2017年09月25日

沖縄県養鶏協会『エッグの日』10周年でイベント【鶏鳴新聞2017年9月25日】(羽地鶏)

 夏場の鶏卵消費の伸び悩みを打開しようと、2008年に制定された沖縄『エッグの日』(8月9日)が10周年を迎えたことから沖縄県養鶏協会(崎原勲会長)は今夏、盛りだくさんのイベントや鶏卵の正しい知識をPRする活動を実施し、多くの消費者が地元沖縄県産の卵の魅力に触れた。

『エッグの日』セレモニー

 『エッグの日』当日の8月9日には、県の北部養鶏部会が中心となって、養鶏業が盛んな名護市羽地地域の農畜産物直売施設「羽地の駅やんばるたまご」で「第10回エッグの日セレモニー」を開催。
 式典は當銘由博事務局長の司会で進め、登壇した崎原会長は、施設で常時販売している地元産の「やんばるたまご」と、その親鶏の「羽地鶏」の加工品をエッグの日特別記念価格での販売や、様々なイベントを準備していることを紹介したうえで、科学的な研究成果によって「卵と各種疾病との関連が認められないことから、2015年に改定された『日本人の食事摂取基準』では、コレステロールの摂取目標量(上限値)がなくなった。それどころか卵は完全栄養食品と称される栄養豊富な食べ物であり、皆さんの健康のために、ぜひ卵を食べて元気に過ごしてほしい。今後とも『まーさん印』でおなじみの沖縄県産たまごをよろしく」とあいさつ。
 来賓の稲嶺進名護市長(代理・山里将雄副市長)や長嶺豊沖縄県農林水産部農業振興統括監、久貝富一沖縄県畜産振興公社理事長が祝辞を述べ、平良隆副会長の『エッグの日宣言』ののち、「やんばる卵プリン」と「羽地鶏ジャンボバーガー」の試食会を行なった。

EGG―1グランプリ

 『エッグの日』の後の最初の日曜日となった8月13日には、那覇市の「てんぶす那覇(那覇市ぶんかテンブス館)」前広場で、沖縄県産「まーさんたまご」の特別販売のほか、第10回『エッグの日』開催記念「第1回EGG―1グランプリ」を実施した。
 会場では、県内の飲食店10店舗が、沖縄県産卵を使った自慢の料理やスイーツを出品し、来場者はチケットを購入して各メニューを食べ比べ。
 来場者による投票の結果、「鳥と卵の専門店 鳥玉 泉崎店」(那覇市)の『卵ゴロゴロ黄金タルタルのチキン南蛮丼』『濃厚ふあとろ卵プリン』がグランプリを獲得し、表彰状とトロフィー、卵1ケースが贈られた。準グランプリは「味心 ゆうづき」(浦添市)の『とろとろ玉子チーズそぼろ・ガーリックライス!』、特別賞は「タコライスcafeきじむなぁ」(豊見城市)の『オムタコカレー味&テリヤキチキン』となり、それぞれ賞状と卵1ケースを贈呈。残りの7店舗にも優秀賞の表彰状と化粧箱入り卵3パックを贈った。

エッグの日記念講演会

 同13日には、てんぶす那覇館内で、第級『エッグの日』記念講演会も実施。事務局の安里歩氏の司会で進め、崎原会長のあいさつに次いで、全農福岡畜産生産事業所推進課の池田謙太郎氏が「食べて健康!たまごの栄養セミナー」のテーマで、鶏卵の豊富な栄養成分や、正しい知識について紹介。三ツ星タマリエの資格を持つ「たまごタレント」友加里さんが「たまご料理が100倍好きになる」のテーマで、新鮮な沖縄県産卵を使い、電子レンジだけで手軽にできる「カルボナーラ風ご飯」などを調理実演した。
 平良隆副会長のあいさつで閉会し、来場者は県産卵1パックと卵料理のレシピ集、さらに卵の様々な知識をおみやげに持ち帰った。

さらに県内各地で食育イベント

 8月下旬からは、県南各地の養鶏場が様々なイベントを企画。8月22日には、八重瀬町の仲座養鶏場の主催でラポール学童クラブ(中城村)の子どもたちに、クイズも交えながら卵のサイズ(農林水産省規格)や鶏のエサ、卵がスーパーに届くまでの過程などを紹介。子どもたちが自ら卵を焼いて、ケチャップで思い思いの絵を描く、楽しい調理体験も実施した。
 9月7日には、南城市の旧ゥ奈須フーズの宮城哲治社長らが与那原カトリック幼稚園(与那原町)を訪れ、直営店舗「らんらん家」の焼きドーナツ100個を子どもたちにプレゼント。南風原町の渠ら卵養鶏場は同町社会福祉協議会で「学童・キッズクラブカナ*カナ」の松田かなえ代表理事と侍学園沖縄校の蟇目崇校長に、それぞれ卵を1ケースずつ贈呈した。
 2年前から「裏エッグの日・エッグ感謝の日」と定めている9月8日には、再び見奈須フーズが児童養護施設、島添の丘(南城市)の子どもたちに、卵と焼き菓子をプレゼント。同施設理事の玉城さんからも、卵は1日1個との昔の常識≠ノついて「最近は変わってきましたね」との話が出たとのことだ。
 同日には、うるま市の徳森養鶏場も、同市市役所前でイベントを実施。約1か月間にわたるイベントのトリを飾る<Cベントとして平良副会長も出席のもと、島袋俊夫市長や地元保育園への卵(各10キログラム)贈呈セレモニーを実施し、保育園児が「まーさんたまごの歌」にあわせた「たまごダンス」などを披露。「第1回EGG―1グランプリ」で優勝した鳥玉のメニューも50食ほど無料配布した。
 同日には、うるま市与勝地域の給食にも卵が入ったメニューが提供されたほか、9月13、14の両日には再び美ら卵養鶏場が与那覇公民館(南風原町)と兼城公民館(同)で、卵の正しい知識の啓発活動やシュークリームのプレゼントを実施。
 第10回『沖縄エッグの日』のキャンペーンは、県内養鶏関係者の一致協力のもと、合計10か所の会場で盛りだくさんのイベントが実施され、卵の明るい未来に向けた正しい知識の普及啓発や認知度向上、さらには会員や関係者相互の団結や交流の活発化など多くの成果を収め、大成功となった。

【崎原会長のあいさつでイベントがスタート(上、8月9日、羽地の駅やんばるたまご)、エッグ1グランプリ受賞者の皆さんと崎原会長堰i下、8月13日、てんぶす那覇)】
http://www.keimei.ne.jp/article/20170925n2.html

http://archive.is/wS2yM

タグ:羽地鶏
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界文化遺産登録の沖ノ島、珍しい鳥や植物生息【読売新聞2017年9月25日】(オオミズナギドリ/カンムリウミスズメ/ヒメクロウミツバメ)

オオタニワタリ
飛び立つためタブノキに集まったオオミズナギドリ(宗像市提供)
玄界灘に浮かぶ沖ノ島(奥)と岩礁群
 世界文化遺産に登録された玄界灘の孤島・沖ノ島(宗像市)は、「沖の島原始林」として国天然記念物に指定されている。神職以外の上陸を厳しく規制するなど厳しい禁忌によって自然が守られ、珍しい鳥や植物が生息する島の一面を紹介する。

 沖ノ島は1926年(大正15年)、国指定天然記念物になった。「原始林」とは有史以来、人の手を全く受けていない樹林を指す。近年では、県が2010年にレッドデータブック作成のため、宗像市教委が12年に天然記念物の保存管理計画書策定のため、植生調査を実施するなどしている。

 宗像市世界遺産登録推進室によると、島で最も目立つ樹木はクスノキ科の常緑高木・タブノキ。朽ちかけた大木の幹からは多数の小枝が出ている。大木が朽ちても小枝が育つ循環が、長く続いていると想定される。

 シダ植物のオオタニワタリは亜熱帯植物で、観葉植物として知られる。沖ノ島が自生の北限とされ、沖津宮おきつみや近くの巨岩に付着して葉を広げている場所もある。ヤシ科のビロウも数本ある。鳥が種を運んだ可能性があるという。イワレンゲ、ヒゼンマユミ、フウランなど絶滅が危ぶまれる植物も見られる。

 沖ノ島を代表する動物は、渡り鳥のオオミズナギドリで、10万羽以上が生息しているとされる。夜明け前に一斉に飛び立ち、夜になると戻ってくる。地面を掘って巣穴を作り、卵をかえす。島には卵やひなを狙うヘビなどがおらず、「鳥の楽園」になっているという。

 島から約1キロ離れた岩礁では、国天然記念物のカンムリウミスズメや、ヒメクロウミツバメが確認されている。

 同推進室の岡崇・主任技師は「沖ノ島は厳重な禁忌によって人の行き来が制限され、特異な環境が維持されている。古代の情景とほとんど変わらない奇跡の空間といえる。島を保護し、未来に残すことが我々の使命だ」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/culture/heritage/20170925-OYS1T50017.html

http://archive.is/mjWEd
posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【下関ボート周辺のおすすめスポット】ペンギン30羽で泳ぐイベントは必見!イルカ&アシカ合体ショーも人気【東スポWeb2017年9月25日】(海響館)

ペンギン村
【ボートレース下関・ナイターGI「開設63周年記念・競帝王決定戦」周辺のおすすめスポット】海峡の街・下関――。日本海、瀬戸内海に面している土地柄はもちろん海のイメージが強い。市立しものせき水族館「海響館」は2001年4月、下関駅と唐戸地区を結ぶ新たなにぎわい空間“あるかぽーと”に誕生。「海のいのち・海といのち」をメーンコンセプトにさまざまな生き物を展示している。潮風が薫る海辺の風景に溶け込んだランドマークは海のイメージにピッタリで、下関市民に愛され、市内観光の目玉のひとつである。
★市立しものせき水族館「海響館」=国内最大級のペンギン展示施設「ペンギン村」は、亜南極ゾーンと温帯ゾーンの2つのゾーンに分かれており、約70羽ずつ5種類のペンギンが展示されている。亜南極ゾーンにあるペンギンプールは、一番深い部分で6メートルの水深があり、ペンギン専用のプールとしては世界で一番深いといわれる。30羽ぐらいが集団となり、大編隊を組んで泳ぐイベントもあり、その姿には思わず歓声が上がるほどだ。
 温帯ゾーンは、フンボルトペンギンの特別保護区となっており、チリ国立サンティアゴ・メトロポリタン公園から「生息域外重要繁殖地」にも指定されている。今回、案内してくれた(公財)下関海洋科学アカデミー展示部次長の立川利幸学芸員も「(ここまでの展示は)ここだけしかないでしょうね」と話す。生き生きしているペンギンたちを、いつまでも観察していられる、こだわりが詰まっている。
 他にも見どころは満載だ。下関らしく100種類以上のフグ目魚類の展示や、地球上で最大の生物であるシロナガスクジラの全身骨格標本が展示されているのは日本ではここだけ。関門海峡を背景に全国でも珍しいイルカとアシカが一緒にショーをするアクアシアターも人気のスポットだ。
 また、今秋のおススメの体験型イベントは「魚のエサやり体験」。普段は入ることのできないバックヤードで世界最大級の淡水魚ピラルクやウミガメなどにスタッフと一緒にエサをあげることができる。
 ほかにもハロウィーンの仮装コンテストなど、この時期限定のイベントも盛りだくさんとなっている。

イルカの見えるレストラン
<市立しものせき水族館「海響館」>山口県下関市あるかぽーと6番1号 рO83・228・1100 営業時間は午前9時30分〜午後5時30分(最終入館は午後5時)。年中無休。JR下関駅から「海響館前」バス停まで約7分。入館料は大人2000円、小中学生900円、幼児(3歳以上)400円。
★イルカの見えるレストラン=「海響館」の1階にはイルカの泳ぐ姿を眺めながら食事のできるレストランがある。その名の通り「イルカの見えるレストラン」は昨年7月にリニューアルオープン。白を基調とした店内は心地いい雰囲気で、窓から見えるイルカが泳ぐ様子は、ショーで見せる愛らしい姿とは、違った迫力があり、食事の手を休めて、思わず見とれてしまう。写真撮影もOKで、タイミングが合えばイルカとのツーショットも撮れるかも。もちろん、食事も絶品! 中でも一番人気は手作りハンバーグステーキ(スープ、ライスorパン付き=1330円)だ。
<イルカの見えるレストラン>山口県下関市あるかぽーと6番1号 海響館内 рO83・235・1500 営業時間は午前11時〜午後6時。年中無休。※海響館に入館しなくても直接来店できます。
https://www.tokyo-sports.co.jp/race/boat/775909/

http://archive.is/wB4Xw

大阪航空局、「有害鳥類防除セミナー」を開催 10月19日まで参加者募集【FlyTeamニュース2017年9月25日】(バードストライク)

大阪航空局は2017年10月23日(月)、大阪合同庁舎で「有害鳥類防除セミナー」を開催、10月19日(木)まで参加者を募集しています。

大阪航空局では、国が管理する空港において離発着する航空機と鳥との衝突「バードストライク」を防止するため、空港における防除業務の一部を外部に委託しています。今回開催のセミナーでは、バードストライク防止に係る取り組みと有害鳥類防除業務「バードパトロール業務」について説明を行います。

参加は無料で、14時30分から15時15分まで開催予定となっています。先着20名まで参加でき、参加申し込みは、氏名、所属先などを国土交通省大阪航空局運用課まで電話で連絡します。詳しくは、大阪航空局のウェブサイトを参照ください。
http://flyteam.jp/news/article/84532

http://archive.is/rHuYp
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハト餌やり注意され逆上→蹴り入れて骨折させる 無職男に有罪判決、名古屋【産経WEST2017年9月25日】(既報関連ソースあり)

 ハトへの餌やりをしていて注意してきた男性を蹴ってけがを負わせたとして、傷害罪に問われた名古屋市南区の無職、村永義雄被告(61)に、名古屋地裁は25日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。

 安福幸江裁判官は判決理由で「餌やりを注意されたことに立腹したという動機に酌むべき事情はなく、犯行態様も危険で悪質」と指摘。一方で「男性に謝罪して被害弁償をする意思を示し、再犯をしないと誓っている」として、執行猶予を付けた。

 判決によると、7月11日、自宅近くの公園でハトに餌やりをしていた際、注意した男性=当時(76)=の腹部付近を蹴り、あばら骨を折るなどのけがを負わせた。
http://www.sankei.com/west/news/170925/wst1709250037-n1.html

ハトへ“餌やり男”に有罪判決、注意した男性蹴られ骨折【TBS NEWS2017年9月25日】
 ハトへの餌やりを注意した男性に大けがをさせた罪に問われた名古屋の男に対し、25日、懲役6か月、執行猶予3年の判決が言い渡されました。
 判決などによりますと、名古屋市南区の無職・村永義雄被告(61)は今年7月、南区の公園で、ハトへの餌やりを注意した76歳の男性に腹を立て、蹴るなどの暴行を加え、ろっ骨を折るなどの大けがをさせた傷害の罪に問われています。
 これまでの裁判で、村永被告は、起訴内容を認めたうえで、ハトの餌やりについても「もうやりません」と話し、検察側は、懲役6か月を求刑していました。
 25日の判決公判で名古屋地裁は、「動機に酌むべき事情はない」などと指摘したうえで、「犯行を認め、被害者への謝罪の意思もみられる」とし、懲役6か月、執行猶予3年の判決を言い渡しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3167509.htm

ハトの餌やり注意に逆上“暴行”無職の男に有罪判決【テレ朝NEWS2017年9月25日】
 ハトへの餌(えさ)やりを注意されたことに逆上して男性に暴行してけがをさせた罪に問われた男の裁判で、名古屋地裁はこの男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

 傷害の罪に問われた無職の村永義雄被告(61)は今年7月、公園で76歳の男性の腹を蹴り、肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがをさせました。判決で、名古屋地裁は「ハトへの餌付けを妨害されたことに腹を立て、犯行に及んだ動機にくむべき事情はない」などとする一方、「再犯しないと誓い、被害者に謝罪する意思がある」として村永被告に懲役6カ月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110786.html

http://archive.is/REfxP
http://archive.is/6o3Sy
http://archive.is/56kOc
「ハトへの餌やり」を注意され逆上し男性を暴行した男に懲役6カ月を求刑 名古屋地裁【メ〜テレ2017年9月14日】
「ハトの餌やり男」傷害容疑で逮捕 公園で男性から注意され立腹 名古屋・南区【東海テレビ2017年7月20日】
愛知 ハトに餌まく男性「今後は慎重に」 職員に水掛け、名古屋・南署が聴取【中日新聞2016年3月8日】
ハト餌やりで「ふん害」 トラブルの50代男性を聴取 愛知県警【産経WEST2016年3月7日】
ハトに餌で自宅前など100羽…住民が糞害訴え【YOMIURI ONLINE2016年3月6日】
ハトにエサやり男性に 4回目の行政指導(愛知県)【NNNニュース2016年3月4日】
ハトにえさ、「フン害」で近隣トラブル 名古屋・南区【朝日新聞デジタル2016年2月23日】
posted by BNJ at 21:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白いツバメ、住民驚き 鉾田に飛来【茨城新聞クロスアイ2017年9月25日】

鉾田市子生、畜産業、藤枝猛さん(67)方周辺に白いツバメが飛来し、近所の話題となっている。

藤枝さんによると、白いツバメはほぼ全身が白い羽根に覆われ、足と体の一部に黒色が交じっているという。飛来に気付いたのは14日ごろ。20羽程度のツ…
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15062540010518

http://archive.is/gZVgd
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日に春国岱一斉清掃 ワイズユースの会が参加呼びかけ【根室】【根室新聞2017年9月23日】

豊かな自然をベースに生物多様性を誇る春国岱

 「ラムサール条約湿地」風蓮湖・春国岱の保全とワイズユースを考える会(通称・根室ワイズユースの会、北村信人代表)は、市民協働型による春国岱の一斉清掃を10月7日午前9時半から行う。問い合わせは同事務局(根室市農林課内・0153-23-6111内線2267番)へ。

 同会では毎年、奉仕活動グループが中心となって秋に春国岱周辺海岸の清掃活動を実施。今年はセブン-イレブン記念財団の助成を受けて市民協働型の一斉清掃事業として実施する。

 事前予約の必要はなく、当日は春国岱駐車場に午前9時半までに集合するとよい。なお、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターのレンジャーによる「自然環境にダメージを与えるごみ」をテーマにした10分程度の解説も予定。事務局では「子どもから大人までが地域の自然について再考できるような学びの場としている」とし、多くの市民の参加を呼び掛けている。なお、駐車スペースに限りがあるため、乗り合わせで来場してほしいとしている。

 ワイズユースの会は、ラムサール条約の基本理念である「ワイズユース」(賢明な利用)の普及を目的に、風蓮湖・春国岱のラムサール条約登録湿地を記念して設立。一般財団法人大地みらい基金の助成を受けながら、風蓮湖・春国岱の保全活動などを実践している。

 春国岱に市内初の野鳥観察舎(ハイド)を設置し、市内の野鳥観察舎の整備の先駆けとなったほか、昭和51年に中林照生さんらが編集委員となって根室の貴重な自然や歴史などをまとめたフィールドガイドブック根室の「鳥とけもの編」デジタルブック版を作成。125種の野鳥をカラー写真で紹介しているほか、「野鳥の宝庫―根室」を世界的に広げた文筆家で同会顧問だった故高田勝さんの遺稿となる随筆「根室の鳥」、元根室市自然と歴史の資料館学芸員の近藤憲久さんによる「根室地方で観察されるけものたち」なども掲載している。

 現在、会員数は7団体、22個人で構成。会費は無料で、事務局では「身近にある自然の魅力や大切さを一人でも多くの市民に伝えていきたい」と加入を呼び掛けている。
http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=42242

http://archive.is/YXWZ4
posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIの防疫対策強化を各県に通知 農林水産省【鶏鳴新聞2017年9月25日】(鳥インフルエンザ)

 農林水産省は9月12日、各都道府県に対し、消費・安全局長名で「平成29年度における高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の強化について」を通知した。
 昨年度の国内での発生を受けて今年6月に公表された疫学調査報告書でも、今年秋以降の高病原性鳥インフルエンザウイルスの国内への侵入リスクは高いことと、中国各地の家きんからH7N9亜型ウイルスが検出されていることが指摘されており、今秋以降も引き続き厳重な警戒が必要であることから、渡り鳥の本格的な飛来シーズンを迎える前に、発生予防対策と万一の発生に備えたまん延防止対策に万全を期するよう要請したもの。
 発生予防対策として「家きん飼養農場での飼養衛生管理の確認と指導」と「人・車両、野鳥を含む野生動物を介したウイルスの農場内と家きん舎内への侵入防止」、まん延防止対策として「早期発見・早期通報」と「的確な初動対応の徹底と連携体制の確認」「高病原性鳥インフルエンザの発生に対する必要な人員と防疫資材などの確保」のほか、野鳥のサーベイランス検査の実施などを求めている。
 また農林水産省は、9月20日に東アジア諸国の専門家らと防疫対策などについて意見交換する「口蹄疫及び高病原性鳥インフルエンザ防疫に関する日中韓等東アジア地域シンポジウム」、翌21日に各都道府県の家畜衛生担当者と防疫体制を確認する「平成29年度高病原性鳥インフルエンザ防疫対策強化推進会議」を開いた。
http://www.keimei.ne.jp/article/20170925t2.html

http://archive.is/6RBsj
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする