2019年01月29日

乳製品・鶏卵、EUへ輸出解禁 2月のEPA発効前に【朝日新聞デジタル2019年1月29日】

 日本から欧州連合(EU)への乳製品と鶏卵の輸出が解禁されることが28日、わかった。両品目はEUから日本への輸出はできるが、日本からEUへの輸出は検疫上の理由から認められていなかった。2月1日の経済連携協定(EPA)の発効で関税が撤廃されるのを機に、EUが基準を見直す。

 現在のEUの検疫基準では、日本からは牛肉以外の畜産物の輸出は認められていない。一方、日本はEUからの輸入を認めており、2017年はEUから豚肉が1760億円、チーズやヨーグルトなどの酪農品が667億円分輸入されている。

 EPA発効後、日本からEUに輸出するほぼすべての畜産物の関税が撤廃される。農水省は豚肉、鶏肉、鶏卵、乳製品の4品目について輸出を解禁するようEU側と交渉を進め、発効までに結論を出すよう求めてきた。関係者によると、EU加盟国は25日、日本の乳製品と鶏卵の輸入解禁を内定した。近く発表する。

 鶏卵や乳製品の国内生産農家は、農水省や厚生労働省から、加工施設などがEUの衛生基準を満たすと認定を受ければ輸出できるようになる。ただ、当面はカステラなどの菓子やデザートチーズなど、卵や乳の含有量が少なく、施設の認定が不要な製品に限って輸出される見通しだ。

 一方、豚肉と鶏肉は今回、輸出解禁が見送られた。昨年以降、豚コレラや鳥インフルエンザが日本国内で発生していることが理由だ。(大日向寛文)
https://www.asahi.com/articles/ASM1X6J2NM1XULFA02Z.html

EU、日本産乳製品の輸入解禁へ 豚・鶏肉は見送り【産経ニュース2019年1月29日】
 吉川貴盛農林水産相は29日の閣議後の記者会見で、欧州連合(EU)が日本産の乳製品や卵の輸入を解禁することを決めたと明らかにした。今後1カ月程度かかると見込まれるEUの事務手続きを経て解禁される。一方、豚肉や鶏肉は日本での豚コレラや鳥インフルエンザの発生を理由に解禁が見送られた。

 農相によると、EUで25日に解禁の是非を問う投票が実施され、輸入を認めるリストに日本産の乳製品や卵を掲載することが認められた。ただ、輸出するには日本で活用する施設が衛生面などの基準を満たしていることが条件になる。


 農相は解禁が認められなかった豚肉や鶏肉に関し「引き続き協議をしている」と説明した。

 EUは2013年に、日本産牛肉の輸入を解禁している。
https://www.sankei.com/economy/news/190129/ecn1901290032-n1.html

http://archive.is/GgXPv
http://archive.is/BNAIn

posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

農水省 奥久慈しゃも GI登録 地鶏では全国初【茨城新聞クロスアイ2018年12月28日】

農林水産省は27日、農林水産物や食品を地域ブランドとして保護する地理的表示(GI)保護制度の対象に、農事組合法人奥久慈しゃも生産組合(益子実津雄代表)の「奥久慈しゃも」を新たに登録した。

地鶏(鶏肉)としては全国初の登録となり、県産品登録は江戸崎かぼちゃ、飯沼栗(茨城町)、水戸の柔甘(やわらか)ねぎ-に続き4例目。

奥久慈しゃもは、脂肪が非常に少なく筋繊維が緻密なことから、肉汁が豊富で歯応えがある肉質が特徴。大子町をはじめ、常陸大宮、常陸太田、高萩の4市町で生産されており、同組合設立時(1985年)は6500羽ほど生産していたが、2017年度末には7・8倍となる約5万1千羽に拡大した。

都内の高級料亭やレストラン、焼き鳥店、大子町内にあるしゃも料理店68店舗を中心に流通し、同組合は「大子を観光をしながらしゃも料理を味わってほしい。登録を機にブランド力の向上や観光振興につなげたい」(高安正博理事)としている。(小室雅一)
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15459163040901

http://archive.is/Qsk1z
posted by BNJ at 10:22 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

この一年/上 さぬきで鳥インフル 1月 /香川【毎日新聞2018年12月25日】

 ■1月

 10日 さぬき市の農場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを県が発表。遺伝子検査でH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出し、12日までに関連農場を含めた鶏計約9万1000羽が殺処分。2月5日に終息宣言が出された。

 25日 豊島(土庄町)の産業廃棄物処分地で、新たに産廃汚泥約85トンが見つかる。不法投棄された産廃の搬出を2017年3月に完了した処分地で、その後も次々と産廃を発見。

 26日 第90回記念選抜高校野球大会の選考委員会があり、英明の出場が決まる。
https://mainichi.jp/articles/20181225/ddl/k37/040/196000c

http://archive.is/h386E
posted by BNJ at 22:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者の自立 養鶏場で模索【朝日新聞デジタル2018年12月25日】

卵を丁寧に磨く作業が続けられていた=鶴居村久著呂原野の卵らんハウス

鶴居、母親5人が経営15年「卵らんハウス」
 釧路市の母親5人が障害がある子どもたちの働ける場にと、養鶏場「卵(らん)らんハウス」を鶴居村に設けて15年になる。NPO法人に認定され、公的支援が受けられる道指定の事業所になって5年。グループホームの開設をめざし、障害者の自立や社会参加に向けた模索が…
https://www.asahi.com/articles/CMTW1812250100007.html

http://archive.is/S9ziX
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

宮崎)家畜伝染病、防疫「協力を」 宮崎空港で呼びかけ【朝日新聞デジタル2018年12月23日】(鳥インフルエンザ)

国際線利用者にチラシやティッシュで防疫を呼びかける動物検疫所の職員ら=2018年12月、宮崎空港

 韓国や中国で流行している家畜伝染病を水際で食い止めようと、宮崎県家畜防疫対策課と動物検疫所門司支所が21日、宮崎空港で協力を呼びかけた。

 国際線利用者の増加が見込まれる年末年始を前に実施した。職員らは国際線カウンター前で、防疫対策の説明が日本語と韓国語で書かれたチラシやティッシュを配布。畜産物を持ち帰らないことや、必要がない限り現地の農場に立ち入らないことを呼びかけた。

 宮崎空港ではアシアナ航空など3社が国際線を運航。多い日は韓国・仁川空港に2便、台湾・台北空港に1便が往復する。

 農林水産省のまとめによると、昨年以降、韓国で11件の口蹄疫(こうていえき)、2件の高病原性鳥インフルエンザが発生。台湾でも3件の鳥インフルエンザが確認されている。また、アフリカ豚コレラが流行している中国からの乗り換え客も入国する場合があるといい、関係機関は警戒を強めている。

 動物検疫所は「休暇目的の渡航は防疫意識が低下することが多い。楽しい旅の間も注意をお願いしたい」としている。(大山稜)
https://www.asahi.com/articles/ASLDP40WZLDPTNAB004.html

口蹄疫など侵入防止へ 宮崎空港で県など啓発【読売新聞2018年12月28日】
 口蹄疫こうていえきや鳥インフルエンザなどのウイルスが県内へ侵入するのを防ごうと、農林水産省動物検疫所鹿児島空港出張所と県家畜防疫対策課は、宮崎市の宮崎空港で広報活動を行った。

 人の移動が盛んになる年末年始を前に実施。同出張所や県の職員が、国際線カウンター前で韓国に出発する旅行客らに「韓国、中国などで口蹄疫、鳥インフルエンザ発生!」などと日本語と韓国語で書かれたチラシやポケットティッシュを配り、「お土産で肉製品を買わないようにしてください」などと呼びかけた。

 同出張所によると、韓国では今年3、4月、口蹄疫が発生。昨年11月から今年3月にかけては各地で鳥インフルエンザも発生した。同出張所の渡辺富義所長は「病原体を持ち込まないように気をつけてほしい」と話した。
yomiuri.co.jp/local/miyazaki/news/20181227-OYTNT50079.html

http://archive.is/7XzH0
宮崎)家畜伝染病を防げ、県内の関係者一丸【朝日新聞デジタル2018年12月21日】
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする