2021年04月05日

2021年4月3日の鳥類ニュース

求愛行動も確認されていたけど…両方メスだったオニオオハシ「つがい」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210402-OYT1T50224/
https://archive.md/n6yl5

消えゆくヨシ原 湿地凍らず整備困難 | 岩手日報 IWATE NIPPO
https://www.iwate-np.co.jp/article/2021/4/3/94614
https://archive.md/LQ0fc

横手で自然テーマの子育て本展 森インストラクターが出版1周年で - 横手経済新聞
https://yokote.keizai.biz/headline/896/
https://archive.md/a27Mz

サントリー基金の助成内定 渡良瀬遊水地など3カ所 コウノトリの縁、ライブカメラ設置へ|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/435918
https://archive.md/b1O5K

コウノトリひな誕生 越前市、2年連続の巣立ち期待:中日新聞Web
https://www.chunichi.co.jp/article/229700?rct=fukui

福井県の野外コウノトリにひな誕生 県内3年連続、越前市白山地区 | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINhttps://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1290949
https://archive.md/WwnIY

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】インドクジャクの若者 長い飾り羽、大人の仲間入り - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/210403/lif2104030013-n1.html
https://archive.md/9MfND

シュンラン咲いた 森のウグイスと“競演” 猪名川|阪神|神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202104/0014207685.shtml
https://archive.md/Rrys8

【きらら浜 野鳥手帖】 No.25「シジュウカラ」 | サンデー山口
https://this.kiji.is/750647113053913088
https://archive.md/69rk3

伝書鳩はどう訓練するの? 笛の音で巣を覚えてもらい…:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP413TN0P41ULBJ003.html
https://archive.md/k5hEx

posted by BNJ at 10:36 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

2021年4月2日の鳥類ニュース

北帰行 利尻山背に一休み 天塩にオオハクチョウ飛来:北海道新聞 どうしん電子版
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/528594/
https://archive.md/SXoFE

いざ旅立ち 月は見守る 足寄湖:北海道新聞 どうしん電子版
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/528898/
https://archive.md/6cC8f

シマエナガがシャープペンに 釧路の佐藤紙店 第5弾を発売:北海道新聞 どうしん電子版
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/529067/
https://archive.md/eY75M

三平のように自然の中で遊ぼう! 横手市が「体験塾」開講|秋田魁新報電子版
https://www.sakigake.jp/news/article/20210402AK0030/
https://archive.md/qspdp

コウノトリのヒナ確認 栃木・渡良瀬遊水池:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP4176W6P41UUHB001.html
https://archive.md/vQA9F
コウノトリひな動画公開 小山市、巣立ちは5月末以降か【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/435457
https://archive.md/WdRvm
コウノトリのひな2年連続で誕生 渡良瀬遊水地 愛称を一般募集へ(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8778a773bb5b57540b8ce7a859a3503ec9693ccf
https://archive.md/Hhtb8

「素敵な愛称つけて」 えのすいのフンボルトペンギン | 藤沢 | タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0601/2021/04/02/568619.html
https://archive.md/5BOBB

鷹匠の技 中国に生配信 日本語遠隔指導 金沢の清水さん 画面越し 学生歓声:北陸中日新聞Web
https://www.chunichi.co.jp/article/229027?rct=k_ishikawa

春を告げるツバメが飛来!(広島テレビ ニュース) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/4bb58999561dd9e31418cf59c70c12b854eb04a9
https://archive.md/ATr5F

出雲市に住み着いたマナヅル「クーちゃん」地元の男性が20年以上愛着もって見守る(TSKさんいん中央テレビ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/975b808411d247763ec61b8f8d66a4017414b30a
https://archive.md/AAI1j

コウノトリのヒナ誕生と推定|NNNニュース
https://www.news24.jp/nnn/news99hti73zs98di27nqx.html
https://archive.md/5kdoh

ブロンズトキ19羽飛来 エイプリルフールの珍事 市内水田 | 全国郷土紙連合
http://kyodoshi.com/article/8901
https://archive.md/zQZVI

動画:鄱陽湖で越冬の渡り鳥、大半が北へ回帰 江西省 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3340196
https://archive.md/bXRoe

170年ぶりに再発見された、インドネシアの謎の鳥:朝日新聞GLOBE+
https://globe.asahi.com/article/14322847
https://archive.md/yBGy8

CNN.co.jp : 米8州でサルモネラの集団感染、野鳥が原因か 米CDC
https://www.cnn.co.jp/usa/35168754.html
https://archive.md/POiQn


軽く扱われてしまう「鳥」の命をめぐって - 梶原葉月|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
https://webronza.asahi.com/national/articles/2021032600011.html
https://archive.md/23we8

(公財)日本野鳥の会「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」に対する見解を公表|日本野鳥の会のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000039807.html
https://archive.md/xJgPa
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

2021年4月1日の鳥類ニュース

旭山動物園6割減、円山は半減 インバウンド蒸発直撃 20年度入園者数(北海道新聞) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/605c81dae84ec43d585e03cbac11210bc01e5516
https://archive.md/THkBZ

春の訪れ告げるさえずり 盛岡、梅とシジュウカラ共演 | 岩手日報 IWATE NIPPO
https://www.iwate-np.co.jp/article/2021/4/1/94518
https://archive.md/x1qq5

コウノトリのひな確認 「レイ」の卵からふ化 渡良瀬遊水地|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/435103
https://archive.md/o4GcP

「空飛ぶ宝石」隠れた名所 千葉の公園にカワセミ撮影スポット | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210401/k00/00m/040/026000c
https://archive.md/sWBbf

トキ見られる動物園 全国唯一、強み生かす : 観光新考 : 企画・連載 : 石川 : 地域 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/feature/CO049031/20210331-OYTAT50018/
https://archive.md/D69ew

クイナも水路で涼 各地で暑い1日 | 全国郷土紙連合
http://kyodoshi.com/article/8893
https://archive.md/Tslkz

幸せを運ぶ鳥 古宇利島で確認(沖縄テレビOTV) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/9248d3ac163b71e48b3e8fd4b2da471e00018de2
https://archive.md/BVxDV

増える感染症、闘うべき相手は 「次なるパンデミックを回避せよ 環境破壊と新興感染症」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/DA3S14856458.html
https://archive.md/SjoKF
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

(公財)日本野鳥の会「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」に対する見解を公表|日本野鳥の会のプレスリリース

■令和3年3月31日に環境省・経済産業省が「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」を公表

 この検討会は、2020年12月に内閣府に設置された「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」から、環境影響評価法における風力発電事業に係る規模要件を現行の1万kW以上から5万kW以上に引き上げ、緩和することを2020年度末までに決定するよう要請されたことが発端となり、1月21日から3月25日までに4回開催されました。

 当会はこの検討会に専門家ヒアリング対象者およびオブザーバーとして4回とも出席し、毎回、意見陳述や質疑応答を行ってきましたが、検討会の結果として出された報告書には大きな課題や懸念があるため、報告書に対する見解としてそれらを表明することにしました。
●検討会および報告書における課題と懸念
・短期間の検討で規模要件の引き上げが決定されたが、結論ありきの拙速な議論、検討であった。
・規模要件が1万kW以上であることが、どのように日本で風力発電の導入を妨げているのか、または、規模要件を引き上げることでどの程度風力発電の導入が進むのかなど、規模要件を引き上げる必要性について合理的な理由の説明が事業者団体および経済産業省などからなされなかった。
・規模要件を5万kW以上とする根拠の妥当性については、検討会で十分に議論がなされていなかった。
・環境省は風力発電を線的事業と捉え、風力発電施設の中心から片側50mずつを影響の及ぶ範囲としたが、本来は風車ローターが空中に作る球体を地面に下ろし、その外縁の片側50mずつを影響の及ぶ範囲とすべきであり、その場合、50haに相当する出力規模は2〜3万kW程度になる。
・検討会が報告書をまとめるにあたっては、通常、案をパブリックコメントにかけて広く意見を聴取するが、今回はその手続きがない。

●当会から環境省・経済産業省への提案
・出力規模7500kwまたは10,000kW以上の風力発電事業が全都道府県で条例アセスの対象事業になるまで、経過措置として7,500kW以上5万kW未満を第2種事業としてスクリーニング対象とすること。
・法改正を含めた制度的枠組みの検討は、風力発電事業に特化した「地域の環境特性を踏まえたアセスメント制度」といった特別措置法などの新たな法制度の制定が必要であり、その法整備の検討を政令改正と平行して、直ちに開始すること。
・「環境影響評価図書の継続的公開」や「事後調査の強化とその成果の活用」をアセス法等で法的に義務付けること。
・事後調査にかかる報告書に対しては環境大臣や住民が意見を述べられるようにすること。
・現行法で手続き中の風力発電事業については、規模要件が引き上げられた後でも、条例アセスに移行することなく、引き続き現行法でアセスを完了させること。
・法アセスの対象事業となる発電所の出力規模について、抑制した出力を規模要件としてどのように扱うかを検討すること。
・「環境情報の提供とゾーニングの促進」について、温暖化対策推進法改正案に基づく市町村における再エネ導入に係る適地抽出の促進をもってゾーニングとすることが記載されているが、保全区域などの指定を伴ったゾーニングを進めるべきであるため、保全区域の指定の促進について政令改正に盛り込むこと。


※見解の詳細は下記をご覧ください
※本件については、(公財)日本自然保護協会からも声明が発表されています。
https://www.nacsj.or.jp/archive/2021/03/11791/

……………………………………………………………………………………………………………………………………



令和2年度「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」に対する
日本野鳥の会の見解                                 
                                           2021年4月1日
                             公益財団法人 日本野鳥の会 理事長 遠藤孝一
 令和3年3月31日に環境省・経済産業省は「再生可能エネルギーの適正な導入に向けた環境影響評価のあり方に関する検討会報告書」を公表した。この検討会は、2020年12月に内閣府に設置された「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」から、環境影響評価法における風力発電事業に係る規模要件を現行の1万kW以上から5万kW以上に引き上げることを2020年度末までに決定するよう要請されたことが発端となり、1月21日から3月25日までの2ヶ月間に4回が開催された。当会はこの検討会に専門家ヒアリング対象者およびオブザーバーとして4回とも出席し、毎回、意見陳述や質疑応答を行ってきた者として、この報告書に対する見解を以下に述べるものである。

〇検討会で出された結論
・風力発電事業の規模要件の5万kWへの引き上げること。

・スクリーニング対象事業の拡大、簡易アセスの導入について、法改正を含めた制度的枠組みを検討する必要があること

・アセス図書の継続的公開、スコーピング機能の強化、事後調査の強化とその成果の活用、環境情報の提供とゾーニングの促進について、法や条例による環境影響評価制度の中で適正な運用に向けて取り組む必要があること

〇課題および懸念
・短期間の検討で規模要件の引き上げが決定されたが、結論ありきの拙速な議論、検討であった。

・規模要件が1万kW以上であることが、どのように日本で風力発電の導入を妨げているのか、または、規模要件を引き上げることでどの程度風力発電の導入が進むのかなど、規模要件を引き上げる必要性について合理的な理由の説明が事業者団体および経済産業省などからなされなかった。

・検討会では、以下のような議論に基づいて、現行法下における適正な規模要件としては、第一種事業の規模要件は5万 kW以上、第二種事業の規模要件は 3.75万kW以上かつ5万kW未満となる、と整理されたが、これらの根拠の妥当性については検討会で十分に議論がされていない。また、面的事業の100haより厳しい要件を設定するのであれば、今後さらに大型化する風力発電施設の高さやローターのサイズおよびブレードの回転による鳥類や景観への影響を考慮する必要があることから、産業廃棄物処分場の30haを選択すべきであった。

●1.太陽電池発電所等の面的事業は、面積100haがメルクマールとして設定されている。

●2.面的事業のうち、埋立て・干拓事業は海岸線の変更に伴う流況の変化等、周辺の海域への影響を伴うため50ha、さらに廃棄物最終処分場はより配慮が必要な廃棄物を取扱うという事業特性を踏まえて30ha と、通常の面的事業より厳しい要件が設定されている。

●3.道路・鉄道のいわゆる線的事業は、一般的に見込まれる影響範囲として両側それぞれ 50mを想定している。風力発電所は設備を列状に配置することが多いことから、道路や鉄道と同様に線的な事業とみなし、事業の規模を示す指標として、列状に配置された各発電設備の中心を結んだ線から両側へそれぞれ 50mの範囲の面積を想定する。

●4.風力発電所は、数十メートルのタワー上でローターが回転するという構造であり、高さ方向の空間利用が大きいことから、面的事業の100haより厳しい要件を設定している埋立て・干拓と同様に50haに相当する出力規模とする。

●5.上記の考え方に基づき、2012 年以降に評価書手続きが終了した 46 事例について線的な事業とみなした面積を分析すると、50haに相当する出力はおよそ5万kWとなる。

・現在計画中の風力発電事業における風車のローター直径はすでに120mを超えており、将来的にはローター直径250mの風車が設置可能と言われている。風車ローターの向きは風向きによって変わるため、実際には球体が空間を占めることになり、それが影響の及ぶ範囲となる。環境省は風力発電を線的事業と捉え、風力発電施設の中心から片側50mずつを影響範囲としたが、風車ローターが空間に作る球体をそのまま地面に下ろして考えると、すでに片側50mを超えている。本来は風車ローターが空中に作る球体を地面に下ろし、その外縁の片側50mずつを影響の及ぶ範囲とすべきであり、それだと、50haに相当する出力規模は2〜3万kW程度になると考える。このような観点からも規模要件の設定について検討すべきであった。

・検討会が報告書をまとめるにあたっては通常、案をパブリックコメントにかけて広く意見を聴取するが、今回はその手続きがないことも大きな問題である。

〇評価できる点
・「より柔軟なスクリーニング」および「簡易なアセスメント手続き」の導入の必要性が、継続して検討し迅速に措置すべき事項に掲載されたこと。

・「環境影響評価図書の継続的公開」、「事後調査の強化とその成果の活用」、「環境情報の提供とゾーニングの促進」の必要性が喫緊の課題としてただちに措置すべき事項に掲載されたこと。

・3月29日の第7回タスクフォースにおいて、「通常の政令改正では施行は公布から1〜2年後が一般的であるが、これを短縮して半年後とし、また、自治体の条例が大よそ整うまでは経過措置として、7,500kW以上5万kW未満を第2種事業としてスクリーニング(法にもとづく環境影響評価を実施するか否かを判定する手続き)の対象とする」ことが示されたこと。

〇提案
・すべての都道府県で出力規模7500kwまたは10,000kW以上の風力発電事業が条例アセスの対象事業になるまで、第7回タスクフォースで提案された経過措置(7,500kW以上5万kW未満を第2種事業としてスクリーニング対象とする)を継続すること。

・現行法では第2種事業とするか否かの判定に環境省の関与はなく、また、第2種事業は配慮書手続きの実施の有無は事業者の任意であるため、問題がある。その判定に環境省も関与し、また、配慮書手続きの実施も義務化すること。

・法改正を含めた制度的枠組みの検討は、風力発電事業に特化した「地域の環境特性を踏まえたアセスメント制度」といった特別措置法などの新たな法制度の制定が必要であり、その法整備の検討を政令改正と平行して、年度明けから丁寧に行なうこと。

・「環境影響評価図書の継続的公開等」は事業者団体と連携して行うとしているが、それを徹底させるために、アセス法で義務付ける等の法的根拠をもたせること。

・「事後調査の強化とその成果の活用」については、風力発電事業の影響を科学的に検証するうえで非常に重要であるため、電気事業法上の特例を廃し、報告書に対し環境大臣や住民が意見を述べられるようにすること。

・事後調査に関連して、鳥類等生物への影響については順応的管理が重要であることが報告書に記載されているが、順応的管理については、風力発電施設の建設が国内希少野生動植物種等の希少鳥類の生息に影響を及ぼした場合は、風車の運用を停止したうえで原因追究を行い、その結果によって季節や時間帯による稼働制限や運転の一時停止、または移設や撤去を義務化することを政令改正の際に検討すること。

・種の保存法における罰則規定の強化など、自然環境保全関連法の強化、整備を急ぐこと。

・「環境情報の提供とゾーニングの促進」の必要があることが報告書に記載されている。その中で、風況のよい地域に複数の事業が集中し、累積的な影響に関する懸念が高まっていることから、ゾーニングの導入により改善すべきとの意見があったと記載されている。しかし、ゾーニングだけでは累積的影響評価の問題は解決できないので、その評価手法等についてガイドライン等を整備すること。また、温暖化対策推進法改正案に基づく市町村における再エネ導入に係る適地抽出の促進をもってゾーニングとすることが記載されている。検討会において委員からの意見もあったように、保全区域などの指定を伴ったゾーニングを進めるべきである。そのため、保全区域の指定の促進について、政令改正に盛り込むこと。

・現行法で手続き中の風力発電事業については、法と条例の制度の歪みだけでなく自治体の負担を増やすことを避けるため、規模要件が引き上げられた後でも、条例アセスに移行することなく、引き続き現行法でアセスを完了させること。

・法アセスの対象事業となる発電所の出力規模は、発電施設が持つ総発電能力ではなく、実際の発電出力となっている。現在、出力を抑制するという事業計画が出てくるようになっているが(例;4,000kW級風車×20基=8万kWを出力30%に抑制し、2.4万kWの事業計画とする等)、この抑制された出力が規模要件となる。しかし、実際の環境影響、特に鳥類への影響は立地による要因が大きいものの施設規模も関係があることを考えると、単なる出力ではなく、施設の規模や風車の基数などで規模要件を考えるべきである。今後の政令改正において、抑制した出力を規模要件としてどのように判断するかも検討すること。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000037.000039807.html
https://archive.md/xJgPa
posted by BNJ at 23:06 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年3月31日の鳥類ニュース

ハクチョウ 十勝で一服 北帰行 | 全国郷土紙連合
http://kyodoshi.com/article/8887
https://archive.md/LsSuf

松毛川に豊かな自然 三島・沼津市境、環境調査 巨木、猛禽類、魚の宝庫 /静岡 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210331/ddl/k22/040/173000c
https://archive.md/0QPdj
松毛川の環境保全支援 GW三島、CFで協力呼びかけ|あなたの静岡新聞
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/880974.html
https://archive.md/1AK9E

生まれた! かわいいひよこに夢中 上越科学館で特別展示 | 地域 | 新潟県内のニュース | 新潟日報モア
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20210331607430.html
https://archive.md/dJSSP

「志摩マリンランド」、伊勢志摩の観光産業を支え続け営業51年で幕(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/8939721555d0bb19438b3672b500d72e22d5bfbb
https://archive.md/H79SO

行政ファイル:鶏約14万羽の死骸、焼却処分完了 /和歌山 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210331/ddl/k30/010/387000c
https://archive.md/vPWtL

和歌山城公園動物園のペンギン舎がガラス張りに 間近で泳ぐ姿に歓声 - 和歌山経済新聞
https://wakayama.keizai.biz/headline/1811/
https://archive.md/R93qo

ならまち暮らし:山添のメガソーラー問題=寮美千子 /奈良 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210331/ddl/k29/070/405000c
https://archive.md/J4oek

福招く?ツバメ今年も来てくれた 都市化で年々減少、愛好家「子育て頑張って」 | 京都新聞
https://this.kiji.is/749808323343663104?c=39546741839462401
https://archive.md/ytX0Q

神戸どうぶつ王国で初の屋外バードショー! 進行役は最年少、23歳の女性スタッフ 試行錯誤の日々に密着(関西テレビ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/80db878713f2c42875aa97cb006052eb86d56a40
https://news.yahoo.co.jp/articles/80db878713f2c42875aa97cb006052eb86d56a40?page=2
https://archive.md/omWuU
https://archive.md/N0gUg

「東広島こい地鶏」命名 : ニュース : 広島 : 地域 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20210331-OYTNT50020/
https://archive.md/XvQhu

九重町に生息する生物や人々の暮らし 自然親しむ絵本完成 「ザ・キャビンカンパニー」が制作 子供たちに伝承へ /大分 | 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20210331/ddl/k44/040/394000c
https://archive.md/gku6Z

生物季節観測、惜しむ声相次ぎ一転継続へ 市民参加調査も模索(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/4b41b17f912a224bb81b39c3a314f8d947465acd
https://archive.md/OrtMf

鳥インフル、過去最多の殺処分約1千万羽…なぜウィンドレス鶏舎で?経営大規模化が仇に ビジネスニュース・経済ニュースならビジネスジャーナル|Business Journal
https://biz-journal.jp/2021/03/post_216630.html
https://archive.md/KSpvs

カワアジサシの子育て見守り3羽誕生 雲南省盈江県 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3339614
https://archive.md/BKqQy
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする