2017年05月24日

韓国軍、飛行体に警告射撃=北朝鮮から南下の鳥?【時事ドットコム2017年5月23日】

 【ソウル時事】韓国軍は23日午後4時(日本時間同)ごろ、江原道鉄原の南北軍事境界線付近で、北朝鮮から南下してきた正体不明の飛行体に向け警告射撃を行った。軍合同参謀本部が明らかにした。無人機の可能性は低いという。

 聯合ニュースによると、軍は機関銃で90発の警告射撃を行った。軍によれば、飛行体は無人機の速度より遅く、射撃を行うとレーダーから消えたため鳥の群れなどの可能性がある。
 韓国では昨年1月、北西部の軍事境界線の上空で北朝鮮の無人機とみられる飛行体が現れ、軍が警告射撃を実施。無人機は高度約3000メートルの上空を飛行し、境界線を数十メートル侵犯したが、警告射撃を受け、北朝鮮側に引き返した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052301315&g=prk

http://archive.is/PiB3G

posted by BNJ at 21:03 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くらしナビ・ライフスタイル ペット由来の感染症に注意【毎日新聞2017年5月22日】

 鳥から人に感染する「オウム病」による妊婦の死亡例2件が、先月初めて明らかになった。ペットを家の中で飼う人が増える中、厚生労働省などはこうした動物由来の感染症に改めて注意を呼びかけている。ペットと長く共に過ごすためにも、キスや添い寝など過度な接触は禁物だ。

 ●重症化や死亡例も

 オウム病は、感染した鳥のふんが乾いて粉状になったものを吸い込んだり、ペットの鳥に口移しでえさをやったりすることで細菌が人の体に入り感染する。動物由来感染症に関する著書がある岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は「急な発熱やせきなど風邪のような症状で、鳥が原因と気づかずに肺炎が重症化する場合がある」と説明する。抵抗力の弱い高齢者の感染例が多いが、妊娠中も免疫機能が下がるため注意が必要だ。

 厚労省によると、統計のある1999年4月以降、先月までに389例の感染報告があり、死亡は8例。今回妊婦2人が鳥を飼っていたかは不明だが、過去の感染例では、ペットとの濃厚接触によるものが多いという。部屋をよく換気し、ふんをこまめに掃除することが予防になる。

 動物に症状がなくても、人がかかると重症化する感染症も多い。代表的なのが、犬や猫にかまれるなどして感染する「パスツレラ症」だ。原因となる細菌は、犬の75%、猫のほぼ100%が口の中に持っている。傷口から感染すると腫れて痛むが、顔をなめられて呼吸器から菌が入り込むケースもある。岡部所長によると、乳幼児や高齢者、糖尿病患者などは骨髄炎や肺炎をおこし重症化する恐れがある。しつけでかみ癖をなくす▽キスのような過度な接触を控える−−ことが有効だ。

 ●適切な距離で予防

 「ペットの猫が原因で小2の娘が皮膚病になった。猫を安楽死させてほしい」。埼玉県富士見市のみずほ台動物病院(兼島孝院長)に数年前、母親が相談に訪れた。女児は猫を飼い始めてまもなく頭頂部に赤い発疹ができ、髪の毛が円形に大きく抜け落ちた。カビの一種が原因の「皮膚糸状菌症」で、猫の額にも円形の脱毛があった。兼島院長は皮膚科や小児科の医師と連携し、女児も猫も完治した。兼島院長は「ほとんどの感染症は治療できる。過度に恐れるのではなく、正しい予防法を身につけてほしい」と願う。

 ペットの定期的な健康診断も予防になる。犬や猫の腸に寄生する回虫の卵が、ふんなどを通じて体内に入り起こる「回虫幼虫移行症」は、視力低下や脳炎などを引き起こす危険がある。兼島院長によると、手洗いの徹底でほとんどの侵入を防げるほか、回虫の有無は動物病院でペットのふんを検査すれば分かり、薬で駆除もできる。

 飼い主にとって、ペットとのスキンシップは欠かせない。だからこそ、兼島院長は「一緒に遊んだ後は必ず手を洗うなど適切な距離を保つことが、人もペットも健康に暮らす秘訣(ひけつ)」と話す。【曹美河】

ペットからうつる主な病気
         主な症状             感染源となる主な動物

オウム病     発熱、せき、肺炎         オウム、インコなどの鳥類

パスツレラ症   傷の化膿(かのう)、骨髄炎、肺炎 犬、猫

猫ひっかき病   リンパ節の腫れ          犬、猫

皮膚糸状菌症   皮膚の腫れ、脱毛         犬、猫、ウサギ、ハムスター

回虫幼虫移行症  視力低下、脳炎          犬、猫

トキソプラズマ症 妊娠中に感染すると流産の危険性  猫

サルモネラ症   下痢、発熱            カメなどの爬虫(はちゅう)類

 ※日本医師会の資料などを基に作成
https://mainichi.jp/articles/20170522/ddm/013/040/026000c

http://archive.is/oMRUm
身近な鳥が感染源 死にも至るオウム病 | 医療プレミア特集 | 藤野基文 | 毎日新聞「医療プレミア」【毎日新聞2017年5月7日】
オウム病、新たに1人の妊婦死亡を確認【産経ニュース2017年4月10日】
ペットと健康に暮らす=「恋人」でなく「友達」関係で【朝日新聞デジタル2016年12月17日】
気をつけよう! 動物からうつる病気はこんなにある!!【毎日新聞「医療プレミア」2016年2月19日】
犬や猫も…身近な動物からの感染症に注意 ペットは清潔に保ち予防を 【SankeiBiz2014年11月9日】

ある日ベランダに鳩の巣が![後編] 被害に遭う前に対策を不動産関連記事 by スーモジャーナル【YOMIURI ONLINE×SUUMO不動産検索サイト】
鳩に関する苦情が増加、昨年は2,490件【AsiaX News2015年3月10日】
タグ:オウム病
posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポーランド民謡の「森へ行きましょう」…【西日本新聞2017年5月24日】(>野鳥観察の双眼鏡)

 ポーランド民謡の「森へ行きましょう」。日本語の歌詞では、若者が一緒に働こうと娘さんを森へ誘う

▼僕らは木を切る 君たちは 草刈りの仕事しに ランララ…。ちょっと待った。うかつに木を切ったりキノコを採ったりしたら、テロの資金源にするのではないかと疑われるかも

▼お昼休み。話をしながら おもしろく お弁当食べましょう ランララ…。ちょっと待った。野鳥観察の双眼鏡を持っていたら、テロの下見と疑われるかも

▼犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が衆院で可決された。政府は「テロ防止の国際条約締結に不可欠」「東京五輪を無事に開催するため」と説明する。本当にそうなのか。異論は少なくない

▼何よりの不安は「心の中を取り締まる法」となる可能性だ。組織犯罪の「計画」や「準備」を突き止めるとの名目で、日常生活が捜査当局に監視され、盗聴や密告がはびこる社会にならないか。「一般人は捜査対象にならない」というが、「一般人」の明確な定義はない。一般人と不審者の選別を捜査当局が恣意(しい)的に行えるとなれば恐ろしい

▼ある日森の中 テロリストに出会った。若者や娘さんが当局に目障りな人物なら、そんなふうに決め付けられることもあり得よう。法案審議は参院に移る。成立を急がず、国民の懸念に丁寧に答えるべきだ。冤罪(えんざい)の森に迷い込まぬように。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/330604

http://archive.is/aukO0
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本野鳥の会 シジュウカラ特集、別刷りを無料配布【毎日新聞2017年5月24日】

 日本野鳥の会は、野鳥や自然に興味を持ってもらおうと、会誌「野鳥」に掲載されたシジュウカラの生態についてまとめた特集記事の別刷りを無料でプレゼントする。

 都市部の公園でも見られ、身近な森の野鳥であるシジュウカラ。別刷りには、シジュウカラの鳴き声には文法があるという研究結果を、京都大生態学研究センターの鈴木俊貴さんが執筆した特集「ここまでわかった!シジュウカラのことば」と、都会のシジュウカラの繁殖生態の変化について、国立科学博物館の濱尾章二さんが執筆した「都市の暮らしは苦労が多い」を収録している。

 別刷りは、A4判のカラーで12ページ。申し込みは、同会会員室(03・5436・2630)まで。
https://mainichi.jp/articles/20170524/ddm/013/040/026000c

http://archive.is/0mrMq
posted by BNJ at 20:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島市の幼稚園でムクドリが子育て (鹿児島県)【NNNニュース2017年5月24日】

 鹿児島市の紫原幼稚園では、ムクドリがせっせと子育てに励んでいる。少し変わった場所に巣をつくっていて、子どもたちも興味深くヒナの成長を見守っている。ムクドリが巣を作ったのは、建物の2階と3階の排気口の中で、親鳥が数分おきにエサを運んでくるという。紫原幼稚園では3年前から排気口の中でムクドリが卵を産むようになり、園児たちとヒナの成長を見守っている。今年は、先月から親鳥が姿がみられ、22日朝、ヒナの声が聞こえたという。冨田隆文園長は「ヒナにエサを運ぶ様子を見て、みんなもお父さんお母さんから愛情をもらって大きくなっているんだよと教えている。」と話した。
http://www.news24.jp/nnn/news8729099.html

http://archive.is/iZSbh
タグ:ムクドリ
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリひな 巣立ち目前 浮遊時間伸びる【徳島新聞2017年5月24日】

 鳴門市大麻町のコウノトリのひな3羽が巣立ちに向けて、飛行の練習を重ねている。ひなが翼を羽ばたかせる行動を取り始めてから約20日がたち、雌の「あさ」(個体識別番号J0142)はここ数日、浮遊する時間が格段に伸びている。

 今月21日に約1秒の浮遊が確認された「あさ」は、23日も動きが活発だった。午後0時25分ごろには巣から2メートル以上、垂直に飛び上がり、風を受けて約12秒間、空中に浮かんだ。雄の「蓮(れん)」(J0140)と「なる」(J0141)に比べて、滞空時間はかなり長くなっている。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)によると、ひなが巣の上で飛び上がるのは、巣立つ直前に見られる行動。巣の西側の観察ポイントには夜明け前の午前5時ごろから10人以上が見学に訪れ、巣立ちへの期待が高まっている。
【写真説明】巣の上で高く舞い上がったコウノトリの雌のひな=23日午後0時25分、鳴門市大麻町
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/05/2017_14955886473514.html

http://archive.is/dlmfP
コウノトリのひな、巣立ち間近 3羽が飛び上がる練習【徳島新聞2017年5月22日】
posted by BNJ at 20:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウミネコ子育て真っ盛り 隠岐でもひな すくすく【山陰中央新報2017年5月24日】

褐色のひなを見守る親鳥=島根県隠岐の島町布施
 島根県隠岐の島町布施の布施漁港内にある平島付近で、ウミネコの子育てが真っ盛りだ。白色の成鳥に交じり、褐色のひなが島上などを闊歩(かっぽ)する愛らしい姿が住民らを癒やしている。

 隠岐の動植物に詳しい同町卯敷の環境省自然公園指導員、野津大さん(73)によると、漁港船着き場から約50メートル地点の平島周辺はウミネコの集団繁殖地で、毎年11月ごろに数百羽が集まり、越冬する。4月には一部が同島や周辺の島、防波堤などで産卵し、5月にふ化。多くが8月までに北へと旅立つという。

 平島周辺では推計約350羽のウミネコが羽を休め、6羽以上のひなが確認された。「ミャーオ、ミャーオ」「クワッ、クワッ」などとなく成鳥の声に交じり、ひなの「ピィー、ピィー」といった声も聞こえ、近くの町役場布施支所から双眼鏡で、仲むつまじい成鳥とひなの姿を観察する町民もいた。

 野津さんは「貴重な繁殖地。今後も保護活動を続け、見守りたい」と話している。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=565302179

http://archive.is/Ej4Ke
タグ:ウミネコ
posted by BNJ at 20:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電柱のカラスの巣撤去 福山【中国新聞アルファ2017年5月24日】

カラスの巣を確認する中国電力福山営業所の職員
 中国電力福山営業所はカラスが電柱に巣作りをする2〜7月、停電を防ぐため巣の撤去作業をしている。管内の福山、府中市、広島県神石高原町では4月、カラスの巣など鳥獣が原因の停電が5件発生した。
(ここまで 94文字/記事全文 355文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=344488&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/GzD2l
カラス繁殖期 釧路で停電警戒 北電が情報提供呼びかけ【どうしんウェブ2017年5月12日】
カラスに人工愛の巣 中電、駆逐作戦から一転【中日新聞2017年5月9日】
電線トラブル防止へ…カラスの巣を撤去(長野県)【NNNニュース2017年4月24日】
カラス 「巣」撤去めぐり電力会社と攻防 石川【毎日新聞2017年4月14日】
カラスの巣で1050戸停電【読売新聞2017年4月12日】(会津若松市)
北海道)厄介者のカラスとどう共存【朝日新聞デジタル2017年4月12日】
電柱に鳥の巣、機器に接触して停電 名古屋の1400戸【朝日新聞デジタル2017年4月9日】
唐津など2万2000戸、1分間停電 鳥の巣原因か【佐賀新聞LiVE2017年3月26日】
停電の原因 カラスの巣  九電「見たら連絡を」【大分合同新聞2017年3月26日】
停電被害防げ、電柱のカラスの巣撤去【読売新聞2017年3月25日】(岐阜県)
カラスの巣原因、山形で一時停電【山形新聞2017年3月16日】
posted by BNJ at 20:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする