2017年07月21日

目撃情報求む! バードリサーチが「ホシガラス」の分布を調査中!【ヤマケイオンラインニュース2017年7月21日】

 野鳥の分布や生態行動などを調査しているNPO法人「バードリサーチ」は、2017年から18年にかけて「ホシガラス」の分布調査を実施。現在、目撃情報を収集している。

 ホシガラスは高山に生息するカラスの仲間。全身は黒に近い褐色だが、頬や胸・背中にかけて白い斑模様が広がっているのが特徴だ。繁殖期には亜高山帯の針葉樹林で確認できるが、秋には高山帯、冬には低山帯に移動するものもいるとされており、どの山のどの標高にいるのかは未だにはっきりしていない。

 全長約35cmとカラスにしては小柄だが、尾羽の付け根や先端が白く、飛んでいると目立つという。登山中にホシガラスを見た! という方は、ぜひバードリサーチのウェブサイト上で報告してほしい。



■ホシガラス調査プロジェクト概要

調査期間: 2017年から2018年の2年間
対象山域: 日本全国の山々
参加方法: 下記ウェブページの「目撃情報報告フォーム」より報告する。
詳細URL: http://www.bird-research.jp/1_katsudo/hoshigarasu/index.html



■お問い合わせ

認定NPO法人バードリサーチ
http://www.bird-research.jp/
東京都府中市住吉町1-29-9
https://www.yamakei-online.com/journal/detail.php?id=4250

http://archive.is/vqy4S

posted by BNJ at 23:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本全国の鳥さんグッズ大集合!「ことりカフェ」北九州に登場♪小鳥の雑貨フェスティバル「ことりのとりこ」小倉コレットで開催!【プレスリリース2017年7月21日】

小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム♪」をコンセプトにした「ことりカフェ表参道」(http://kotoricafe.jp/)を運営する株式会社ことりカフェ(本社:東京都港区 代表取締役 川部志穂)は、2017年7月28日(金)〜8月3日(木)まで、小倉コレット1F特設会場(福岡県北九州市小倉北区京町3−1−1)で開催される、「鳥」をテーマにしたイベント「ことりのとりこ」(http://www.colet.co.jp/events/44324/)に参加いたします。今回「ことりカフェ」ブースでは、新作オリジナルグッズや話題の新キャラ“ふろしき文鳥”等、人気のことりグッズを多数販売いたします。


■「ことりカフェ」について
2014年2月に「ことりカフェ表参道」を南青山に、6月に「ことりカフェ吉祥寺」を「三鷹の森ジブリ美術館」目の前に、2016年4月に「ことりカフェ心斎橋」(監修:株式会社ことりカフェ/運営:株式会社エクシードジャパン 代表取締役 嘉康一http://www.exceedjapan.co.jp/)を、12月に「ことりカフェ巣鴨」(運営:株式会社バードモア 代表取締役 木幡直希 http://www.birdmore.com/)をオープン。各店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店はインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」(本社:豊島区)と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」(本社:武蔵野市 オーナーパティシエ 本間淳)と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する話題の“鳥カフェ”。また、2016年11月に「ことりカフェ」公式小鳥雑貨専門店1号店となる「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」(運営:小鳥雑貨専門店「よいなdeことのわ」)を東京・西新井に、2017年2月に第2号店目となる「ことりと。」(運営:小鳥専門店「ことりや ふぁみりぃ/ペットショップ ふぁみりぃ」)を九州・大分県大分市にオープン。

■「ことりカフェ表参道」アクセス
〒107-0062 東京都港区南青山6−3−7(表参道駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ吉祥寺」アクセス
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1−14−7(吉祥寺駅・三鷹駅徒歩15分)
営業時間:10:30〜18:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ心斎橋」アクセス
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4−14−1 南船場BRICK3F(心斎橋駅徒歩8分)
営業時間:11:00〜19:00(定休日:不定休)
■「ことりカフェ巣鴨」アクセス
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3−18−3 (巣鴨駅徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/よいなdeことのわ」アクセス
〒123-0842東京都足立区栗原3−30−14(西新井大師駅徒歩7分)
営業日/営業時間:金・土・日・月/11:00〜18:00
■「ことりカフェGOODS SHOP/ことりと。」アクセス
〒870-0844 大分県大分市古国府10−1 天神ビル1F
定休日/営業時間:毎週火曜日・第2金曜日/11:00〜16:00

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ことりカフェ
担当:川部・矢島
TEL:03-6427-5115/FAX:03-6427-5122
MAIL:info@kotoricafe.jp URL:www.kotoricafe.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000291.000010272.html

http://archive.is/DkEir
タグ:鳥カフェ
posted by BNJ at 23:08 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窓ガラスに衝突…大丈夫? 愛くるしい表情に「かわいい!」 空港に現れた珍客【沖縄タイムスプラス2017年7月21日】

 アオバズク(フクロウ科)が14日、沖縄県の多良間(たらま)空港ロビーのガラスに衝突し、空港職員に保護された。けがはなく、愛くるしい表情を浮かべる珍客の登場に、職員は「かわいい」と大喜びしていた。

多良間空港の職員に保護されたアオバズク=14日、同空港
 しばらくして、職員に見守られながら大空に勢いよく飛び立った。

 アオバズクは頭部から背面に向けて黒褐色の羽毛に覆われている。夏季に中国大陸や朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下して越冬する。和名は青葉が芽生える季節に飛来することが由来という。(長岡秀則通信員)
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/116346

http://archive.is/aXCE2
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「はちきん地鶏」一貫体制へ 高知県大川村に食鳥処理施設【高知新聞2017年7月21日】

11月の本格稼働を目指す食鳥処理施設(高知県大川村下小南川)
 高知県土佐郡大川村が産業振興、村づくりの柱に位置付ける「土佐はちきん地鶏」事業が新たな局面を迎えている。国の補助金などを使って総工費3億3300万円で新設していた食鳥処理施設が大川村下小南川に7月21日完成し、11月に本格稼働する上、村内に鶏舎も新設中で、飼育から加工、販売までの一貫体制が整う。課題の販路拡大へは、関東のコンサルタント会社と契約し、在庫販売にもめどが立ちつつある。...
https://www.kochinews.co.jp/article/113449/

http://archive.is/kOx6m
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなに大きく…富山のライチョウ、誕生1か月【読売新聞2017年7月21日】

順調に生育しているニホンライチョウのヒナ(17日、富山市ファミリーパーク提供)
 富山市ファミリーパークは18日、6月17日に孵化ふかしたニホンライチョウのヒナが1か月経過し、順調に成長していると発表した。

 全身が幼鳥の羽になり、体重は182・3グラムと孵化時の10倍以上に増えた。体長は約20センチ。餌は1日3回程度、粉砕したウサギ用ペレットや粉末状のヒヨコ用配合飼料、小松菜のみじん切りなどを食べているという。

 村井仁志動物課長は「飼育下で次の世代をつくるベースになるヒナなので、しっかり育てたい」と話した。

 ファミリーパークでは、大町山岳博物館(長野県)の卵から13日に孵化した3羽のヒナも育っている。http://www.yomiuri.co.jp/eco/20170720-OYT1T50043.html

http://archive.is/nvkgs
ライチョウ繁殖道半ば ひな誕生1カ月【北國新聞2017年7月17日】

2017年07月20日

7年連続ひなすくすく 下関の海響館ジェンツーペンギン【山口新聞2017年7月20日】

親鳥の体の下から顔を出すジェンツーペンギンのひな=17日、下関市
下関市あるかぽーとの市立水族館「海響館」で、ジェンツーペンギンのひなが2羽生まれた。同種のひな誕生は7年連続。親鳥の体の下から顔を出すなどのかわいらしい姿が人気を集めている。

ひなはそれぞれ6日と8日にふ化し、雌雄は不明。1羽は父親「大五郎」と母親「まめ」の間に、もう1羽は父親「ドクター」と母親「ミミ」の間に生まれた。ふ化当時はいずれも97グラムだったが、17日現在でそれぞれ682グラム、481グラムと順調に成長しているという。

ひなはふ化後約2カ月で親鳥とほぼ同じ大きさに成長し、約80日で巣立ちを迎える。同館海獣展示課の森本大介さん(32)は「何度も足を運んで成長を見守ってほしい」と呼び掛ける。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0720/4p.html

http://archive.is/1ogHd

追跡 雲南の自然に誇りを コウノトリ通じ環境学習 西小 /島根【毎日新聞2017年7月20日】(既報1ソース)

実物大のコウノトリの写真を教室に展示して、生態について学ぶ子どもたち=島根県雲南市立西小学校で、山田英之撮影
実物大写真に「でかっ」 水田で授業、生物の豊富さ知る
 雲南市大東町で今月12日にコウノトリ4羽が放鳥された。4羽が生まれた巣の近くにある市立西小学校(同市大東町仁和寺)では今年度から、コウノトリを通して地域の自然環境を考える4年生の総合学習が始まっている。どんな授業をしているのか、取材させてもらった。【山田英之】

 「翼を広げたコウノトリの大きさは?」

 講師に招いた県立三瓶自然館サヒメル(大田市)の鳥類担当、星野由美子さんが放鳥前日の11日、西小の教室で問いかけた。児童の「2メートル」の答えに、星野さんは「2メートルがどれくらいの大きさか、今日は“秘密兵器”を持って来ました」と言って、実物大のコウノトリの写真を見せた。男の子から「でかっ」と声があがった。


放鳥されたコウノトリを見守る西小児童ら=島根県雲南市で、山田英之撮影
 「これだけ大きな鳥が生活するためには、餌になる多くの生き物が必要。ひなは1日約1キロのドジョウなどを食べています」と星野さんは説明。児童から「コウノトリに病気はありますか」「飛ぶ時、時速何キロ出るの」など質問が次々に出た。

 児童が持っていた教材のプリントには「コウノトリを知る」とタイトルが記されていた。「体の特徴」「巣作り」「子育て」など基礎的な知識から、絶滅した歴史、人工飼育を経て2005年から兵庫県豊岡市で放鳥が始まった経緯も書かれている。繁殖の先進地・豊岡市が発行した「ふるさと学習ガイドブック」を参考にした。

 西小の加納文香教諭や星野さんらは授業の進め方や教材の参考にするため、6月に「コウノトリ学習」が盛んな豊岡市を視察。4羽を人工飼育していた「兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園」や、豊岡市立三江小を訪ねた。三江小の校内にはコウノトリが巣作りしやすいように建てた人工巣塔があり、ひなも巣立っている。

 授業の後、西小4年生の両見明莉さん(10)は「季節でコウノトリの食べる物が違うことや、大人よりひなが餌を多く食べることが分かった」と話した。園村望乃さん(10)は「雲南にコウノトリがもっと増えることが楽しみ」と期待した。

 加納教諭は「実物大の写真にインパクトがあった。2学期の学習発表会で、コウノトリについて調べた成果を発信したい」と計画している。星野さんも「子どもたちの反応がとても良かった。学ぶ意欲が伝わってきた」と振り返った。

     ◇


水田で生き物調査をする西小の子どもたち=島根県雲南市で、山田英之撮影
 「ドジョウの赤ちゃんだ。かわいい」「魚、見つけた」。7月7日の授業では、西小近くの水田で生き物調査をした。ヘビやカエル、ドジョウを採集してコウノトリの餌になる生き物が豊富に生息していることを学んだ。

 水田の所有者で、赤川ほたる保存会会長の松田勉さん(75)は「田んぼが乾くと生き物がすめなくなる。コウノトリが来られるように、年間を通して田に水があるようにしている」と語る。昨年11月ごろから、松田さんの田んぼにもコウノトリが飛来するようになったという。

     ◇

 コウノトリのペアが西小の近くに巣を作り、子育ての地に選んだのは、豊かな自然があったからこそ。「地元の春殖(はるえ)地区の人たちから『西小の子どもたちが頑張っていて、うれしい』という声を聞いている。新しい課題を柔軟に授業に取り入れたい」と和田邦子校長。故郷の自然に誇りを持ち、将来のまちづくりを担う人材を育てることを目指している。
https://mainichi.jp/articles/20170720/ddl/k32/040/383000c

雲南・西小 コウノトリ見守ろう 目撃場所記すボード設置【山陰中央新報2017年7月19日】
見守りボードを担当する西小学校の6年生
 国の特別天然記念物・コウノトリを題材に環境学習を進める島根県雲南市大東町仁和寺の西小学校の児童が、12日に同町で放鳥されたひな4羽と父親の「げんきくん」の目撃場所を地図に記す見守りボードを設けている。住民に呼び掛け、寄せられた情報を基に制作。雲南で大きく成長するよう願い、里山学習につなげる。
 同校は「げんきくんとひなたち応援プロジェクト」として全校165人で親子を見守ろうと決意。11日に校内にボードを設置し、12日に保護者らにメールでの情報提供を呼び掛けた。
 ボードは6年生23人が担当。「熱中症に気をつけてね」「雲南市で家族をつくってね」などのメッセージやイラストと、加茂町と大東町の地図を掲載した。
 ひなや父親とみられるコウノトリが確認された日付を書いたシールを、18日までに赤川沿いの水田を中心とする23カ所に貼った。コウノトリが好む環境を学び、すみやすくするために必要な取り組みを考える。
 放鳥を見た6年生の木村愛梨さん(11)は「伸び伸びと飛んで、きれいだった。地元にすんでくれるのがうれしい」と話し、6年生担当の田浪祐子教諭は「児童の関心は高く、全校の見守り活動をリードしてほしい」と望んだ。
 同校のメールアドレスはnishi‐sho@unnan.ed.jp
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1500427328201/index.html

http://archive.is/U8iC3
http://archive.is/l0bPD
posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鵜飼、無形遺産22年登録目指す 行政や市民、一体感を【岐阜新聞2017年7月20日】

鵜飼観覧船で酒宴を楽しむ観光客ら=7月12日、岐阜市の長良川
 「鵜飼が世界に向け文化遺産に登録されると、岐阜市が全世界に発信される」。2004年、岐阜市議会本会議で当時の商工観光部長は話した。あれから13年−。長良川鵜飼の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録を目指し、着実な前進を続ける。

      ◇

 登録の土台となるのは鵜飼文化の本質的な価値の証明。市は04年から地道な学術調査などを続け、08年に「長良川の鵜飼漁」として県重要無形民俗文化財に、15年に「長良川の鵜飼漁の技術」として国の重要無形民俗文化財にそれぞれ指定された。

 今年2月には市代表団が鵜飼漁を伝承する中国・雲南省大理白(ぺー)族自治州を訪問。中国では119カ所で鵜飼漁が続けられており、海を越えた連携によって鵜飼文化の世界的な認知度向上を図っていこうと画策する。

 「一羽一羽性格も癖も違います」。鵜匠の杉山秀二さんが市民に語り掛けた。登録に不可欠な市民の盛り上がりを図ろうと、市民団体を中心に発足した長良川鵜飼文化応援団は6月、「鵜飼の魅力発見ツアー」を初開催した。団員とともに長良川うかいミュージアム(同市長良)などを巡るツアーは盛況で、定員10人に対し応募は30人を超えた。参加した市内の主婦(67)は「良いツアーだった」と満足そうだった。

 一方、課題も多い。鵜飼は鵜匠だけでなく、鵜舟を作る大工や道具を作る職人、行政、市民団体など多くが関係する。鵜舟の技術継承や船頭の人材不足などそれぞれ課題を抱える。しかし現在、鵜飼関係者が一堂に集い意見交換する場はない。

 市の組織をみても担当部署は商工観光政策課や社会教育課など複数にまたがる。鵜匠代表の杉山雅彦さんは「私たちは(世界遺産の)評価に値するよう責任感を持って行うだけ」としながらも「鵜飼にはいろいろなセクションがあるが一体感が課題。市にも“世界遺産課”のようなものがあればよいのでは」と話す。

 織田信長が愛し、喜劇王チャールズ・チャプリンが二度も足を運んだ市の誇り、長良川鵜飼。毎年10万人以上の観覧者でにぎわう魅力を、さらに発信していくためにも官民一体となったオール岐阜市体制が必要だ。市が「最短で2022年」とする登録に向け、市民の本気度が試される。

 【信長と鵜飼】 長良川の鵜飼が生活のための純粋な漁から観光に利用されるようになったのは、織田信長の時代からといわれる。信長は岐阜入城翌年の1568年、武田信玄の使者を接待するために漁師を集め、鵜飼を披露した。また漁師に鵜匠の号を与え、鵜舟を与えて保護したともいわれる。信長は領主や為政者の保護を受けながら、観光のために「見せる鵜飼」を行うという、現在の長良川鵜飼の原形をつくったといえる。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170720/201707200807_30089.shtml

http://archive.is/lm5a7
長良川鵜飼PRグッズ作製 大垣桜高生【岐阜新聞2017年5月26日】
posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする