2019年02月12日

水族館のペンギン突然死 死因は塩分の過剰摂取【神戸新聞NEXT2019年2月12日】

水族館の人気者だったペンギン(姫路市立水族館提供)
 兵庫県姫路市立水族館(同市西延末)で1月下旬、飼育していたフンボルトペンギン(南米原産)11羽のうち8羽が突然死した問題で、同館は12日、「餌のイワシに塩分補給のため塩をまぶしたことで、塩分の過剰摂取になったと考えられる」と発表した。同館は同日、生き残った3羽の展示を再開した。

 同館では1月24日、ペンギンが突然けいれんや嘔吐を起こし、獣医師が点滴や抗生物質の投与などを行ったが、同日に6羽、25日朝までに2羽が死んだ。鳥インフルエンザ検査は陰性で、死因が分からず、同館は可能性として(1)「塩分補給のため」として24日に塩をまぶしたイワシを普段の餌に加えたこと(2)年齢との関連(3)外部からの感染症−の要因を示していた。

 同館によると、死んだ8羽のうち2羽を検査した結果、全身の臓器がうっ血し、塩分の過剰摂取による循環器障害とみられたという。

 従来、塩分補給は海水に漬けた餌を食べさせていたといい、同館は「今後は補給する塩分を適量に抑えるよう気を付けたい」としている。(伊田雄馬)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201902/0012059640.shtml

http://archive.is/gYLng
ペンギン8羽突然死、なぜ? 可能性に3つの要因【神戸新聞NEXT2019年2月5日】

2019年02月11日

オシドリ 冬もアッツアツ 鳥取・日野に飛来【毎日新聞2019年2月11日】

日野川に飛来したオシドリ=鳥取県日野町で2019年2月2日、幾島健太郎撮影
 鳥取県日野町の日野川に、越冬のためオシドリが飛来した。「おしどり夫婦」の例え通り、オスとメスが仲良く寄り添う姿を見せている。

 くちばしが赤く「イチョウ羽」と呼ばれるオレンジ色の鮮やかな羽をまとったオスと、やや小柄で灰色の地味なメスが、川面で羽を休めている。約30年前に地元の愛鳥家らでつくる「日野町オシドリグループ」が、餌付けを始めたところ、最盛期には1000羽以上が飛来するようになった。【幾島健太郎】
https://mainichi.jp/articles/20190211/ddn/001/040/004000c

http://archive.is/tbN0i
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスふん害 条例で歯止め 富山市、餌やり 罰則明文化へ【中日新聞2019年2月11日】

(上)夕方、ねぐらに戻るため樹木の上に集まり始めるカラスの群れ(下)カラスの捕獲用に設置されたおり=いずれも富山城址公園で

県内初 捕獲中心の対策前進
 富山市は、カラスへの餌やりを禁止し、ふん害など生活環境への被害を防ぐ条例をつくる。数千羽が集まる中心街の被害が深刻で、捕獲中心の対策から踏み込み、罰則規定も設ける。カラス対策の条例は県内で初めて。三月市議会で「(仮称)市カラス被害防止条例」案を提案し、可決すれば、七月からの施行を目指す。(山中正義、写真も)

 市の中心街では、官庁やホテルが周辺にある富山城址(じょうし)公園の樹木などがカラスのねぐら。「餌やりをしている人がいて迷惑している」という苦情も市に寄せられ、鳴き声や臭い、通行人や道路へのふん害、羽毛の飛散、威嚇行為といった被害が深刻となっている。北陸新幹線開業で観光客が増える中、まちのイメージダウンも懸念されている。

 市は捕獲用おりを設け、猟友会の協力も得て生息数を減らしてきた。餌やおとり用のカラスでおびき寄せておりの中で捕獲し、処分している。環境保全課によると、中心街をねぐらにするカラスの数は捕獲開始以降、二〇〇八年の約一万二千羽をピークに昨年は約三千六百羽まで減り、効果を上げている。担当者は「餌やりはこうした取り組みに支障を来す。それに野生動物に餌を与えないのは基本」と条例の意義を強調する。

 条例案は、餌やりで生活環境に被害を生じさせてはいけないことを明文化。餌を与えた場合は、市職員が現場を調べたり、関係者に質問したりでき、違反者が是正の命令に従わないと名前を公表する。立ち入り調査の拒否やうその回答などには十万円以下、是正の命令違反には五万円以下の罰金を科す。

 市は十四日まで、条例案への意見を市民から募るパブリックコメントを実施している。条例案は市ホームページなどで閲覧できる。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019021202100012.html

https://megalodon.jp/2019-0212-1037-45/www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019021202100012.html
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(科学の扉)種も卵も…はや情報戦 早めに発芽・一斉に孵化/生存競争を有利に?【朝日新聞デジタル2019年2月11日】

グラフィック・高田ゆき

 あらゆる生物は、コミュニケーションしながら生きている。周囲の環境から情報を集め、仲間や敵にメッセージを伝える――。生存に欠かせないこうした活動は、実は「生まれる前」から活発に行われているらしい。

 縄張りを争って吠える犬。種をまいてくれる鳥たちを、鮮やかな色で誘うサクランボ。体を美しく飾って求愛…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13888727.html

http://archive.is/uqoxl
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地リスク、緩い目算 木曽岬干拓地、分譲募集を開始【中日新聞2019年2月11日】

分譲が開始されるエリア。国との契約のため5年間は「公園」とされたが、実際には利用はほとんどなかった=木曽岬町で

 木曽岬町と愛知県弥富市の木曽川河口にある木曽岬干拓地で今月、県が初めての工業用地の分譲募集を始めた。事業開始から四十年以上放置された広大な干拓地は、二〇一四年に一部でメガソーラー発電が稼働したのに続き、新たな活用へ動きだした。ただ、土地は液状化の危険性が高く、老朽化した堤防は耐震性調査もしていないなど、リスクを抱えたままの分譲開始となった。

 伊勢湾岸自動車道を愛知県に向かって走り、木曽川を越えるとすぐ左右に干拓地が広がる。大半が整地された空き地や手つかずの草原。ソーラーパネルが並ぶ一帯もある。周囲を堤防に囲まれた干拓地はナゴヤドーム九十一個分の四百四十ヘクタール。事業は一九六六(昭和四十一)年、農地拡大のための国営事業として始まり、七三年に内部の水が干上がって土地が完成する「干陸式」を迎えた。

 だが当時、既に米は余り始めていた。事業費だけで百六十億円を費やした木曽岬干拓は、必要がないと分かっても止まらない当時の公共事業の典型となった。干拓地が三重、愛知県境にあったことで両県がもめ、土地は放置され続けた。

 国所有のままでは農地としてしか使えず放置が続くため、三重、愛知両県が二〇〇〇年に国から購入。県は百三十億円を国に支払い、干拓地の四分の三にあたる三百三十五ヘクタールを取得。周辺道路整備などに四十三億円を費やし、維持にも年三千万円かかり、国の失政のつけを県が肩代わりする形になった。

 その後も干拓地活用は進まなかった。水田用につくられた干拓地は、土地が海面より五十センチ低いため五メートルの盛り土が必要。さらに、土地購入の際に県と国が結んだ契約では、公共目的で造成した土地だからとの理由で「五年間は公共利用し、その後民間活用が可能になる」とされた。

 県は購入後、環境影響評価に四年をかけた。その後、干拓地北部の二割ほどの面積で盛り土を始めたが、事業費を抑えようと公共工事の残土だけ使うと決めたため、第一期の二十一ヘクタール分だけで七年かかり、完了は一三年。「公共利用」の制約があるため土地は五年間、公園として開放されたが、県職員も「ほとんど使われなかった」と認める。

干拓地の最初の有効活用となったメガソーラー発電所=木曽岬町で

写真
 この間の一二年には、盛り土をしている部分の南側八十ヘクタールで、県がメガソーラーの誘致を始め、「五年間の公共利用」の用途変更が可能となり一四年に発電所が稼働した。ところが盛り土をした土地では「契約」のため五年間を浪費し、ようやく今年、一期分として十二ヘクタールの民間への分譲が可能になった。

 今後盛り土の部分が順次五年の期限を迎え、企業誘致が可能になる。順調に売れれば、発電所を加えて干拓地の約半分の土地活用にめどが付く。伊勢湾岸道のインターに近い好立地から、県担当者は「工場や物流拠点として問い合わせがある」と手応えを話す。

 しかし、堤防は築五十年が近づき、県も「老朽化しているが耐震評価もしていない」と説明。木曽岬町も堤防強化を国などに求める。もともと川底だった土地は地震時の液状化の危険性も極めて高い。県の担当者は「マイナス要因も企業に説明する」と強調するが、災害時にどの程度のリスクがあるか、県側も正確に評価できていない実情は否めない。

 (森耕一)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190211/CK2019021102000029.html

https://megalodon.jp/2019-0211-1113-41/www.chunichi.co.jp/article/mie/20190211/CK2019021102000029.html
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

市川市 19年度当初予算案 一般会計、過去最高1578億円 /千葉【毎日新聞2019年2月10日】(行徳野鳥観察舎/既報関連ソースあり)

 市川市は8日、2019年度の当初予算案を発表した。生ごみの堆肥(たいひ)化などバイオマス活用の促進事業(2900万円)などの新規事業を盛り込み、一般会計は前年度比9・6%増の1578億円で過去最高となった。

 主な新規事業は、産学官の連携で先進的技術の積極的な導入を進める「いちかわ未来創造」事業(6048万円)▽旧行徳街道地域の文化資源や地域行事などを発信する活性化事業(6850万円)−−など。また、新たな行徳野鳥観察舎の整備に2億367万円を盛り込んだ。

 待機児童対策には、保育園や小規模保育事業所の整備などに20億9396万円を計上し、803人の定員増を見込んでいる。【小林多美子】
https://mainichi.jp/articles/20190210/ddl/k12/010/079000c

http://archive.is/VcZkD

県行徳野鳥観察舎 解体へ 耐震強度不足 市川市、新たに建設 /千葉【毎日新聞2018年11月2日】
野鳥観察舎、感謝の別れ…愛好家ら400人【読売新聞2018年9月30日】
野鳥観察舎を建替え 9月補正予算に設計費計上(市川市)【日本建設新聞2018年9月20日】
県行徳野鳥観察舎 「県と共同設置」 市川市長が意向 /千葉【毎日新聞2018年6月19日】
県行徳野鳥観察舎 存続を 環境保護7団体、市川市に要望書 /千葉【毎日新聞2018年5月25日】
旧陸軍赤レンガ建物 市川市が取得断念 費用負担が多額に /千葉【毎日新聞2017年1月12日】
2016・記者ノート 地域の歴史を守る意味 /千葉【毎日新聞2016年12月25日】
県行徳野鳥観察舎 廃止の方向で検討【読売新聞2016年7月23日】
千葉)行徳野鳥観察舎「存続適当でない」 県行革審【朝日新聞デジタル2016年5月21日】
行徳野鳥観察舎存続を 千葉県野鳥の会、署名提出【千葉日報オンライン2016年4月14日】
行徳鳥獣保護区 フィールドミュージアム研究会 市川で5日、設立シンポ 江戸前干潟の活用検討 /千葉【毎日新聞2016年3月2日】
水辺の自然観察拠点、存続か廃止か 千葉の休館施設巡り【朝日新聞デジタル2016年2月28日】
野鳥観察の拠点、危機 千葉・行徳野鳥観察舎【朝日新聞デジタル2016年2月23日】
【千葉】「野鳥観察舎」は存続、「赤レンガ」は保存を 市川市長が知事に要望【東京新聞2016年2月4日】
行徳野鳥観察舎廃止が大勢 県行政改革審議会【産経ニュース2016年1月20日】
【千葉】「観察舎」存続へ署名計6411筆提出 県行革審の審議前に【東京新聞2016年1月19日】
【千葉】日本野鳥の会など知事に要望書提出 行徳の観察舎存続求め【東京新聞2016年1月15日】
【千葉】赤レンガの「保存」 野鳥観察舎「存続」 市川市長、県に要望へ【東京新聞2016年1月14日】
【千葉】県が廃止方針「行徳野鳥観察舎」 市民団体「自然守る拠点、存続を」【東京新聞2016年1月13日】
行徳野鳥観察舎 県が廃止検討 「自然守る拠点、必要」 最終日570人来館、存続願いイラストや寄せ書き /千葉【毎日新聞2016年1月8日】
野鳥観察舎 存続求め署名【YOMIURI ONLINE2015年12月27日】
行徳野鳥観察舎 28日に休館 老朽化、耐震基準下回る 野外観察会や救護活動は継続 /千葉【毎日新聞2015年12月13日】
posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

2019年2月9日の鳥類ニュース

「けあらし」の中、飛び交うタンチョウ200羽 北海道 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM29540MM29UQIP021.html
http://archive.li/P0VLt

リンゴ園のネズミ食害防げ/天敵フクロウの巣箱製作 Web東奥
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/150409
http://archive.li/UysKS

岩手)木彫の鳥、刻み続け25年 羽毛も彫刻刀で再現 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM1T4DW9M1TUJUB00H.html
http://archive.is/RXldU

「グル」の姿を写真で 諏訪で愛好者ら作品展 長野日報
http://www.nagano-np.co.jp/articles/44209
http://archive.is/eiR5M

新たな学習施設4月オープン 魅力や取り組み紹介 城崎の水族館 神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201902/0012049510.shtml
http://archive.is/Ua82V

地軸 生命を描く 愛媛新聞
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201902090004
http://archive.is/5l7Rw

【キャンプ名言迷言】DeNA・ラミレス監督「オキナワウェザーね」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190209/npb19020905000001-n1.html
http://archive.is/mDJp0

電線の上の鳥はなぜ感電しないの?(親子スクール) 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41007100X00C19A2NZGP00/
http://archive.is/fMjc8

トキの個体群進化の歩み解明 中国の研究チーム 新華社
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%81%AE%E5%80%8B%E4%BD%93%E7%BE%A4%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%E8%A7%A3%E6%98%8E-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/ar-BBTl2Up?ocid=st#page=2
http://archive.is/XxR5S
posted by BNJ at 23:23 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキの個体群進化の歩み解明 中国の研究チーム【新華社2019年2月9日】

 中国陝西省漢中市洋県を流れる漢江(漢水)の川中にある大きな石の上で、羽を休める3羽のトキ。(2018年10月15日撮影)(福州=新華社記者/梅永存)

 【新華社昆明2月8日】中国の一級保護動物、トキの個体群の進化過程を科学者が明らかにし、成果をこのほど国際的学術誌「カレントバイオロジー(Current Biology)」で発表した。

 論文筆頭執筆者で中国科学院昆明動物研究所の張国捷(ちょう・こくしょう)研究員は次のように説明した。トキは世界で絶滅のおそれがある鳥類で保護対象の代表的種であり、人工飼育に成功した種の一つでもある。1950、60年代、野生のトキは絶滅したと考えられていた。80、90年代になって、研究者が秦嶺(山脈)で7羽の野生トキの個体を見つけ、すぐに野外での保護と人工繁殖を行った。その後、中国はトキの国家級自然保護区を設け、個体数を現在の2千羽余りに回復させた。

 トキの遺伝的多様性の歴史的変化を解き明かすため、中国、スペイン、デンマークの科学者によるチームが九つの博物館から57点のトキの歴史サンプルと飼育されていた地域の資源を収集し、時間軸でトキの多様性の進化について研究を行った。

 論文第一著者で、中国科学院大学博士課程の馮少鴻(ふう・しょうこう)氏は次のように説明した。博物館のサンプルは19世紀末から20世紀初めのトキの主要分布地域のものである。これらのサンプルの全ゲノムリシーケンシング(Whole Genome Resequencing)データに基づき、また飼育地域に現在いるトキの個体群(集団)のデータを合わせて、チームは、約1万年前にトキの個体数が早くも減少し始めたことを発見した。

 「当時の気温は(最後の氷期が終わり)暖かくなり、トキの生存に適する地域の、トキに対する制約はすでに小さくなっていた。これは当時トキが人類活動の影響を受けた可能性は一層大きく、この数十年とわれわれが考えていたのに比べ、影響はかなり前からであることを示している」、馮氏はこう話した。

 チームはさらに現代のトキの個体群が過去の遺伝的多様性の半分近くを失っていることに気付いた。「現在の個体群は長期にわたり近親で繁殖したため、近交効果がはっきりと現れている」と張氏は述べ、今後トキの保護活動では分子遺伝学とよりよく結び付けて、遺伝的多様性を維持する必要があると提案した。(記者/岳冉冉)
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%81%AE%E5%80%8B%E4%BD%93%E7%BE%A4%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%E8%A7%A3%E6%98%8E-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0/ar-BBTl2Up?ocid=st#page=2

http://archive.is/XxR5S
タグ:研究 中国 トキ
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする