2017年11月19日

愛知)習性生かし「ペンギン障害物競走」 南知多BL【朝日新聞デジタル2017年11月19日】

【動画】南知多ビーチランドで「ペンギン障害物競走」=豊平森撮影

障害物競走で、3本のハードルを乗り越えて進むフンボルトペンギン=美浜町奥田

 ハードルを身軽に乗り越え、えさを目指して突き進むフンボルトペンギンの群れ――。南知多ビーチランド(美浜町)で「ペンギン障害物競走」が訪れた人たちを楽しませている。

 海から離れた場所や断崖絶壁にも巣を作り、餌を捕りに大きな岩場も乗り越えて何度も海へ向かう野生の習性を生かした競技。約50メートルのコースには、高さ10センチと15センチのハードルやトンネル、1羽がやっと通れる「細道」も。40羽以上が、ゴールでもらえるアジを目指して、ペタペタと愛敬たっぷりにひた走る。

 飼育員の武沢幸雄さん(35)は「ペンギンのかわいさだけでなく、野生のたくましさにも興味を持ってもらえたら」。競走は26日まで毎日午後1時15分から。問い合わせは南知多ビーチランド(0569・87・2000)。
http://www.asahi.com/articles/ASKCK52NGKCKOBJB008.html

http://archive.is/q2Ud4

タンチョウ 士別に舞う つがい? 2羽飛来【北海道新聞2017年11月19日】

士別に飛来した、つがいとみられるタンチョウ=17日午前10時(阿部浩二撮影)
 【士別】市内南士別町の畑につがいとみられるタンチョウ2羽が飛来し、住民の話題となっている。タンチョウの主な生息地は道東で、士別市立博物館によると、上川北部で見られるのは珍しいという。

 2羽はデントコーン畑で雪の下に残っているコーンを食べるなどしている。畑の向かいに住む農業鈴木庄一郎さん(56)が16日朝に見つけた。鈴木さんは「ハクチョウは珍しくないが、ツルは初めて見た。羽を広げると大きくて、勇壮だった」と話す。16日午後にいったんいなくなったが、17日午前には戻っていた。
残り:92文字/全文:331文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/145945/

http://archive.is/a6fZj
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日新聞による野生フクロウの「救護」報道について(2016年11月5日/6日)

奈良)フクロウの落とし物… 野生だった【朝日新聞デジタル2016年11月5日】
香芝署に届けられたフクロウ=10月、香芝市畑2丁目

 先月、奈良県広陵町の道ばたで弱ったフクロウが見つかり、香芝署に届けられた。拾い主も署も戸惑った「珍客」。ペットかと思いきや……。

 「ほんまに?」
 先月13日の朝、広陵町みささぎ台の阿部勉さん(63)は、犬の散歩から帰った次女(26)に、思わずこう聞き返した。近くの道ばたにフクロウがいたと聞かされたからだ。
 見に行くと、道路脇の溝にうずくまるフクロウが。動物園やペットショップ以外で見たのは初めてだった。「ペットが逃げたのかな」

 両手で抱えて自宅に連れて帰ったが、弱っており、水をあげても飲まない。昼ごろ香芝署へ運び、拾得届を出して飼い主を探してもらうことに。

 署内で拾得物を担当するのは会計課。職員から「かわいい」「飼ってみたい」という声があがったが、体長40センチの体を丸くし、ぐったりしている。五島真紀課長(51)らがえさなどをインターネットで調べたが、よくわからない。結局、「フクロウカフェわたわた」(奈良市)のオーナー脇田和行さん(52)に来てもらった。

 脇田さんに見てもらって国内に生息する「ウラルアウル」と判明した。爪やくちばしの伸び方から「野生だと思います」と脇田さん。「このあたりにフクロウがいるの?」。課内に驚きが広がった。

 動物病院に入院させ、4日かかってやっと立ち上がれた。最後は県の鳥獣対策係が引き取り、葛城市内の山林に放した。あっというまに山へ消えたという。脇田さんは「人の縁がつながり、最後は森に帰れた。幸運でしたね」と話した。(市野塊)
http://www.asahi.com/articles/ASJBZ55ZZJBZPOMB007.html
http://archive.is/iEOKG

どうしたフクロウ、道端でぐったり 住民ら救出リレー【朝日新聞デジタル2016年11月5日】
香芝署に届けられたフクロウ=10月、香芝市畑2丁目

 先月、奈良県広陵町の道ばたで弱ったフクロウが見つかり、香芝署に届けられた。拾い主も署も戸惑った「珍客」。ペットかと思いきや……。

 「ほんまに?」
 先月13日の朝、広陵町みささぎ台の阿部勉さん(63)は、犬の散歩から帰った次女(26)に、思わずこう聞き返した。近くの道ばたにフクロウがいたと聞かされたからだ。
 見に行くと、道路脇の溝にうずくまるフクロウが。動物園やペットショップ以外で見たのは初めてだった。「ペットが逃げたのかな」

 両手で抱えて自宅に連れて帰ったが、弱っており、水をあげても飲まない。昼ごろ香芝署へ運び、拾得届を出して飼い主を探してもらうことに。

 署内で拾得物を担当するのは会計課。職員から「かわいい」「飼ってみたい」という声があがったが、体長40センチの体を丸くし、ぐったりしている。五島真紀課長(51)らがえさなどをインターネットで調べたが、よくわからない。結局、「フクロウカフェわたわた」(奈良市)のオーナー脇田和行さん(52)に来てもらった。

 脇田さんに見てもらって国内に生息する「ウラルアウル」と判明した。爪やくちばしの伸び方から「野生だと思います」と脇田さん。「このあたりにフクロウがいるの?」。課内に驚きが広がった。

 動物病院に入院させ、4日かかってやっと立ち上がれた。最後は県の鳥獣対策係が引き取り、葛城市内の山林に放した。あっというまに山へ消えたという。脇田さんは「人の縁がつながり、最後は森に帰れた。幸運でしたね」と話した。(市野塊)
http://www.asahi.com/articles/ASJBZ55ZZJBZPOMB007.html
http://archive.is/PC7pI


「奈良)フクロウの落とし物… 野生だった」という記事タイトルが、翌日付けで「どうしたフクロウ、道端でぐったり 住民ら救出リレー」に改変されている。そのことについての告知はない。
本件は「誤認救護」が疑われる例であり、当初のタイトルでは住民の行動に非があるような印象を与えるため、住民側への配慮で変更したようにも見える。
朝日新聞デジタルではこのように、記事タイトルや本文を告知なく書き換える例が多数報告されている。
記事から受ける印象が大きく変わる例も多く、このような報道姿勢は問題である。

「誤認救護」とは、自然状態にある野生の鳥獣を相応の理由もなく捕獲してしまう行為。
巣立ち後間もないまだ飛べない幼鳥などを、離れたところにいる親鳥が見守っているにも関わらず、「善意」から「救護」してしまう例が多い。
春の巣立ちの季節には日本野鳥の会などが「 ヒナを拾わないで!!キャンペーン」を行っている。
野鳥の子そだて応援キャンペーン
『ヒナとの関わり方がわかるハンドブック』をご活用ください
落ちているヒナに遭遇した時の対応の仕方がわかる冊子を作りました。子どもでも楽しんで理解できるよう、野鳥の子育ての話やクイズも掲載しています。
お子様にも楽しんでいただけるように、ヒナと出会う場面ごとの対処方法とともに、野鳥の子育ての話やクイズも掲載しました。ご希望の方には無料でプレゼントいたします。
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/


交通事故やガラスへの衝突など人為による怪我の場合は別として、野生下における野生動物の生き死には自然のまま見守るのが適切である。
鳥獣保護法でも野鳥の捕獲、飼育は原則として禁じられている。
 ※「狩猟鳥獣の捕獲」や「捕獲等の特別許可(傷病個体の一時的な保護も含む)」は一部可能だが関係法令に則る必要がある。

市の会計課が県の野生鳥獣関係の部署ではなく愛玩動物を商用に取り扱う「フクロウカフェ」の人物に問い合わせたり、市職員の「かわいい」「飼ってみたい」という野生鳥獣の飼育を是認するかのような発言をするなど、関係諸氏の言動にも多くの問題があり、それを肯定的に書くこの記事もまた問題である。
野生鳥獣に対する安易な対応を美談のように書く報道はしばしば見られる。
正しい見識に基づいた報道を求めたい。
posted by BNJ at 10:37 | Comment(0) | 報道の検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

双眼鏡、売れ行き好調 アイドルの舞台「汗まで見たい」【朝日新聞デジタル2017年11月18日】

ビックカメラなんば店にある双眼鏡売り場=大阪市中央区

 秋は、双眼鏡が活躍する季節です。行楽に、スポーツ観戦に、芸術鑑賞に。コンサート会場へのお供としても定着しています。

きりとりトレンド 話題の商品を紹介
 「双眼鏡を持ってコンサートに行こう!」

 ビックカメラなんば店の双眼鏡売り場には、京セラドーム大阪(大阪市)など、近隣の主な会場の公演スケジュールと座席表が張られている。座席表は舞台からの距離で色分けされ、近ければ「6倍」、遠い席なら「10倍以上」と、おすすめの双眼鏡の倍率が、ひと目で分かる。

 売り場担当の斎藤真貴子さんによると、双眼鏡を買う理由で最も多いのが、コンサート会場での利用だ。ジャニーズや韓流グループの公演が近づくと、女性ファンの購入が急増する。「(公演が増える)年末に向け、今年も在庫を増やします」という。

 倍率が「10倍」とは、実際には100メートル先のものが10メートル先にあるように見えることを表す。倍率を高くすると、一般的には視野が狭まり暗くなる。手ぶれも大きくなる。

 視野や明るさを補うには、外側に付いている「対物レンズ」の大きなものを選べばよい。ただその分大きく、重くなり、値段も高くなる。

 この店での売れ筋は、5千円前後で、軽い小型のものだ。ただ、お目当てのアイドルの「額の汗や真剣なまなざしまで見たい」という理由から、高価格帯の商品への買い替えも多い。

 コンサート需要だけでなく、星空を眺めるのを趣味にする「宙(そら)ガール」による購入も増えている。同店の今年8〜10月の売り上げは、前年比で2割増しになっているという。(清井聡)

ポケットにすっぽり
 ビクセンの「アリーナH8×21WP」は重さ約210g、長さ約9cmで、洋服のポケットにもすっぽり収まる。防水機能も備えており、雨天時の野外コンサートなどでも使うことができる。希望小売価格は8千円。

目にやさしく疲れにくい
 ペンタックスの「UP8×21」は、紫外線などの有害光線や乱反射を抑えるコーティングを、すべてのレンズに施している。目にやさしく、長時間見ていても目が疲れにくい。対象物もくっきり見える効果もあるという。希望小売価格は8500円。

手ぶれ防いで視界鮮明
 キヤノンの「BINOCULARS 8×25IS」は、カメラのように手ぶれ補正機能を備えているのが特徴だ。内部のレンズの一部が手ぶれを打ち消すように上下左右に傾くことで、見えている像を安定させることができる。希望小売価格は5万5千円。

広い視野 野鳥もキャッチ
 独メーカー、カールツァイスの「Victory SF8×42」は、視野の広さや明るさに優れた高級モデルで、バードウォッチングに適している。より広い範囲が見えるため、野鳥を素早く探すことができ、木陰や夕暮れ時などの悪条件でも鳥の姿が細部まで観察できる。希望小売価格31万円。

     ◇

主なメーカーの人気商品から選びました。価格は税別

ビックカメラの売れ筋ベスト5
@アリーナH8×21WP(ビクセン) 4960円

A10×20MCHG(ケンコー) 4100円

BUP8×21(ペンタックス) 5780円

CアトレックU HRシリーズ(ビクセン) 1万5220円〜

DコールマンH8×25(ビクセン) 7380円

※ビックカメラ全店で10月22日までの1カ月間に売り上げた台数。価格は11月2日時点の税別店頭価格(きりとりトレンド)
http://www.asahi.com/articles/ASKC63Q19KC6PLFA002.html

http://archive.is/ZHwHC
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日・県庁と東予地方局 鳥インフル備え防疫の図上訓練【愛媛新聞ONLINE2017年11月18日】

高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、図上訓練に取り組む参加者=17日午後、県庁
 高病原性鳥インフルエンザの発生に備えようと愛媛県は17日、県庁と県東予地方局で防疫演習の図上訓練を行った。約150人が遺伝子検査で陽性が判明するまでに行う防疫措置の準備手順などを確認した。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201711185845

http://archive.is/IIdsa
posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルからコハクチョウ守れ! 米子水鳥公園、監視態勢を強化【産経WEST2017年11月18日】

米子水鳥公園で越冬するコハクチョウ。監視態勢を強化している

 島根県の宍道湖岸で回収された野鳥の死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されている事態を受け、鳥取県米子市の米子水鳥公園は、渡り鳥の監視態勢を強化して警戒に当たっている。

同公園では昨年11月、コハクチョウから鳥インフルエンザウイルスを検出。この経験から、今季は宍道湖でウイルスが確認される前の10月下旬から対策に乗り出した。公園入り口に入退園者の靴を消毒するマットを置き、園内の観察施設の玄関にも消毒液を設置。また、職員は渡り鳥の生息域となっている水辺への立ち入りを自粛している。

 環境省は宍道湖岸の死骸の発見場所から10キロ圏内で野鳥の監視を強化。中海にある同公園は圏外だが、多くの渡り鳥の渡来地とあって、警戒を強めている。

 園内には17日現在、コハクチョウ約300羽のほか、オナガガモやヒドリガモなどカモ類約4500羽が越冬。これまでに異常は見つかっていない。一方で、市民らからは「公園は大丈夫か」との問い合わせが増えているという。

 同公園の神谷要館長は「来園者が減少するなどの影響は今のところみられない。今後も渡り鳥の動向を注意深く見守りたい」と話している。
http://www.sankei.com/west/news/171118/wst1711180047-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/171118/wst1711180047-n2.html

http://archive.is/HYhvP
http://archive.is/UMWIv
9例目の鳥インフル陽性 野生のオオバン死骸 島根・出雲【産経WEST2017年11月17日】(簡易検査)
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅力いっぱいの野鳥 楠本君が初の写真展【わかやま新報2017年11月18日】

 和歌山市立西和佐小学校6年生の楠本光輝君の初めての写真展が30日まで、同市禰宜のケーキサロン・マニエール和佐店で開かれている。

 県内で撮影した野鳥の写真約80点を展示。楠本君は4年生の秋ごろから、母親のフィルムカメラを借りて昆虫や花などを撮影。昨年6月、ためたお金でデジタル一眼レフカメラを購入した。所属する日本野鳥の会県支部のメンバーに写真の撮り方を教わりながら、休みの日には加太や紀伊風土記の丘、わんぱく公園や平池などに出掛けては大好きな野鳥の姿を記録している。

 鳴き声などを頼りに山を歩き、鳥を見つけると、その場の状況に合わせて手動でカメラの設定を変えて撮影。「素早く設定して写さないと、その間に鳥が逃げてしまう。難しいけど、いい瞬間が撮れた時はうれしい」とにっこり。

 会場に並ぶのは、コイを捉えて丸のみしようとするカワウ、巣からカラスを追い払うアオサギ、巣の材料になるクモの巣をくちばしを使って集めるエナガの姿など。和歌山で見られるのは珍しいというクロハラアジサシもあり、特徴や習性など、豆知識も添えている。

 一番のお気に入りは、海(かい)神社で撮影したフクロウのひな。緑の木々に包まれ、こちらに視線を向ける姿が愛らしく「初めて周りの景色を考えて撮った一枚です」。

 夢は、高山に生息し絶滅危惧種にも指定されているライチョウを撮影することで「これからも野鳥の面白い行動や自然の姿を撮りたい。和歌山にもこんなにたくさんの種類の鳥がいることを知ってほしいです」と笑顔で話している。

 午前9時から午後7時まで。問い合わせは同店(рO73・477・3155)。
さまざまな野鳥の写真が並ぶ店内で
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2017/11/20171118_74055.html

小6が撮った野鳥60点【ニュース和歌山2017年11月4日】
 西和佐小学校6年の楠本光輝くんが初めての写真展を11月30日(木)まで、和歌山市祢宜のマニエールで開いている。飾っているのは、県内の野鳥を撮った約60点。「僕が良いと思う写真ばかりです。これを見て、皆さんがどう思うか、感想を聞かせてほしい」と笑顔を見せる。

 カメラに興味を持ったのは4年生の秋。母親が高校時代、写真部で使っていたフィルムカメラを借りて撮り始めた。最初は遊び半分だったが、次第にのめり込み、昨年6月、貯めていたお年玉でデジタルカメラを購入した。

 撮るのは野鳥ばかり。週末になると紀伊風土記の丘や和歌山城、和歌浦、根来山げんきの森などに出掛け、望遠レンズを向ける。「撮りながら歩いていると、カメラが趣味の人がいろいろ教えてくれます。『これ、勉強になるよ』と撮り方の本をプレゼントしてもらったこともあります」



 初の展示会に出品したのは、エナガ、キジ、メジロ、ウグイスなどをとらえた作品。お気に入りは、フクロウを撮った1枚だ。「まだ巣立っていないひなです。鳥の周囲のことも考えて撮った初めての写真だから」とにっこり。

 最近はシャッタースピードや絞りなど、自ら設定して撮影する。「暗い森の中でカメラ任せにすると、できた写真が真っ暗になってしまうことも。少し考えながら撮ると、写真が変わってくるのが楽しい」。今後は「絶滅危惧(きぐ)種のタンチョウを北海道で撮ってみたい。将来はまだ詳しく決めていないけれど、カメラや鳥に関係する仕事につければ」と目を輝かせている。

 午前9時〜午後7時。同店(073・477・3155)。

写真=愛用のカメラを手にする楠本くん/風土記の丘で撮影した作品
http://www.nwn.jp/news/171104_ksumoto/

http://archive.is/xxFoT
http://archive.is/VABF4
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いい夫婦」なら入園無料に 須坂市動物園で3日間【信濃毎日新聞2017年11月18日】(ペンギン)

 須坂市動物園が11月22日の「いい夫婦の日」に合わせて18、19、22日、入園窓口で「いい夫婦」だと申し出て「ラブラブな夫婦」だと認められると、入園料(1人200円)を無料にする催しを行う。動物のペアと記念撮影する企画などもあり、子どもと一緒の両親らに加え、夫婦だけでも「のんびりデートを楽しむきっかけにしてほしい」として、来園を呼び掛けている。

 2年前に始め、好評だったことから今年も行うことにした。ただ、「いい夫婦の日のイベント案内を見て来た」といった言い回しは「反則です」と担当者。「私たちはいい夫婦なんです」などと、自分たちのこととしてアピールしないと、窓口で聞き直されるという。昨年、一昨年は、照れながら申告する夫婦も目立ったといい、「ぼそっと言うくらいでもOK」という。

 3日間とも午前11時22分から、先着11組22人の夫婦限定で、ペンギンのペアとの記念撮影会を予定。アカカンガルーのペアへの餌やりや、ハート形に切ったニンジンなどをラマやヒツジなどにやる体験もある。問い合わせは市臥竜公園管理事務所(電話026・245・1770)へ。
http://www8.shinmai.co.jp/odekake/article.php?id=ODEK20171118009129

http://archive.is/zVIuD