の訓練を行った。体育館に作業の拠点となる集合場所を設営したほか、2万羽の殺処分に必要な資材を運び込む作業などを行った。
 訓練に参加したのは、殺処分を経験したことがない人がほとんどだ。参加者は、医師や保健師から健康状態のチェックを受けたあと、防護服の着用や殺処分の方法について、手順を確認をした。また、屋外には、養鶏場の出入り口を想定した基地を設置。ウイルスを外部にまん延させないため、作業後に全身を消毒する方法やウイルスが皮膚に触れないように防護服を脱ぐ手順など、一連の流れを確認した。
 去年、県内で相次いで発生した鳥インフルエンザ。これからの時期は、ウイルスを持った渡り鳥が海外から国内に入る恐れがある。
 県は今後もこうした訓練を続けていくとともに、養鶏場に対して、「野鳥や野生動物を敷地内に侵入させないよう、十分注意してほしい」と呼びかけている。
http://www.news24.jp/nnn/news88212136.html

県が高病原性鳥インフル防疫訓練【新潟日報モア2017年10月19日】
防護服への消毒液噴霧などを実演した高病原性鳥インフルエンザの防疫訓練=18日、村上市岩沢

 高病原性鳥インフルエンザが発生しやすい冬場を前に県が18日、高病原性鳥インフルエンザの防疫訓練を村上市岩沢の同市朝日総合体育館で行った。県職員や市町村、隣県の担当者、養鶏業者ら約270人が参加、迅速な対応につながる行動や手順を確認した。

 本県では昨年11月に関川村と上越市の養鶏場で、初めて家禽(かきん)による感染が確認され、計約55万羽の鶏が殺処分された。現場対応で、防疫作業員の健康調査などを行う「集合場所」や、作業の装備を着脱する場所となる「サポート基地」で、初動がスムーズに進まなかった。今回はそれらの立ち上げ、運営に重点を置いた初の訓練となった。

 訓練では、県の職員らが手順を実演。「集合場所」の体育館内では、備蓄資材の搬入や防疫作業員の健康チェックを行った。体育館外の「サポート基地」では作業後の防護服の脱ぎ方などを見せた。見学者は動線をメモしたり、ビデオで動きを撮影したりしていた。

 県畜産課の荻野博明課長は「今日を参考に地域振興局単位で訓練し、万が一に備えてほしい」と呼び掛けた。山形県庄内家畜保健衛生所の細川みえ課長補佐は「山形県では家禽の感染はないが、人員配置、リーダー役の指示内容などが参考になった」と話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20171018352361.html

http://archive.is/frsVo
http://archive.is/r745L
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

家畜や畜産物の魅力に触れて 新潟ふるさと村で「ふれあい畜産フェスタ」【新潟日報モア2017年10月15日】(ヒヨコ)

羊の腸にひき肉を詰め、ソーセージの手作りに挑戦する参加者ら=14日、新潟市西区

 本県の家畜や畜産物の魅力を紹介する「ふれあい畜産フェスタ2017」が14日、新潟市西区の新潟ふるさと村で開かれた。多くの家族連れらが動物と触れ合い、食品を味わった。

 県と県畜産振興協議会が主催し、21回目。会場では県産の肉を使った串焼きやホットドッグ、卵や牛乳がたっぷり入った菓子などが販売され、来訪者は食べ比べを楽しんだ。

 ひよこや子豚といった家畜と触れ合うコーナーも設置。訪れた子どもたちは恐る恐る抱きかかえたり、背中をなでたりしながら、生き物の温かさや体の感触を学んでいた。

 ソーセージの手作り体験教室では、参加者が専用の器具で羊の腸にひき肉を注入。ゆで上がった新鮮なソーセージを味わった。新潟市中央区の女池小3年、坂上晴飛君(9)は「(器具に)腸をはめるのは大変だったけれど、肉を詰めるのが楽しかった。できたてのソーセージは普段食べるものの何倍もおいしかった」と笑顔だった。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20171015351735.html

http://archive.is/B1mOA
タグ:ヒヨコ
posted by BNJ at 10:36 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする